謙虚な人は、もの静かな印象ですが、人から好かれたり、一目置かれたりする存在です。そんな人物像を目指したいと思う人も多いでしょう。ここでは、謙虚の意味を振り返り、謙虚の人の特徴を分析します。目指す人物像を具体的に把握して、ぐっと謙虚な人に近づきましょう。

謙虚の意味

まずは、言葉の意味を正確に把握しましょう。
謙虚とは、ひかえめでつつましやかな様子をあらわしています。
また、自分の能力・地位などにおごることなく、素直な態度で人に接するさまともいえます。

(参考:三省堂大辞林)

一般的な使い方は、「謙虚さ」「謙虚な態度」などもあります。

謙虚の類語

「慎ましやか」、「控えめ」などが類語になります。
前後の文脈やシーンによって意味合いを考えれば、“柔和”や“寛大”、“気取らない”なども同じように使える言葉です。

謙虚の反義語・対義語

謙虚の反義語には、横柄、傲慢があります。
文脈によっては、高慢や尊大なども反義語になります。

謙虚な人5つの特徴

目指す人物像を、謙虚な人の特徴から学びましょう。

自分のことは後回し

謙虚な人の特徴のひとつに、「自分の話をあまりしない」ことが挙げられます。
これは秘密主義という意味ではなく、謙虚な人は、相手の話を聞くことを優先するからです。

たとえば、悩みを打ち明けると、まずはよく聞いてくれるのが、謙虚な人です。そして、謙虚な人が話すタイミングは、その悩みをどう解決できるかのアドバイスの時でしょう。このように謙虚な人は悩み相談の聞き役に回り、多少忙しくても自分の時間を犠牲にして、一生懸命解決法を一緒になって考えてくれます。

謙虚な人は、たいてい、いつでも自分のことは後回しで、自己主張ばかりするようなことはしません。周りに気を配り、自分を後回しにします。そのことで損をしてしまうこともありますが、謙虚な人は、その損を損と考えない傾向にあります。

謙虚な人は素直に受け入れる

謙虚な人の特徴には、「素直に頭を下げる事ことができる」というのもあります。
どんな小さな手間などでも、相手に迷惑をかけた、または悪いことをしてしまったと思ったら、まずは謝ることができます。これは簡単なことのようで、大人には実に難しいことでもあります。たとえ、自分より若い同僚や後輩でも、このような態度を貫けるのも謙虚な人の特徴です。

たとえば、相手の傲慢さから上手く人間関係を築けない時でも、謙虚な人は自分の誤りや間違いを探したり、こうすればよかったと自分の対応を反省したりします。相手を責めるよりもまず自分の誤りを探し、認めようとします。
また、謙虚な人は冷静沈着なので、頭ごなしに説教をされても、まずは受け止めて謝ります。その後は、落ち着いて対応し、非難や侮辱があったとしても、揺るぐことのない強さも持ち合わせています。

謙虚な人はいつも低姿勢

謙虚な人は、レベルの高い学校を卒業しいても、いい職や上位の地位に就いていても、それを表に出すことがあまりありません。
それは、自分の話は後回しにすることにも通じています。ですから、周囲と上手く協力できる人が多いでしょう。

富や名声を得たことで上から目線になり、以前とは行動や性格が変わってしまう人は、謙虚な人ではありません。謙虚な人は、富や名声に関係なく、相手と同じ目線で、周囲に思いやりを持って接することができるます。また、自分がされて嫌なことは、他人には絶対にしません。地位や名声に左右されず、ぶれない「自分」を持った強い人が、謙虚な人なのです。

謙虚な人は不幸を誰のせいにもしない

謙虚な人は、「不運を人のせいにしない」傾向にあります。
時には、不幸や不運なことが、誰にでも起きてしまうと、冷静に受け止めることができます。

不幸の原因を他の人に探したり、人のせいにしたりして文句や愚痴をいうよりも、事態の対処や最善策を施すことを優先します。冷静な人がこのような対応ができる源は、周りの人のことを考えるからです。

謙虚な人は我慢強い

謙虚な人には、我慢強い人多いのも特徴です。
たとえば、理不尽な顧客や上司から、理不尽なことを言われても、うまく受け止めて我慢しながら対応できます。
話し合いやミーティングでは、自分からでしゃばって意見を述べる人も少ないでしょう。本当は言うべき意見、考えを強く持っているし、言うべきタイミングを心得ているのです。

また、自分だけ先に仕事を済ませて帰ってしまうようなことも、謙虚な人はしません。周りの人を助ける事を優先し、難しい仕事や急ぎの仕事を我慢強く済ませていけます。謙虚な人は、「でも」、「だって」などはほとんど使いません。

謙虚の英語表現

「謙虚」は、形容詞の「humble」や「modest」が相当します。
「humble」は、腰が低い、謙遜するの意味もあります。modestには、多くを語ろうとしない、(過小評価ではない)謙虚な、の意味があります。

humbleは人の内面について、modestは人の振る舞いについて使います。しかし、humbleは、卑屈さの意味合いで使うことがあるので周囲が必要です。

謙虚のまとめ

「謙虚」とは、“ひかえめでつつましやかな様子”、“自分の能力・地位などにおごることなく、素直な態度で人に接するさま” を指しています。類語には、“慎ましやか”、“控えめ”、“柔和”、“寛大”、“気取らない”などがあります。反義語は、“横柄”、“傲慢”、“高慢”、“尊大”などでしょう。
謙虚な人5つの特徴には、自分のことは後回しにする・素直に受け入れる・いつも低姿勢・不幸を誰のせいにもしない・我慢強いがあります。
「謙虚」の英語表現は、形容詞の”humble”や”modest”が相当します。