営業職を目指していると、ルート営業という職種も目に入ります。ルート営業が一般の営業と何が違うのかわからなくても、ルート営業は楽という話を聞いたことがある人もいるでしょう。

ここでは、ルート営業とは何か、一般の営業職との違い、ルート営業の楽な所ときついところを解説します。ここで詳しく学ぶことでルート営業も選択肢の一つになります。

そもそもルート営業の仕事は何か

法人営業ともいわれるルート営業は、すでに企業が持っている法人顧客に対する営業活動をする営業職のことをいいます。

すでに納めた製品やサービスのフォローをし、新しい製品、サービスを売ったり、入れ替えをしたりします。

ルート営業は、未経験でもOKとする求人が多いでしょう。

ルート営業と一般営業の違い

一般の営業職は、法人または個人に対しての新規開拓が主な仕事です。

一般の営業職は全く知らない人と人間関係を構築するところから営業が始まるといえるでしょう。

ルート営業は既存の顧客であるため、すでに人間関係が出来上がっているという事が、ルート営業と一般の営業職の大きな違いです。

ルート営業の種類

ルート営業の種類はいくつかあります。

配送関係のルート営業

配送関係のルート営業は、主な仕事は商品を顧客のところに届けることです。また、製品などのヒヤリングをしたりして、人間関係の維持をするのも仕事です。ときには、新規顧客の開拓もあるでしょう。

住宅関係のルート営業

住宅関係のルート営業とは、アパート管理の仕事の営業やアパート経営での土地の活用を提案するのが主な仕事です。ルート販売の中でも新規開拓に近い仕事であるため、一般的な営業職とあまり変わりがない傾向があります。

また、顧客にスケジュールを合わせる必要が出るため、勤務時間外の訪問などもある忙しいルート営業でしょう。

小売り関係のルート販売

小売り関係のルート販売とは、生産者や卸売業者から買った(仕入れた)商品を、最終消費者に売ることです。

しかしルート営業の一種とはいえ、新商品を顧客に売り込む仕事もあるため、一般的な営業職に似た大変なルート営業でもあります。

飛び込みではないため一般営業よりも気は楽ですが、成果を上げなければいけないものの、すでに知っている相手への売り込みは、場合によっては余計にやりづらいこともあります。

ルート営業へ転職するには

リクルートエージェントは様々な求人がある!

リクルートエージェント

もし、ルート営業へ転職したいと考えた場合、リクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは、リクナビネクストの運営会社であるリクルートグループの一つが手がける転職エージェントです。リクルートエージェントの場合、保有している求人数が約10万件もあり、その多くが非公開案件です。これは業界最大級といわれています。キャリアアドバイザーとの面談を経て、求人を紹介してもらいます。

圧倒的な数の案件は、きっとあなたの希望にかなったルート営業の求人を出してくれるでしょう。