特別な努力をしているようにも見えないのに、何でも器用にこなしてしまうように見える人がいます。身近にいると羨ましく思うこともあるでしょう。

ここでは、何でもできる人の特徴と、何でもできる人になるにはどうしたらよいかといった点を解説します。

何でもできる人の特徴

何でもできる人を見ると、人によってはうらやましい気持ちと共に、自分がこんなに努力しているのになぜできないんだろうと落ち込んでしまうかもしれません。

万能、多才、器用などといわれ、小さい頃からまんべんなく何でもできてしまい、概ね評価が高い人を何でもできる人と人は呼びます。

しかし、何でもできる人も実は裏で相当な努力をしている場合が多いです。何でもできるがゆえの悩みもあるということもあるでしょう。

何でもできる人のことを、「器用貧乏」ということがあります。器用であるがゆえ、一通りのことは何でもできるけれど、特別に秀でた才能がなく、どれも中途半端であることをさします。

以下では器用貧乏には具体的にどんな特徴があるのか解説します。

何でもできる人は好奇心旺盛

何でもできる人の多くは好奇心旺盛です。そして興味を持つと、考える前に行動しているという人が多くいるでしょう。

考えれば考えるほど、「失敗したらどうしよう」「自分にはできないかもしれない」といったネガティブな思考が出てきてしまいます。しかし、何でもできる人の多くは好奇心の方が勝っており、「やってみたい!」という気持ちが強いです。

人は誰でも何かしらに興味を持つものです。小さい頃に、漫画やゲーム、スポーツ、音楽など興味を持ってやってみたいと思ったものがあるでしょう。

何でもできる人は、「やってみたい」というものが多く、勉強や仕事に対してもそのような好奇心が働く場合が多いです。興味と自信が合わさり積極的に行動できることで、様々な分野で活躍できるようになります。

何でもできる人は覚えるのが早い

何でもできる人は、仕事やしなければならないことに対して、すぐに覚えて行動しているように見えるでしょう。

短期間で覚えて理解し行動できる事は、何でもできる人の特性かもしれません。しかし、後天的な性質もあり、人の話にきちんと耳を傾けて集中できる能力があります。

もともとポジティブ思考の人も多いため、覚える前から「こんなの覚えられない」と思うことが少ないです。覚えきれていなければ、「覚えるまでやればよいのだ」と思える人も多いです。よい意味で自己暗示をかけているともいえるでしょう。

コミニュケーション能力が高い

何でもできる人の特徴の1つにコミニケーション能力が高いことがあげられます。好奇心旺盛で、何事も素早く行動する性質から人から教わることも多く、人と関わることが苦にならないという人が圧倒的に多いです。

人から教わったり、人に何かを伝えたり、社会生活の中で人と関わる機会は多いでしょう。何でも出来るように見える人はコミニケーションを密にとれる人だともいえます。

何でもできる人になるための方法

何でもできる人になるには、まず自分に自信を持つことが大切です。とはいえ、自信を持つことほど難しいことはないと思う人もいるでしょう。いきなり自信を持つのは難しいかもしれませんが、「自分にはできる」というセルフイメージを持つことが大切です。

「今まで何もできなかったために自身が持てない」という人は、小さなことで成功体験を作っていくことが大切です。

真似ることで何でもできる人になる

小さい子供が母国語を覚えていく過程や、物事を習得していく期間には、身近な大人である親の存在が必要です。また、日本の昔からの職人気質として、「習うより慣れろ」の精神があります。

何かを習得するには、教えてもらうのもよいですが、自分で真似ながら学んでいくことが一番の早道です。

小さな成功体験を重ねることで何でもできるようになる

先ほど少し述べましたが、自分に自信を持つためには成功体験が必要です。成功体験といっても、自分の夢を何か叶えるといった、大きなことではなくもよいでしょう。

何か目標を定め達成した、ということが成功体験です。

例えば、自分の行きたい大学に受かるために受験勉強をしている場合に、模擬試験の結果を見るとまだまだ志望校のレベルには達していないとします。

とにかく受かることだけを考えるというのはその時点では難しいでしょう。まずは英単語を毎日10個ずつ覚える、1ヵ月で過去問題を5回解く、というような小さな目標を達成していくことが大切です。

最初は自分の能力よりもハードルを低くするのがよいでしょう。目標に向かって努力をし、達成できることに集中し、小さな成功体験が自分の潜在意識に刻み込まれることで、次第に自分に自信が持てるようになります。

小さなステップを確実に踏んでいくことで、最終的に、元々叶えたかった大きな目標も叶えられるようになるでしょう。

何でもできる人についてのまとめ

  • 何でもできる人は万能、多才などと呼ばれ概ね評価が高い
  • 何でもできる人は、好奇心が旺盛で行動力がある
  • 何でもできる人はポジティブ思考で集中力が高いため、習得するのが早い
  • 何でもできる人になるには、できる人の真似をすることから始めると良い
  • 小さな成功体験を重ねることで自分に自信がつき、何でもできる人に近づける