転職や就職の際の自己PRとして「探究心」という言葉を盛り込んでアピールする人も少なくありません。探究心とは長所でもあり短所にもなり得る言葉です。短所として取られないよう効果的に使うには、言葉の意味をきちんと理解しておく必要があります。

探究心とは

探究心の「究」とは「追及する」「究める」の意味があります。ひとつの物事について見極め、解明しようとする気持ちや物事に深く没頭する気持ちを意味します。

探究心と探求心の違い

「探究心」と間違えやすい言葉に「探求心」があります。「探求心」とは物事を探し求め、追い続ける気持ちを意味します。探究心は深く知ることであり、探求心は追い続けることという違いがあります。使用する漢字によって意味が異なるため、記述する場合は注意しましょう。

探究心が強い人の5つの特徴

一口に探究心が強いと言っても「深く知りたい」という側面だけでなく、言い換えるといくつかの特徴があります。探究心が強い人の特徴を5つ挙げてみました。

好奇心旺盛な人が多い

探究心が強い人は、物事がなぜ起こったのか、どのように改善したら良いのか、他はどうなのかなど、1つの物事に対して多角的に知りたいという特徴があります。何事も深く知りたいという好奇心が旺盛な人が多いといえます。

様々な物事を知りたがる傾向が強い

1つの物事だけでなく、様々な事案について探究心の強さを発揮するため、「知りたがり屋」という印象を与えがちです。探究心が強い人は、色々な物事に首を突っ込みがちです。特に相手がいる場合はトラブルにならないように注意しましょう。

夢中になり、周りが見えなくなることが多い

深く追求しようとするため、他の人がある程度で追及を終えるようなことでも、中途半端で終えることができません。自分の納得がいくまで突き進んでしまうことがあります。探究心が強い人は、一人よがりの行動になっていないか、自分の行動を客観視できるようになると良いでしょう。

物事の本質に迫りたがる人が多い

曖昧にしておいたほうが良いことや、グレーゾーンになるような物事でも、実際はどうなのかを追求しようとします。実際はどうなのかを知った上で、表面上曖昧にするかどうか決めようという考え方です。そのため、時には周りの人に煙たがられてしまうこともあります。

物事を深くまで掘り下げないと気が済まない

基本的に追及すること自体が楽しいため、何事に対しても深く掘り下げて考えようとしがちで、追求しはじめると終わりがないと言っても過言ではありません。原因を探るような時は長所として働きますが、悩み事を抱えた場合などは、深く考えすぎてしまい、なかなか抜け出せないということも起こりがちです。

探究心が強い人の長所

転職や就職活動で、探究心が強いことを長所としてきちんと伝えるためには、探究心が強いことからくる強みをアピールする必要があります。探究心の強い人は以下のような強みがあります。

勉強することに嫌悪感をほとんど抱かない

探究心を持っている人は、新しいことへチャレンジしたり、新しい知識を得ることに対して嫌悪感を抱くことがほとんどありません。知らないことでも積極的に勉強しようという姿勢が強みです。仕事上でも役立つことが多いため、勉強への姿勢を強みとしてアピールすると良いでしょう。たとえ未経験の仕事でも、積極的に根気強く勉強していけることを伝えましょう。

物事の本来の本質を理解することが出来る

トラブルが発生した場合などは、物事の本質を見極めることが非常に重要です。探究心が強い人は深く追求することが得意なため、本質を見抜くことに長けています。根本から改善が必要なトラブルの場合は能力を活かすことができるでしょう。

探究心が強い人の短所

探究心が強い人は、人間関係やビジネスシーンで短所として出ないように注意すると、よりスムーズな人間関係を築くことができます。短所としての探究心の強さを客観的に知っておくと良いでしょう。

夢中になりすぎてしまう部分がある

追求すること自体が面白く、夢中になりすぎてしまう部分があります。本来の目的を見失わないように、情熱を持ちすぎず冷静でいられるよう自分をコントロールしましょう。

好奇心旺盛過ぎる面がある

探究心が強い人の中には、他人のことも深く知りたがる傾向がある人もいます。誰にでも人にあまり知られたくない面があります。しつこく聞くことで相手に嫌がられてしまったり、失礼な人という印象を与えてしまうこともあります。程よい距離感を保ち、他人のプライベートに深く入っていかないように注意しましょう。

探究心が強い人の短所を改善する方法

短所として探究心の強さが目立ってしまう場合は、改善して長所に向けられるようにしたいものです。少し意識するだけでも効果は出るため、前向きに取り組んでみてはいかがでしょうか。

一つのことに集中し過ぎないようにする

深く掘り下げることに没頭している時は、周りのことを忘れて自分のペースで物事を進めてしまいがちです。集中できることは長所でもありますが、1つのことに集中しすぎないよう、意識して息抜きを入れるようにすると良いでしょう。
周りが見えないほど没頭してしまうと、より楽しいことや、より知りたいことに出会えるチャンスを自ら逃してしまうことにもなり兼ねないと考え、時には集中力を分散させてみましょう。

周りにも目を向けてみる

視野を広くもつことで、没頭しすぎることを防ぐことができます。周りの意見を聞くことで、結論へ近道を見つけ出せることもあります。

独りよがりにならずに、他の人の意見を聞いてみる柔軟さを身に付けると良いでしょう。また、自分だけの世界に入り過ぎている時や、自分の「知りたい」気持ちだけに従ってしまうと、周りに迷惑をかけてしまうこともあります。自分の言動が他の人にどのように影響しているのか客観的に捉えられるようになると、人間関係もスムーズに運びます。

探究心のある人は狭く深く仕事する!

探究心が強い人は前向きに勉強し、自ら深く進めていける能力があります。但し、没頭しすぎて周りの様子が見えなくなってしまうこともあります。自分の言動が独りよがりのものになっていないか、他の人はどのように考えているのかなどを常に意識できるようになると、人間関係もスムーズに運ぶようになるでしょう。