コンティンジェンシーの一般的な意味とは

「コンティンジェンシー」とは、「偶然性」「不確実性」「偶発事件」や「不慮の事故」などの意味をもつ言葉です。

英語では【contingency】と綴られます。

日常生活ではあまり使われず、ニュースなどでも耳にすることもないでしょう。

コンティンジェンシーのビジネスシーンでの意味

ビジネスシーンでは、「コンティンジェンシー」を使った手法や理論などが、経営学などでよくでてきます。

「コンティンジェンシー・プラン」は、起こりうる不測の事態を想定して立てる対処策や計画のことをさしています。

コンティンジェンシー・プランでいう不測の事態は、最悪のケースを想定することが多いでしょう。株価や為替の急変などの経済的要因から国際紛争、また企業の極端な売り上げ不振などの事態を想定できます。

意味がよく似た言葉に、リスク・マネジメントがあります。リスク・マネジメントはプロジェクトのために考えることが多く、コンティンジェンシー・プランは事業の継続を意識した、より大きな規模で考えられることが多い傾向にあります。

「コンティンジェンシー理論」というのは、日本語では「環境適応理論」と訳されることが多いでしょう。
さまざまな経営環境があるため、唯一で最善な経営組織は存在せず、環境が変われば組織も変わるべきだとする理論のことをいいます。

コンティンジェンシーの使い方と例文

  • ビジネスシーンで使う「コンティンジェンシー」は、基本的な意味合いとして「偶発」、「偶発事件」、「不慮の事故」などと覚えておくのがよいでしょう。
  • プロジェクトのリスク管理はしているのに、コンティンジェンシー・プランまで策定する必要があるのか?
  • 新しいシステムの移行が成功しなければ、今までの事業もストップしてしまう危険があるからだ。

だれでもできる節税施策!会社員こそやるべき、ふるさと納税

ふるさと納税

名前は知っていても使ったことがない方が多いと思われます。カイシャドコイクでは、企業に勤めているからこそ、ふるさと納税をやるべきと強くおすすめします。

だれでもできる節税方法、しかも、返礼品によってはおいしいお肉や家電を手に入れることができます。ご興味がある方は下記リンクをご覧ください。

ふるさと納税とはなにか、仕組みやメリットについての解説

また、すでにふるさと納税に関して知識がある方は、ふるなびさとふるをおすすめいたします。

ふるなびへのリンクはこちら
さとふるはこちら