プライベートブランドの意味とメリット・デメリット

最近ではよく聞くようになった「プライベートブランド」という言葉の意味は、小売業者や卸売業者が独自に企画したブランドで販売する商品のことをさします。

日本語でいえば、「自主企画商品」または「ストアブランド」といわれることもあるでしょう。メーカーが企画販売する一般的な商品は、プライベートブランドの反対語とされ「ナショナルブランド」といわれています。

プライベートブランドの消費者にとってのメリットは、比較的低価格でナショナルブランド商品と同等のものを購入できることでしょう。プライベートブランド商品は広告費がかからないことや、メーカーとの直接取引で中間マージンが削減されていること、輸送コストも抑えられていることなどから小売価格を低価格に設定されている場合が多いです。

販売する側にとっては、オリジナル商品を開発したり、思い通りに商品をブランディングできたりするなどのメリットがあります。

プライベートブランド商品でナショナルブランドのメーカーが受けるデメリットは、ナショナルブランド商品に類似、かつ低価格に抑えられたプライベートブランド商品に人気が偏ってしまうことです。

また、プライベートブランドのメーカーの抱えるデメリットはプライベートブランド商品が売れなかった際、専用の生産ラインを確保したのにも関わらず、すぐに打ち切りになってしまう可能性があることです。

売る側のデメリットは、オーダーした分は買取になることと、商品に何か不具合があった時には自分たちで責任を持たなければいけないことなどでしょう。

有名なプライベートブランドには、セブン&アイ・ホールディングスのセブンプレミアムや、イオングループのTOPVALU(トップバリュー)、ドン・キホーテの情熱価格などがあります。

プライベートブランド作りに関わりたいと思う場合は、市場調査や売り上げ動向を分析し、新商品の開発計画をする仕事であるマーチャンタイザーとして働くことが一番の近道になるでしょう。

また、ビジネスシーンでもプライベートブランドは、同様の意味で使われます。

マーチャンダイザーの仕事内容となるための方法 年収を解説

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 
転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方 

 

 

プライベートブランドを使った例文

最近では、プライベートブランド商品は略して、「PB(ピービー)商品」といわれています。

プライベートブランドを使った例文
「このプライベートブランド商品は、ナショナルブランド商品と味がちょっと違う。」
「PBは、いくつかのスーパーマーケットが共同展開していることもある。」