職場には、必ず仕事人間と言われる人がいるでしょう。自覚はなくても、仕事人間と自分自身が呼ばれていることもあります。また、近くにいると煙たい仕事人間ですが、学ぶべきこともあります。

ここでは、仕事人間の意味や特徴、注意すべきことや仕事人間から学べることをご紹介します。どんな人でも、仕事を楽しんでできるようになります。

仕事人間とは?

「仕事人間」とは、仕事が生きがいという人、仕事だけで趣味もなければ、他の分野への興味もない人などをいいます。

辞書によっては、「仕事人間」という言葉が載っているほどメジャーな言葉です。

仕事人間の特徴

 

言い訳をしない仕事人間

仕事人間が仕事に打ち込めて言い訳をしないのには、自分の仕事に対するプライドが高いことが挙げられます。

そのプライドから高いモチベーションと責任感を持ってやっているので、仕事の質も高い傾向があり、普段からある程度の評価を受けているはずです。

たまたまミスや問題などがあっても、向き合うことを優先するので、言い訳などはしません。難しい仕事こそ、やる気を出すのも仕事人間の特徴のひとつです。
また、責任感から、どんな仕事も最後まできっちり仕事を仕上げ、やりがいを見出しています。

他人の評価を気にしない仕事人間

仕事人間は、仕事にしか興味がないので、基本的には周りの人のことは目に入りません。
他の人と比べての評価は、気にしないでしょう。自分だけの目標を持っていることも多く、その目標をクリアすることにしか興味がない傾向にもあります。目標達成の成功体験を積み重ねることで、ますます仕事にのめり込んでいくでしょう。仕事にやりがいを見つけているから、評価は関係ないのです。

責任感が強い仕事人間

先にも述べましたが、仕事人間は責任感も強い人が多いです。仕事に正面から向き合っていることもありますが、他に趣味も興味もないので、自然と責任感も強くなっていることもあります。

また、仕事に対しての責任感の強さから、中途半端な仕事をする人には厳しい一面をみせることもあります。そこが、仕事人間の中に煙たがられる人が多い理由があります。

性格における責任感がある人の特徴とビジネスでの適切な役割

残業、休日出勤が多い仕事人間

仕事の目標達成のためには、残業も休日出勤もこなしてまでやり遂げる傾向にあります。

仕事が趣味なので、普通の人が楽しむ時間を仕事にあてることに、なんの疑問も持たない仕事人間も多いでしょう。中には、責任感の強さから人に仕事をふることができずに、物理的に仕事量が多いことも少なくありません。

サービス残業とは何か?や不当な残業を防ぐ三六協定について解説

深夜残業の際に支払われる金額と注意点について詳しく解説

仕事人間が注意しなければいけないこと

責任をもった仕事ができることはすばらしいことですが、自分自身の中に仕事人間の特徴があれば、注意すべきこともあります。

他人に同じレベルを求めない

仕事人間である自分のモチベーションは、他の人と違うことを自覚してきましょう。モチベーションは仕事人間ほど高くなくても、仕事に対しての責任感はちゃんと持っている人も多いのです。
仕事に対する考え方は、人それぞれです。チームで仕事をするうえで、業務に支障がないのであれば、仕事人間のハイレベルを他の人にも求めるのは酷です。

家族をないがしろにしない

残業や休日出勤で家にいる時間は少ないのに、家でも仕事の話ばかりしていませんか?

家族のために仕事をしているのに、その家族との関係が悪くなっては意味がありません。
ON/OFFを上手く切り替えて、家族と過ごす時間は一瞬だけ仕事のことは忘れましょう。

からだを大切にする

仕事人間は、時間的に無理をしてしまい、疲労をためやすい傾向にあります。

過度の疲労は、食欲や睡眠にも影響し、うつ病などの病気になりかねません。
仕事を長く続けることこそ、会社への貢献になります。長い目で自分の健康も考えて、体と相談しながら仕事をすることも大切です。

仕事人間から学ぶべきこと

仕事人間は、モチベーションの高さや責任感の強さから、近くにいると面倒だと思うこともあるでしょう。

しかし、仕事人間の特徴は、実は仕事を好きになる方法でもあります。仕事人間になる必要はありませんが、仕事を好きになって少しでも楽しめるようになれば、毎日がちょっと楽になります。

仕事にやりがいを見出す

仕事をしていると、誰でもネガティブなことばかりを見てしまいます。しかし、視点や考え方を変えて、やりがいを探してみましょう。

プロジェクトの成功など大きなやりがいではなく、自分自身のノルマが達成できた、顧客からありがとうと言われたなど、小さな成功体験からやりがいを感じましょう。

自分の強みを磨く

仕事でやりがいを感じられる部分は、自分自身の強みのはずです。その強みをどんどん磨いて、プロフェッショナルを目指しましょう。

何かを突き詰めることは、趣味に没頭することと同じです。仕事ではなく、自分自身のスキルを磨いていることを意識すると頑張りやすいでしょう。強みがあると人に頼られることも多くなり、仕事も楽しくなります。

チャレンジすることで新鮮さを保つ

難しい仕事からはなるべく逃げたいと思うのは、一般的なことです。

しかし、チャレンジしなければ、毎日同じルーティーンの繰り返しで、ますます仕事が退屈になってしまいます。
今までよりちょっとだけ上のレベルで、仕事にチャレンジしてみませんか?小さな目標を立てて、一つずつクリアしていくゲーム感覚でもいいでしょう。どんな小さな成功体験でも、体験すると楽しくなります。

仕事人間のまとめ

「仕事人間」とは、仕事が生きがいという人のことを指しています。仕事人間の特徴には、言い訳をしない、他人の評価を気にしない、責任感が強い、残業・休日出勤が多いなどがあります。

仕事人間が注意しなければいけないことには、他人に同じレベルを求めない、家族をないがしろにしない、体を大切にすることなどです。

周りにいると面倒に思うことが多い仕事人間ですが、学ぶべきこともあります。仕事人間のように、仕事にやりがいを見出す、自分の強みを磨く、チャレンジするなどは、仕事を楽しんでする方法にも繋がります。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda