時間内で迅速にメールを送らなければならない、しかし書き出しのフレーズが思いつかない、そんな経験ありませんか?ある程度のメールのフレーズを覚えておけば、相手にも好感がもてる内容を業務時間内で迅速に書くことができます。ここでは様々な場面でのメールの書き出しフレーズ・例文集を紹介します。

手紙・はがきの際はこちらも参考にするとよいでしょう。
頭語と結語の早見表と例文(テンプレート付き)

はじめましてメールのポイント・注意点

はじめてメールを送る際は書き出しをどのようにすれば良いのか、気になりますよね。事実、相手はメールの書き出しを見て相手はメールの差し出し人がどのような方なのか、また、このメールは読むのに時間を割くべきかを判断します。メールの書き出しは相手との関係性を考慮し、相手を敬うニュアンスでメールの書き出しを考えて行きましょう。

はじめましてメールの例文4選

1. 初めてメールを送らせて頂きます。
2. はじめてご連絡いたします。〇〇会社の〇〇と申します。
3. 突然のご連絡失礼致します。
4. お世話になっております。

書き出しは相手に与える自分の印象を大きく左右します。「はじめまして」のみであるとややカジュアルですが、「はじめてメールを送らせて頂きます。」「はじめてご連絡いたします。」といった書き出しにするとより丁寧な印象をあたえることができるでしょう。

同様に「突然のご連絡失礼致します。」もよく使われる書き出しのフレーズです。「突然のご連絡失礼致します。」は相手を思いやる心遣いが現れる印象があります。

相手も多忙な中、メールのチェックに時間を割かなくてはならなく、ましては大量に送られるメールに目を通さなければなりません。そのような相手の状況を考慮し、敬うメールの書き出しは相手にとって好印象になります。

最後の「お世話になっております。」はよく使われるフレーズでありますが、全く初めての相手であると違和感があります。しかし、会社と以前から取引をしていた会社といった関係性などがあれば使っても違和感はありません。

ご無沙汰メールのポイント・注意点

たとえ送信相手が頻繁に連絡を取り合っていた仲であっても、いきなり要件を書き出すと失礼にあたります。同様に久々にメールを送る際もご無沙汰など挨拶文を入れましょう。