社会人でも、ときどきあまり聞かない言葉に出くわす事があるでしょう。そんな言葉のひとつに「たらしめる」というのもあります。聞けばなんとなくわかる言葉ですが、意味を説明できない人も少なくありません。

ここでは、「たらしめる」とは、たらしめるの例文や類語、似た言葉の「ならしめる」との違いや、たらしめるの英語表現などを解説します。この記事を読むことで「たらしめる」を理解でき、語彙力アップに繋がります。

そもそも「たらしめる」とはなにか?

「たらしめる」の意味は、「自分自身の力でなにかにさせるている」というものです。

「たらしめる」は、「…としてあるようにする」や「…にさせる」という意味の連語です。一般的には、名詞の後につけて使われるでしょう。

「たらしめる」を分解した解説

たらしめるは、助動詞「○○たる」の未然形の「たら」に、助動詞の「〇〇しめる」がついた連語です。「〇〇たる」は「〇〇である」の意味であり、「〇〇しめる」は、「〇〇させる」の意味をあらわしています。

上記の言葉を合わせた「たらしめる」は、「そのよう(存在や物事)にさせる」という意味をあらわしています。

「たらしめる」の例文

サービスのレベルの高さが、わが社を今や業界トップたらしめる所以でしょう。
幼少から勤勉な性格だったのが、政治家たらしめたことは間違いありません。
世界最高のAIたらしめるのは、優秀な技術者の囲い込みによるでしょう。

また、たらしめるを使う表現に「人間を人間たらしめるもの」というのがあります。人間としての理念や道徳、愛情などからの行動こそが人間を人間にしているという意味をあらわしています。

動物とは違い、人間は本能のみでは生きられないという意味でもあります。

「たらしめる」の類語

たらしめるの類語には、「~のようにさせる。」「~にさせる。」「~の状態にする。」「~という理由で~となっている。」などがあるでしょう。

「たらしめる」と「ならしめる」の違い

「たらしめる」と似た言葉に「ならしめる」があります。「ならしめる」の意味は、「~にさせる」とたらしめるに近いです。

たらしめるとならしめるの意味合いの違いは、たらしめるは自発的な力が働いた結果であり、ならしめるは外的な力が働いたときに使うという違いがあります。

例文をあげると、「彼の経験が、彼を社長にならしめる。」などと表現できます。同じ文章で「たらしめる」を使う場合、「彼が周りに信頼されていることから、彼を社長にたらしめる。」という使い方になります。

たらしめるの英語表現

たらしめるの英語表現は、to make something what it should beや、what makes~の構文で表現できます。

「たらしめる」の英語表現であらわした例文は以下の通りです。

What makes our company as a top one in the industry is that high performance of services.
サービスのレベルの高さが、わが社を今や業界トップたらしめる所以でしょう。

また、「人間を人間たらしめるもの」を英語にする場合、What makes humans human.で、最後のhumanは形容詞です。

「たらしめる」についてのまとめ

  • 「たらしめる」は、「…としてあるようにする」や「…にさせる」という意味の連語です。分解すると、助動詞「○○たる」の未然形の「たら」に助動詞の「〇〇しめる」がついた表現です。
  • たらしめるの例文には、「サービスのレベルの高さが、わが社を今や業界トップたらしめる所以でしょう。」などがあります。また、たらしめるを使うよく聞く表現に「人間を人間たらしめるもの」というものがあります。
  • たらしめるの類語には、「~のようにさせる」、「~にさせる」などがあるでしょう。
  • 「たらしめる」と「ならしめる」の意味合いの違いは、「たらしめる」は自発的な力が働いた結果であり、「ならしめる」は外的な力が働いた時に使う意味の違いがあります。
  • たらしめるの英語表現は、to make something what it should beやwhat makes~の構文で表現できるでしょう。「人間を人間たらしめるもの」は、What makes humans human.です。

おすすめ転職サイトご紹介

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

マナラボではおすすめの転職サイト・エージェントを紹介しています。ご興味ある方はいかがでしょうか?

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

気軽にタイプ

ミイダス

それぞれの特徴を申し上げると、とりあえず検討段階の方はミイダスがおすすめです。

ミイダス

MIDASはFacebookを利用した登録で5分程度で完了します。大きな特徴として自分の適性年収をだしてくれることと、年収にあわせて企業からのオファー・スカウトが届くことです。まっているだけで自分を必要としてくれる企業に出会うことができ、スムーズに転職することができます。

また多くのスカウトが届き「必要とされている」ことが実感できると、自分の能力に対して自信をもつことができます。

ミイダス

転職が検討段階、メインではなくサブの転職サイトとして利用するものとして、気軽で煩わしさがなく最適でしょう。

本気の転職で、ガッツリサポートが欲しい場合は下記のサイトがおすすめです。

管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、DODAに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

DODAは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はDODAがおすすめです。また、DODAの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またDODAには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

DODA

DODA平均年収ランキング