手紙やハガキなどの文章を書く際に用いられる「頭語」と「結語」の使い方と早見表をご紹介します。

「頭語」と「結語」とは?

「頭語」は手紙の冒頭に書く、「こんにちは」にあたる挨拶言葉です。
「結語」は手紙の結びに書く、「さようなら」にあたる言葉で、頭語に対応した言葉を選び使うのが一般的です。

それらの表現は基本的なものから丁寧なものまで状況によって、また差し出す相手によって異なり、正しい使い分けが必要となります。

「頭語」と「結語」の早見表

表はそれぞれの場合の中でのみ、頭語と結語の組み合わせは自由です。また、赤字はよく使われる組み合わせ例です。
「かしこ」は女性だけが使える結語で、どの頭語にも使える万能なものですが、女性らしさを強調してしまう印象を持たれてしまうことがあるので、ビジネスシーンでの使用は控えた方が無難です。

    頭語 結語
一般的な手紙 拝啓
拝呈
啓上
一筆申し上げます (主に差出人が女性の場合)
敬具
敬白
拝具
かしこ(主に差出人が女性の場合)
丁寧な手紙 謹啓
恭啓
粛啓
謹白
謹呈
謹んで申し上げます(主に差出人が女性の場合)
謹言
敬具
謹白
頓首
敬白
かしこ(主に差出人が女性の場合)
緊急の手紙 急啓
急呈
急白
とり急ぎ申し上げます(主に差出人が女性の場合)
草々
早々
敬具
拝具
不一
かしこ(主に差出人が女性の場合)
初めての相手への手紙 拝啓
拝呈
初めてお手紙を差し上げます
突然お手紙を差し上げる無礼をお許し下さい(主に差出人が女性の場合)
拝具
敬具
敬白
謹言
頓首
かしこ(主に差出人が女性の場合)
返信の手紙 拝復
復啓
謹復
お手紙ありがとうございました
御状(貴簡、ご書状、お手紙)拝見(拝読)いたしました
お手紙拝見いたしました(主に差出人が女性の場合)
敬具
敬白
拝具
拝答
かしこ(主に差出人が女性の場合)
再信の手紙 再啓
追啓
再呈
重ねて申し上げます
度々、失礼ながらお便り申し上げます(主に差出人が女性の場合)
敬具
敬白
拝具
再拝
かしこ(主に差出人が女性の場合)
前文を省略する手紙 前略
冠省
略啓
前文失礼いたします
前文お許し下さい
前文お許し下さい
前略ごめんください(主に差出人が女性の場合)
草々
早々
不一
不尽
不備
かしこ(主に差出人が女性の場合)

頭語と結語の例文

《例文1》

例文1のテンプレート(Word)

《例文2》

例文2のテンプレート(Word)

まとめ

適切な場面、状況や差し出す相手をしっかりと見極めることは、マナーにはとても大切なことです。
一歩先を行くビジネスパーソンになるためにも、きっちり「頭語」と「結語」の正しい使い方を抑えていくことを心がけましょう。

心理統計学から自己分析ができる! Future Finder

経営者との直接面談を実現 ハイクラス転職サイト「転機」

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)