ビジネスの面で「連絡」を含んだフレーズは頻繁に使用されます。

この記事では、正しく相手に連絡を求める表現、自分が連絡をする時の表現についてまとめました。また「ご連絡してください」の表現に対しても解説いたします。

アプリ・アプリ感覚!気軽に転職、スカウト待ちが可能な転職サイト

>>キャリアトレック

>>MIIDAS

オファー待ち可能!転職者の8割が利用!

>>リクナビNEXT

就活生の情報収集

>>就活の口コミ・体験談 ギガ就活

「ご連絡」の正しい敬語表現とは

「連絡」は、ビジネスの面では相手からの連絡を求めている時、もしくは自分が相手へ連絡事項がある事を知らせる際に使用されます。

具体的には、「ご連絡をお願いします」「ご連絡をいたします」と表現します。
相手に連絡を求める時、そして自分が相手へ連絡する時両方の面での正しい敬語表現についておさえておきましょう。

相手に連絡を求める時に気を付ける3つのポイント

「連絡」には「ご」をつけよう

相手へ連絡を求める時には「ご連絡をお願いします」などと表現します。この時「連絡」には「ご」を付けます。

なお、「お連絡」ではありません。この「お」と「ご」の使い分けにも注意しましょう。原則的には、訓読みの言葉には「お」、音読みの言葉には「ご」を使用します。そのため、訓読みである「連絡」は「ご連絡」、連絡の類似表現である「知らせ」は「お知らせ」となります。

「ご連絡ください」は強引

相手への連絡を求める際に「ご連絡ください」と表現する事もできます。

この表現も間違ってはいませんが、「ください」と断定しているため、相手に少々強引な要求をしている印象を与えてしまいます。

そのため、ビジネスシーンでは、こちらがあくまで連絡を待つ立場である事を強調する、「ご連絡お待ちしております」などの表現にすると、相手への連絡を強制せず、やわらかい印象を与えられます。

また、連絡が欲しい事項に対して表現を変えるのも有効です。

逆に、期限があり、かつ何度も連絡を求めているのに相手から全然連絡がない緊急性が高い場合には「ご連絡ください」を使用してもいいでしょう。

「ご連絡してください」は正しい表現なのか

「ご連絡ください」は強引な印象のため、「ご連絡してください」を使用する場合があります。
この表現は「ご連絡」+「して」+「ください」のくみあわせで、敬語表現としては正しいものとなります。

しかし、目上の方に使用するという点では好ましくないものです。
その理由は、「ください」が命令形という点にあります。命令形で言葉が終わると相手が不快に感じてしまう恐れがあり、正しい敬語表現と言っても、相手との関係をこじらせてしまう可能性をひめています。

そのため、連絡がほしい際には、前述したこちらが待つ表現や、「ご連絡お願いいたします。」「ご連絡していただけますでしょうか。」と、こちらがお願いする形にするとよいでしょう。

自分が相手へ連絡する際の正しい敬語表現とは

「ご連絡」を使おう

自分が相手へ連絡を求める時には「ご連絡」と表現するのが正しい事は分かりました。

同じように、自分が相手へ連絡する時も「ご連絡」を使用しましょう。つまり「ご連絡します」が正しい表現になります。

「ご連絡いたします」は正しい?間違い?

自分が相手へ連絡する時に「ご連絡いたします」の表現もよく目にします。

ここで「ご連絡いたします」の表現は二重敬語に当たるので、間違った表現ではないかと気にされる方もいるかもしれません。

「ご連絡いたします」は、連絡する、の謙譲語「ご連絡する」+謙譲語である「いたす」と、敬語が重なっている二重敬語と取れます。その為、「いたします」ではなく、「ご連絡します」もしくは「ご」を抜いた、「連絡いたします」が正しい表現となります。

しかし、現在では「ご連絡いたします」の様な「お(ご)~いたす」の表現は、慣習的に正しいと認められるようになりました。
そのため、使っても問題ありません。

厳密にいえば、「を」をいれた「ご連絡をいたします」が一番正しい表現です。連絡に「ご」を付けた「ご連絡」+するの謙譲語の「いたす」となっている為、二重敬語にはなりません。