タイは観光地としても人気が高く「海外で働きたい」と考えている人のなかには、タイを候補に挙げている人も多いかと思います。
しかし、日本を離れて仕事をするということはそれだけリスクがあるので、事前の情報収集はしておきたいところです。

この記事では、タイの給料事情や人気の職種、タイで日本人に求められていることなどについて解説します。

タイで仕事をしたい人の動機

日本を離れタイで働くのは簡単なことではないように思えます。しかし、それ以上にタイで働くことには魅力があります。

タイで仕事をしたい人の動機は、以下のようなものがあげられます。

アジアで自分の力を試したい

日本だけをみているとなかなか感じにくいですが、世界はとても広いです。
そのなかで、自分の視点を広げるために、海外に憧れを抱く人もいるでしょう。

その際、成長が著しいアジア諸国で自分の力を試してみたいと、海外の仕事先としてタイを選ぶ人も多いです。

タイ旅行に行って好きになった

歴史ある建物や仏像、活気あふれる街の様子などタイには多くの魅力があります。

以前タイに旅行したことがあり、帰国後もタイで受けた感動を忘れられずに「タイで働いてみたい」と考える人も少なくないでしょう。

日本での将来性が感じられない

多少の景気の変動はあるとはいえ、日本での仕事に将来性を感じられなくなることもあります。

「それであれば海外で働こう」と考え、海外に飛び出して行く人もいます。

アジア諸国の発展は目覚ましいものがありますので、日本よりも働きがいを感じる人もいるでしょう。

タイ人の女性と結婚したい

タイ人女性と結婚をしたいのであれば、現地へ行き出会いを求めるのが手っ取り早い方法です。

生活の拠点をタイに移し、仕事もプライベートも充実させることを目的に、タイで働くことを決意する場合も考えられます。

タイで働いた場合の給料

現地で働くタイ人の月収は、おおよそ2万バーツ~5万バーツ(約6万円~約15万円)といわれています。

高いスキルを要するような仕事は、給与も高く10万バーツ(約30万円)以上の場合もあります。

実際タイで働きたい人のための転職サイトでは、5万バーツ~10万バーツ(約15万円~30万円)の求人があり、タイでの給与は、日本でもらえる給与水準と比べて若干低い程度となっています。

タイ就職で人気の業界・職種

タイで就職する人に人気がある職種は、営業や事務職、製造業などです。

なかでも営業の仕事は募集している件数も多く、成果次第では大幅な収入アップも見込めます。
そのため、日本で営業経験がある人にとっては目指しやすい職種です。

また、事務職や製造業の募集は少ない傾向にあります。

事務職や製造業を目指す場合、まずはいい募集があるかどうか探すことが必要となります。

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方 ブックマーク推奨!
業界特化型&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 ブックマーク推奨!

タイの仕事で日本人に求められること

現地の人ではなく、わざわざ日本人を雇うということは、そこに何か理由があるはずです。

では、日本人のどのようなところに期待されているのでしょうか。

きちんとした日本人対応

日本はおもてなし文化といわれることもあり、丁寧な対応がビジネスの場で役立つと期待されています。

また、勤勉や真面目といったイメージも日本人を採用する理由の一つとなり得ます。

日本人を対象にした旅行ガイド

日本の旅行客や会社を相手にしたビジネスで、現地でのガイド役を日本人に勤めてもらいたいという場で需要は出てきます

旅行客にとっても、ガイドが日本人であるほうが安心感を得られます。
そのため、日本の人材を求める企業もあると考えられます。

多くの日系企業がタイに進出している

会社にとってもタイに進出するメリットを感じられれば、海外進出を考えることになります。

実際にタイに進出している企業について、みていきます。

タイの日系企業は年々増えている

独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)が行った「タイ日系企業進出動向調査」によると、2008年度の日系企業数は3,884社だったのに対し、2014年度の調査では4,567社と、6年間で683社増えていることが分かりました。

タイは目覚ましい経済発展を遂げているイメージがあります。

それにともない、日系企業も多く参入しているようです。

参考:独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)「タイ日系企業進出動向調査2017」

製造業やサービス業が多い

同調査では業種別の日系企業数にも触れており、造業」が全体の企業のうち47.0%、「サービス業」が 49.5%と紹介されています。

タイに進出する日系企業のほとんどが、この二つの業種のどちらかであることがみてとれます。

タイ語や英語が話せなくてもタイで仕事ができるのか

タイ語や英語ができなくても、日本人を相手にする仕事であれば、語学力が問われない場合があります。

そのため、現地で徐々に学んでいくという方法もあります。

ただし、上の段でも紹介した営業のような仕事では高い語学力が必要になります。

タイで仕事をするときの服装

上下のスーツにネクタイというスタイルが日本のビジネスマンの基本になっています。しかし、タイでは暑い気候のせいもあり、長袖のシャツにノーネクタイが多いです。

日本の常識のまま服装を選んでしまうと、現地の文化にそぐわない場合があります。

周りの人に聞いたり、自ら観察したりすることがおすすめです。

タイで働くことのおさらい

タイで働きたい人の動機としては、「タイに対する憧れ」の他に「日本の会社に成長性を感じられなくなった」「タイ人女性と結婚したい」などがあげられます。
収入に関しては、日本の水準より若干下がるイメージで、営業職や事務職・製造業が人気の職種です。
タイで仕事をするにあたり、日本語以外の語学力を求められる場合もあります。しかし、職種によっては求められない仕事もありますので、探してみるのも一つの方法です。

関連する参考記事・サイトはこちら
海外に転職をする2つの方法と海外転職の準備について具体的に解説

タイに憧れを持っている人、タイではたらいてみたい動機がある人は、転職を検討してみてもよいでしょう。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda