「自分の憧れている国で働きたい」「もっと違う世界を見てみたい」などと日本を飛び出し、海外での勤務を希望する人もいると思います。

しかし、国内での転職よりもさらに考えなければならない問題が多く出てきそうです。

この記事では「海外に転職するためのルート」「海外の就職先を探す際にはどのようなことに気をつけたら良いか」などについて解説していきます。

海外に転職する2つの方法

国内、海外を問わずに、転職するためには自分の希望する職種の求人募集があるかどうかを確認することから始まります。その後、応募して条件が合えば採用となります。

海外で働く方法としては、大きく分けると現地企業に応募し現地企業から直接採用されるパターンと、国内にある企業に採用され海外へ出向するパターンの2つに分けることができます。

現地で採用され海外で働く

まずは、現地で採用されるパターンです。日本の企業が運営しているところを選ぶか、海外の企業が運営しているところを選ぶかの違いはありますが、基本的には自分で就職先を探すことになります。

選択権が自分にある分、働きたい国自体を選ぶことができ、、仕事内容についても自分の希望に合った職場で働くことができます。ただし、一緒に働くスタッフに関しては日本の企業か海外の企業かによって違ってくる可能性があります。

日本の企業であれば現地に行っても日本人の同僚がいるかもしれませんが、海外企業の場合は周りに日本人が一人もいない状況もありえます。どちらにせよ語学力は高いレベルを求められます。

日本企業に在籍し、その後、駐在員として海外赴任

日本の企業に勤務しており、その企業が持つ海外支店に出向・転勤を命じられるパターンです。この場合は海外派遣させるための企業側の意図もあるでしょうから、何から何まで自分の希望どおりになるとは限りません。

このパターンでは、現地と日本とのつなぎ役や調整役といった場合もありますので、仕事内容が主にそういったものであればそこまで語学力を求められることはないでしょう。

基本的には、海外に支店を持つ企業を新たに受けることになるのですが、自社に海外支店がある場合には実力とタイミングがあれば海外勤務を目指すことができます。

海外転職活動の心得

働く先を国内に求める場合も海外に求める場合も、自分の希望する条件に合う求人をピックアップし、情報を収集しながら応募するという意味では、転職活動の方法は大して変わりません。

ただし、全く同じというわけではないので、いくつか気を付けておきたいポイントについて解説していきます。

正確かつタイムリーな情報を入手

海外で働きたい意思はあるものの、あまりに事前の情報収集の精度が低いと「思っていた環境と違う」「こんなつもりではなかった」などと後悔してしまう場面も考えられます。

また、それまでの苦労を考えると簡単に辞めるとは言い出せないでしょう。

そのため、まずは正確で新しい情報を集めることが大事となってきます。ただし、そのときの情報がいくら正確でも次の日には全く変わっていたなどということも十分にあり得ます。

また、国内で転職活動する場合は、海外の情報を入手する際どうしてもタイムラグが生じることもあります。常に最新の情報を的確に入手するよう情報収集のやり方についても考えておかなければなりません。

倍率が高いことを覚悟をしておこう

日本国内で働く場合の求人と海外で働く場合の求人とでは圧倒的に海外の件数のほうが少ないといえます。

また、高収入が見込めたり、自身のキャリアアップのためだったりと応募する人の数も相当数いることでしょう。

そのため、求人倍率が高くなることも予想されますので、その点については覚悟しておく必要があります。

また募集人数自体も少ないため、採用者が決まり次第即募集を停止することもあります。自分の希望する案件を見つけた場合、すぐ対応できるよう事前に準備や対応をしておかなければなりません。

海外就職での給与を理解しておく

海外での勤務は高い額の給料をもらえるイメージですが、その額面のみに一喜一憂するのでは少々危険です。なぜなら、日本で暮らす場合と比べて物価や税金面が違ってくる可能性があるからです。

例えば現地の価値で20万円の給料をもらったとしても、最低限生活に必要なお金が5万円であれば豊かな生活が送れそうです。

一方、40万円の給料でも生活費に30万円かかるようでは、上の場合と比べて自由に使えるお金は少ないと言えます。

国によっては医療費がタダの国があったり、消費税率に関しても違ったりするため、給料の額に関しては現地での生活水準を考慮して判断する必要があります。

海外転職を決める際には景気や社会情勢なども考慮

海外勤務が出来たとしても景気悪化などからすぐに撤退してしまうと何のために海外へ渡ったか分かりません。

そのため自分が働きたいとする国に関しては、景気やその国を取り巻く社会情勢等も含めさまざまなこと知っておかなければなりません。

また、海外で働く際には就労ビザが必要になるのですが、取得条件一つをとっても学歴に制限があったりこれまでの勤務年数がある程度必要であったりと国によって違ってきます。

なかには、スキルの関係上「自国民ではできない仕事に従事する場合のみ就労ビザを発行する」という条件を設けている国もありますので、そういった情報を事前に取得し海外転職先を決める必要があります。

海外就職に関するおさらい

海外就職に関するおさらいは以下の通りとなります。

  • 海外で働く際には大きく分けて、現地で直接採用してもらうパターンと国内企業に就職し駐在員として現地へ派遣されるパターンがある
  • どちらの場合も正確な情報収集は不可欠
  • 競争倍率も高くなることが予想される
  • 例え、同じ額の給料をもらっていたとしても、物価や税金などその国で最低限の生活するためにどれだけのお金が必要かによって暮らしぶりは変わってくる
  • 額面だけで就職先を判断するのは危険であるといえる

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda