この記事では、「帰りたい」が口癖の人の特徴や原因、対処法について考察します。

仕事をしている時に、「帰りたい」と思うことはありませんか?一度や二度ぐらいなら誰でも経験はあるでしょう。しかし、これが毎日口癖のように「帰りたい」と言っているとしたら、かなり問題です。

「帰りたい」と思う気持ちを克服するためにも。この記事を通して、「帰りたい」と思う状況や原因を把握して、正しい対処法を学んでください。

「帰りたい」が口癖の人の4つの特徴

では、「帰りたい」が口癖になっている人には、どのような特徴があるのでしょうか?
ここでは、代表的な4つの特徴を紹介します。

職場の人間関係が苦手

学生時代は、気の合う仲間とだけ付き合っていれば日々を過ごしていられましたが、社会人になるとさまざまなタイプの人と一緒に仕事をしなければなりません。
当然、苦手な人や嫌いな人も職場にはいるはずです。

多くの人は、仕事を割り切ってどんなタイプの人でもコミュニケーションを取るようにしますが、職場での人間関係づくりが苦手な人は、話すことだけでもプレッシャーになり、「ああ、早く帰りたい」と思ってしまいます。
家に帰って、自分一人の世界でいることが安らぎになっているのです。

自分の趣味や、家族との時間を優先している

仕事よりも自分の趣味や家族と触れ合う時間を大切にしているタイプの人に、「帰りたい」が口癖になっている人が多く見られます。

仕事に対する興味よりも、趣味に没頭したり家族と時間を過ごすことが生きがいになっているのです。このような人は、休日出勤や急な接待などは苦痛になり、上司からの指示でも「予定があるので無理です」と断ることも少なくありません。

逆に、無理して時間を割くと大きなストレスになります。

疲労が溜まっている

連日の残業や休日出勤などが重なると、誰でも「帰りたい」と感じますが大半の人は口には出しません。

このような場合、「帰りたい」が口癖になっている人は、ある意味正直な人で、「帰りたい」と言うことで、ストレスを発散している場合もあります。

逆に、ストレスが溜まり過ぎて口に出すような人は、要注意。休憩時間などでもリラックスできないと病気にもつながりかねません。

集中力がない

集中力がないのも、「帰りたい」が口癖の人の特徴です。日々の仕事には、単純な作業も少なくありません。

集中力のない人は、作業に飽きてしまい、「友達を夕食に誘おうか」「今日のドラマはなんだっけ」など仕事が終わった後のことを考えがちです。

作業の手を止めて、物思いにふけっていると、「帰りたい」と思わず言葉が出てしまいます。

仕事中に「帰りたい」と思ってしまう5つの原因

仕事をしていて、毎日「帰りたい」と思ってしまうのには、いくつかの原因が考えられます。ここでは、その代表的な5つの原因を紹介します。

仕事内容に興味を持てない

自分がやりたい仕事をしている人は、毎日が刺激的で生き生きとした時間を過ごせますが、仕事内容に興味が持てない場合は、仕事をしていても苦痛に感じるかもしれません。

ひたすら時間が過ぎるのを待つような日々で、「はやく家に帰りたい」と思うようになるのです。

業務量がキャパオーバーしている

仕事量が多く自分の処理能力以上で、毎日残業していても終わらないような状況も、「帰りたい」と思う原因です。

特に、一人で仕事を抱え込んでしまうタイプの人は、キャパオーバーしがちです。日々の仕事に追われて心の余裕がなくなれば、「帰りたい」と思うのは当然かもしれません。

成果を出しても正当に評価されない

仕事をバリバリやっている人でも、「帰りたい」と思うような状態になることがあります。
それは、上司や会社が自分の仕事の成果を正しく評価してくれない場合です。

会社のために懸命に仕事をしても正しく評価されなければ、仕事に対する情熱も薄れてしまい、「頑張っても無駄だ」と思うようになってしまいます。正当に評価されないほど、虚しいものはありません。おもわず「帰りたいな」と言葉が出てしまうでしょう。

職場の雰囲気や人間関係に馴染めない

転職の大きな理由の一つにあげられるのが、「職場の雰囲気や人間関係」です。仕事内容には問題がなくてもどんよりとした職場の雰囲気では、仕事にも張り合いがなくなり、無理難題を押し付ける上司や無責任な同僚など、人間関係が良くないとストレスもたまります。

上司の顔色を窺い、同僚たちに不満を抱く日々では、だれでも「帰りたい」と思いたくなりますね。

やるべき仕事がない

社員の多い大企業や業績が落ち込んでいる会社などでは、個人の仕事量が極端に少なくなってしまうケースもあります。

実際の仕事は1~2時間で片付けられるのに、他にやることがない。残りの時間は資料を読み返したり、意味のない調べ物で潰すしかないような日々は、苦痛でしかありません。
まさに、「暇で死にそう」な状態です。「帰りたい」と思うのは仕方ないと言えるでしょう。

仕事中に「帰りたいけど帰れない…」と感じた時の5つの対処法

では、ここで「帰りたいけど帰れない・・・」と感じた時の5つの対処法を紹介します。

仕事の優先順位を明確にする

仕事の量が多くて「帰れない」と感じている場合は、もういちど仕事のやり方を考え直してみることも必要です。

与えられた仕事を順番に処理するのは効率的とは言えません。まずは、仕事の優先順位を明確にしましょう。何がもっとも早く処理しなければならないのか、その次は、と仕事に取り掛かる順番を朝一で考えて取り組むことが大切です。

明日に回せる仕事は無理して片付ける必要はありません。今日やるべきことを明確にすれば、残業せずに帰ることも可能です。

自分一人で仕事を抱え込まない

仕事量が多い場合は、キャパオーバーで大きなストレスにもなり、決して効率的な仕事の仕方とは言えません。

このような場合は、上司や同僚に相談してサポートしてもらうことも必要です。一人で仕事を抱えて、結果周囲に迷惑をかけてしまうことも少なくありません。

しっかりと周囲とコミュニケーションを取り、任せられるものはお願いしましょう。

帰る時間を周囲に合わせようとしない

自分の業務が終わっても、周囲が仕事をしているので帰りづらくなりダラダラと残業している人もいるようですが、「帰りたい」場合は、周囲に合わせないで定時になれば帰ることも必要です。

周囲がサポートを必要としていないのなら、自分の業務が終われば帰る習慣を身につけましょう。また、これといった仕事がない場合は、半休や有休を取るのもリフレッシュになります。

夜に用事があることを先に伝えておく

夜に用事があって定時には帰りたい場合は、朝一で上司や同僚にその旨を伝えておくことも大切です。

「田舎の両親が来ているので」「子どもの誕生日なので」「大学の同窓会があるので」など、その理由を正直に言いましょう。嘘の理由は良くありません。嘘は必ずバレて、周囲からの信用が薄れてしまいます。

会社環境に問題がある場合は、転職も視野に検討する

上司や職場など会社の環境に問題があって、「帰りたくても帰れない」状況が続くのであれば、転職を視野に入れて検討することも必要です。

帰りたい理由を説明しても、全く聞き耳を持たないような会社では、将来の改善も期待できないでしょう。
このような時は、さっさと会社に見切りをつけて、新しい職場を探すことが最良の解決策です。

但し、同じようなことがないように、転職先のリサーチは万全にしておきましょう。

まとめ この記事のおさらい

・「帰りたい」が口癖の人の特徴は「職場の人間関係が苦手」「疲労が溜まっている」など。
・仕事中に「帰りたい」と思ってしまう原因には、「仕事内容に興味を持てない」「業務量がキャパオーバーしている」「職場の雰囲気や人間関係に馴染めない」などがあります。
・仕事中に「帰りたいけど帰れない…」と感じた時の対処法には、「仕事の優先順位を明確にする」「自分一人で仕事を抱え込まない」「帰る時間を周囲に合わせようとしない」「夜に用事があることを先に伝えておく」などがあり、会社環境に問題がある場合は、転職も視野に検討することも必要です。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda