アウトレット意味とビジネスで使う場面

「アウトレット」といえば、“メーカーや卸業者などが在庫処分のために、流行遅れや季節外れ、規格外商品などを格安で消費者に直接販売する店のこと。または、その商品のこと。”という意味で疲れわれるのが一般的です。

「ファクトリーアウトレット」という言葉も、よく耳にするのではないでしょうか? これは、“工場直結の小売店、特約店。またはそこの商品。”の意味で使います。

ビジネスシーンでも、同じ意味で使うこともあるでしょう。日本でも数多くの郊外型アウトレットモールがオープンし、大手商社系不動産会社が運営しているところもあります。最近では外資系企業も参入しています。

また、ビジネス用語として、アウトレットの本来の英語の意味”出口、放水口“から、”商品の販路、市場“の意味で使われることもあります。

英語でのアウトレット

海外に出張、赴任した際には、「アウトレット(outlet)」は生活の中で頻繁に、また違う意味で使います。
アメリカ英語での「アウトレット」は、“コンセント”のことを指します。
電気を供給するために電気を放出口ということで、「outlet」です。壁についているコンセントは、「wall outlet」、三つ又コンセントは「three-pronged outlet」と言います。テーブルタップは、「power strip」と言い、アウトレットは使いません。

コンセントは和製英語で、英語にはない言葉なのです。似ている英単語だと「consent」があり、これは“同意する、承認する”の意味があります。医療現場で使われるようになった「インフォームドコンセント」のコンセントです。海外でコンセントのことをコンセントというと、通じなかったり誤解されたりするので気をつけましょう。

ちなみに、イギリス英語では、コンセントは「socket(ソケット)」というのが一般的です。

アウトレットの例文

・日本でのアウトレットモールは、三井不動産の「三井アウトレットパーク」と三菱地所とアメリカ企業の連結子会社の「プレミアム・アウトレット」が2大勢力になっています。

・海外で生活するといくつかの和製英語に気がつきますが、その中でもコンセントが「outlet」ということには早くに気がつきます。

だれでもできる節税施策!会社員こそやるべき、ふるさと納税

ふるさと納税

名前は知っていても使ったことがない方が多いと思われます。カイシャドコイクでは、企業に勤めているからこそ、ふるさと納税をやるべきと強くおすすめします。

だれでもできる節税方法、しかも、返礼品によってはおいしいお肉や家電を手に入れることができます。ご興味がある方は下記リンクをご覧ください。

ふるさと納税とはなにか、仕組みやメリットについての解説

また、すでにふるさと納税に関して知識がある方は、ふるなびさとふるをおすすめいたします。

ふるなびへのリンクはこちら
さとふるはこちら