相手に迷惑をかけてしまった時などには、謝罪をしなければいけませんが、ビジネス上では、謝罪の時の表現や対応によって、その後の相手との関係性が変わってしまう可能性もありますので、適切な謝罪をしなければいけません。

ここでは、ビジネスの謝罪表現としておなじみの「大変申し訳ありません」の使い方、「大変申し訳ございません」との違いや、状況別の他の謝罪表現などに触れています。迷惑をかけても、スマートに謝罪をすれば、相手との関係をより良好にできるきっかけとなるかもしれません。

大変申し訳ありませんとは

「大変申し訳ありません」とは、ビジネスシーンでは主に相手へ謝罪をする時に使うフレーズです。
謝罪のフレーズである「申し訳ありません」に「大変」がついており、相手に迷惑をかけてしまった時、お客様や取引先の方など、社外の方に対して謝罪する時にも使用されます。口頭だけでなく、メールや文書での謝罪の際にも使用されます。

また、何に対しての謝罪かを前後に述べた上で使用される事も多いです
例:「ご迷惑をおかけしてしまい」+「大変申し訳ありません」

謝罪の強さとしてはすみませんより強く、お詫び申し上げますより弱い、中の上程度といえます。

 

小「すみません」→中「申し訳ございません」 中の上「大変申し訳ございません」 →上「お詫び申し上げます」「弁解の余地もございません」

「誠に」「大変」申し訳ありません 2つの違い

どちらがビジネスシーンでより適しているか

「大変」は「とても、たくさん」など、物事の程度を表す言葉です。一方で、「誠に」は「本当に、正に」などの意味がある言葉です。直訳すると、以下の通りになります。

大変申し訳ありません」→「とても申し訳ありません」
誠に申し訳ありません」→「本当に申し訳ありません」

つまり、「大変申し訳ありません」は「申し訳ない気持ち」が「とても、たくさん」の状態を指し、「誠に申し訳ありません」は「本当に申し訳ない気持ち」を指しています

その為、「大変申し訳ありません」は、人によっては人ごとのような、客観的な印象を与えてしまう可能性がありますので、より心を込めて謝罪をしたい時には「誠に申し訳ありません」を使用した方がよいでしょう。

大変申し訳「ありません」「ございません」 2つの違い

「大変申し訳ありません」の他、「大変申し訳ございません」というフレーズがあります。
「ありません」の丁寧表現である「ございません」となった事によって、より丁寧な表現となっているのが、「大変申し訳ございません」です。つまり、「大変申し訳ございません」の方が、より丁寧な表現であると言えます。

実は、「大変申し訳ありません」「大変申し訳ございません」共に、元々は間違った表現です。
「申し訳ない」は形容詞で、「申し訳ある」という形容詞はありません。その為、本来は「申し訳ないです」もしくは、「申し訳がありません」(名詞の「申し訳」+助詞「が」+「ありません」)と表現するのが正しいのです。

けれども、今は「(大変)申し訳ありません」「申し訳ございません」共に、当たり前に使われるフレーズとなり、今では正しい表現として認知されるようになりました。

大変申し訳ありませんの類似表現

すみませんでした
軽い謝罪、社内の親しい人に対する謝罪のフレーズ
失礼いたしました
相手に対しての無礼を詫びる時に使用するフレーズ
お詫び申し上げます・陳謝いたします
主に書き言葉で使用される謝罪のフレーズ
お詫びのしようもございません・弁解の余地もございません
相手の怒りが高い時や、謝罪に対する程度が高い時に使用される。

大変申し訳ありませんの例文

商品が欠品している時
現在〇〇は欠品中で、ご発注を承りかねます。
ご希望に添えず、大変申し訳ありません。
メールの返信遅れの2回目など、同じ事で迷惑をかけた時
度重なる失礼、大変申し訳ありませんでした。
サイトの不具合で迷惑をかけているなど、不特定多数の人へお詫びをする時
誠に申し訳ございませんが、現在サーバーの不具合により、弊社webサイトのご利用ができない状況となっております。

大変申し訳ありませんの類似表現の例文

メールの返事が少し遅れてしまった時
返信が遅れてしまい、すみませんでした。
相手が先に挨拶をしてくれた事に対する無礼を詫びる時
〇〇株式会社の○○と申します。ご挨拶が遅れまして大変失礼いたしました。
メールや文書で、納期遅れなどを謝罪する時
現在、原材料の輸入規制の為、工場での生産がご注文に対して間に合っていない状態です。
ご希望の納期に商品をお届けできず、皆様には大変ご迷惑をおかけしている事をお詫び申し上げます。
お客様などに、直接謝罪をする時
今回間違った商品を納品してしまった不手際につきましては、弁解の余地もございません。

大変申し訳ありませんの英語表現

I’m very sorry for my slow response. 「メールの返信が遅れて、大変申し訳ありません」
I am terribly sorry, but we cannot meet your request.「大変申し訳ございませんが、ご注文をお受けできかねます」
I am truly sorry for the long delay in my reply. 「ご返答が遅くなりまして、誠に申し訳ありません」

まとめ

・「大変申し訳ありません」は、謝罪の言葉「申し訳ありません」に程度を表す「大変」がついたフレーズ。より程度の大きい謝罪を表現する時に使用する。
・「大変申し訳ありません」に対して、「誠に申し訳ありません」は、「本当に、正に申し訳ない気持ち」を表現している言葉で、より心を込めて謝罪したい時に使用する。
・「大変申し訳ございません」は、「大変申し訳ありません」をより丁寧にした表現。元々は両方とも日本語としては間違った表現だが、今は正しい日本語として認知されている。
・「大変申し訳ありません」の類語には、「失礼いたしました」「お詫びいたします」「すみません」「弁解の余地もございません」などがある。
・英語の表現では、「申し訳ありません」の表現である”I’m sorry”を、” I’m very sorry for~”などの表現にすれば「大変申し訳ありません」となる。