フラッシュマーケティング 意味とビジネスで使う場面

「フラッシュマーケティング」とは、“割引価格や特典がついたクーポン・商品を、期間または時間限定で、インターネット上で販売する手法”を意味します。
短時間で瞬間的に情報を顧客に伝達することから「フラッシュ」の名がついた手法で、24~72時間くらいの時間でクーポンや商品を販売します。
日本語では、「瞬間マーケティング」「売切りマーケティング」と言われることもあります。

ビジネスでは、インターネットを使った販売をしているなら、マーケティング手法として覚えておきたい言葉です。

2008年頃にアメリカで大成功したグルーポンをきっかけに、クーポンを扱うサイトがどんどん増えて続けました。

フラッシュマーケティングのビジネスモデル

フラッシュマーケティングにはクーポンがつきものでしたが、今は商品を売るタイプもあります。

■共同購入型クーポン
グルーポンが使うモデルで、一定時間内に一定数の購入人数が揃えば、大幅な割引率が適用されたクーポンを購入できる仕組みです。一定数に達するように、ユーザーがSNSなどを使って、情報を拡散させます。

■店舗主導型クーポン
店舗がクーポンの有効期限や配信枚数を設定して発行するクーポンで、地域密着型店舗に向いた仕組みです。店舗側が仕掛けるので、効率的な集客ができると言えます。

■ショッピングモール型・ファミリーセール型
これは、制限時間内に商品を販売するのでこの名前になっています。1つの商品ではなく、服すの商品が用意され、ユーザーが選ぶことができるのも特徴です。

フラッシュマーケティングのメリット

顧客にとっては、大幅な割引で商品やサービスを購入できるのがメリットです。

販売側のメリットは、販売効率を上げる(在庫処分ができる)・短時間での展開なので、ブランドイメージを損なわないなどが挙げられます。また、商品を販売するショッピングモール型やファミリーセール型では、実店舗やセールをするよりも、運営コストも人材などのリソースもセーブできます。

フラッシュマーケティングの例文

・グルーポンのようなフラッシュマーケティングは、多くのサイトが乱立し淘汰が始まっている。

・決算前に、フラッシュマーケティングで在庫処分を進めてしまいましょう。