サプライチェーンマネジメント 意味とビジネスで使う場面

「サプライチェーンマネジメント」は、主には流通業界、製造業界で頻繁に使われる言葉ですが、企業の経営にも大切な言葉です。英語の綴り「Supply Chain Management」から、「SCM」と略されることもあります。

「SCM」は日本語でいうと、「供給連鎖管理」のことです。
意味は、“資材の調達、生産、在庫管理、物流、販売といった一連のプロセスを、よどみなく流れるように再構築し、情報システムやソフトの活用などによって管理する手法”のことを言います。

従来は、サプライチェーンはひとつの企業の内部、もしくは子会社や関連会社の中で展開されていましたが、今では複数の企業間で効率のいいシステムが構築されている場合もあります。そのため、サプライチェーンマネジメントは複雑化しており、情報技術の活用が欠かせません。また、他企業との連携も関わるため、SCMは経営上の重要性も増しています。

SCMは、1983年にアメリカのコンサルティング会社が使いだしたビジネス用語であり、比較的新しいマーケティングの概念と言えます。

サプライチェーンマネジメントのプロセス

アメリカで様々な業界のSCMを研究するNPO法人:サプライチェーンカウンシル(SCC)がSCMのプロセスを5つに分けて定義しています。

1. プラン:生産、配送などを最適化するためにそれぞれの活動を計画。需要と供給のバランスを取る。
2. ソース:プランに沿って、モノやサービスの購入。
3. メイク:プランに沿って、モノを生産、製造する。
4. デリバリー:受注、配送、流通を含め、製品を顧客に提供する。
5. リターン:返品の受領や顧客サポートなど。

それぞれの業界には、一般的なモデルとなるサプライチェーンがありますが、企業間での競争が激化する今では、納期をいかに短くできるかがSCMの成功のキーになっています。

サプライチェーンマネジメントの例文

・サプライチェーンマネジメントは、企業のキャッシュフローの最大化を図ることもできる経営上、需要なマネジメントです。

・最新のSCMでは、インターネットを活用した販売ルートの拡大だけでなく、調達ルートも確保するのに活用します。