アジェンダの一般的な意味とは

アジェンダとは英語では「agenda」と書き、協議事項、議事日程、予定表等と訳されます。

英語では備忘録やスケジュール帳をなどを表す場合もあります。
語源はラテン語の「実行にうつされるべき事柄」からきています。

基本的に予定や計画と同じものと考えて問題ありません。
1992年にブラジルの地球サミットで採択された行動計画をアジェンダ21と呼びます。

日本では政治家が党の政策や政治課題をアジェンダと呼ぶようになり、マニュフェストに変わって使われるようになりました。
このことから、アジェンダという言葉が日本に広まったと考えられます。

アジェンダのビジネスシーンでの意味

ビジネスで使われるアジェンダの意味も基本的に変わりません。
予定や計画と同じ意味と考えておけば、ほとんど問題ないでしょう。

ただし、予定表という意味で使われるようにビジネスプランや会議の進め方などを決めた資料も、アジェンダと呼ぶ場合がありますので注意が必要です。
どちらも資料ということで「要約」という意味のレジュメと混同されることもあります。

元々の意味である「実行に移されるべき事柄」から意味の広がりを捉えておくことが大事です。

アジェンダの使い方と例文

「今回のアジェンダはこのようになります」
「今後のアジェンダを立てるために意見が聞きたい」
「明日の会議のアジェンダを作ってくれ」
資料や予定表などの資料を指すこともあります。場合によってはスケジュールを書いた手帳をアジェンダと呼ぶこともあります。
予定や計画が本来の意味ですが、予定が書かれた資料もアジェンダと呼ぶことを忘れてはいけません。