ボキャブラリー 意味とビジネスで使う場面

「ボキャブラリー」は日本語で言うと「語彙(ごい)」で、“ある範囲において使われる単語の総体、集まり”のことを言います。
「日本語のボキャブラリー」は、一般的には日本語の自分が使うことができる言葉の集まりのことを言います。使用するボキャブラリーが少ない、豊富であるなどと使います。

ビジネスにおいては、コミュニケーション能力のひとつとして、ボキャブラリーの豊富さが基本だと言われてます。

ビジネスでも大切なボキャブラリー

効果的な広告を打ちたいなら、見込み客を引き入れる魅力のある広告でなければいけません。
顧客からクレームを受けた時には、単純な謝罪の言葉だけでなく、誠意も伝えなければいけないでしょう。
部下に仕事を頼むのあれば、より積極的に取り組んでくれるような響く言葉で伝えるべきでしょう。
交渉や説得も、ボキャブラリーがなけれなければスムーズには進まないかも知れません。

ボキャブラリーの豊富さは、ビジネススキルのひとつになります。

ボキャブラリーを増やす方法

■言葉に敏感になる
ボキャブラリーを増やすには、まずは聞くこと、敏感になることが大切です。赤ちゃんが話せるようになるために、母親の言葉を一生懸命聞くのと同じです。
しっかりと言葉を聞いて、知らない言葉、知っているけど使わない言葉、意味が分からない言葉などを気に留めるだけでも、ボキャブラリーは増えていきます。そうすれば、表現の方法も増えていきます。

■便利な言葉は使わない
いい例が「ヤバい」で、この言葉ひとつで“美味しさ”から“危機”、“かっこよさ”までも表現してしまいます。しかし、便利ですがこの言葉でしか表現できないと、画一的で決して魅力的には響きません。「ヤバい」をその場その場で違う言葉に置き換えるようにしましょう。
ビジネスでは、人の心を惹きつけることが大切です。ボキャブラリーを増やして、豊富な相手に合わせた表現をつかいましょう。

■活字に触れる
本読む習慣をつけたり、わからないことは、ウェブでもいいので辞書で引いてみたり、目から言葉に触れるのも、ボキャブラリーを増やすにはいい方法です。
ひとつの言葉を調べると、そこからまた別な言葉を調べたくなる疑問の連続かも知れません。繰り返し調べるのも、ボキャブラリーを増やすのに大切です。

ボキャブラリー例文

・営業職のビジネスパーソンにとって、相手に合わせたボキャブラリーの選び方が大切です。

・小型の国語辞典のボキャブラリーの量は、6万~10万語程度と言われています。