パトロンの一般的な意味とは

パトロンとは、音楽や美術の世界で古くから使われている言葉です。今でも、古い時代と同じく、パトロンの一般的な意味は、後援者や支援者のことをさしています。

金銭的な援助や支援のことだけでなく、人脈やひきたてのことなども広く含んでいます。パトロンの支援のための行為全般は、パトロネージュといわれます。

職業としての音楽家や美術家が成り立たなかった古い時代には、パトロンが音楽・美術界の発展に大きく貢献していたといえます。

また、この時代のパトロンは、支援活動などを政治的、社会的な貢献として、また別な場面で自分自身に有利なように利用していました。

一般的なパトロンの意味から派生して、今では、異性に金銭的援助をする人という意味で使われることも多くあります。

パトロンのビジネスシーンでの意味

ビジネスシーンでは、レストランや旅館などの常連さんやお得意様を「パトロン」ということもあります。

また、大きな非営利団体などでは、影響力のある人物を「パトロン」と位置づけ、団体などの信用性を高めたり、知名度を上げたりするのに利用することもあるでしょう。

主人、経営者や雇い主のことを「パトロン」ということもありますが、一般的ではないでしょう。

パトロンの使い方と例文

「パトロン」は、基本的には“支援者”の意味ですが、使われるシーンでニュアンスが違うので、注意しましょう。

ゴッホのパトロンは、弟のテオだった。

 

今日はパトロンの予約があるので、支配人が対応する。