この記事では「lmao」の意味や使い方について解説いたします。

ネット上などで度々見かける表記ではありますが、その意味や使い方についてはよく分かっていないという人もいることでしょう。

そこで今回は「lmao」の意味や例文、「lmao」から派生した言葉やネットスラングも合わせてピックアップしました。

この記事を通して「lmao」への理解が深まれば幸いです。

「lmao」の意味

シェア
「lmao」は「laughing my ass off」の頭文字をとって作られた言葉で、発音は「ラフィング マイ アス オフ」です。

「大笑いだ」や「大爆笑だ」のように、面白いことがあった際に使われます。

直訳すると「尻がもげるほど笑う」という意味ですが、主に「大爆笑」や「笑い転げる」といった意味で使われることが多いです。

「lmao」は日本語だと「(笑)」や「ワロタ」、「w」や「草」に相応するもので、笑っていることを示すネットスラングの一つだとされています。

「w」は「笑い(warai)」を略したものであり、「w」の文字が草に見えることから「草」と表現されることも少なくありません。

日本では「(笑)」や「ワロタ」、「w」や「草」などのネットスラングが主流です。

海外では「lmao」や後述するネットスラングがよく用いられますが、「lmao」はあまり品が良くない言葉だとされています。

「lmao」の例文

「lmao」を使った例文としては、次のようなものが挙げられるでしょう。

I’m lmao !(大爆笑している!)

何かしらおかしなことがあって大笑いしていることを表したい時に多用される表現です。

例えば友達とチャットしている時に面白いことがあった場合、その様子を端的に表現することができるでしょう。

LMAO ! That is so funny !(爆笑した!それはすごく面白い!)

上記のように、「lmao」は「LMAO」と大文字で表されることもあります。

友達の面白いエピソードなどを聞いて笑ってしまった際などに使われることが多いでしょう。

lmaoから派生した「lmfao」「lmaooo」とは

パラダイムシフト
海外では「lmao」以外にも様々なネットスラングがあります。

「lmao」から派生したネットスラングでは、「lmfao」や「lmaooo」などが代表例です。

「lmfao」は「laughing my fucking ass off」の略で、「大爆笑」などといった意味で使われます。

「fucking」が入っているので汚い表現であり、ビジネスの相手や親しくない友人に対しては使わない方が無難です。

ただしここでの「fucking」は強調の意味しかないので、「laughing my ass off」の略である「lmao」と意味はほとんど変わりません。

「fucking」は刺激的な言葉ですが「ass」も汚い表現である為、「lmao」も「lmfao」もフォーマルな表現とは言えないでしょう。

親しい友人との間だけで使うのが望ましいです。

なおアメリカのエレクトロホップデュオである「LMFAO」(エルエムエフエーオー)のグループ名は、ネットスラングの「lmfao」に由来しています。

また「lmaooo」は「lmao」の語尾を伸ばして強調している表現で、「大爆笑」や「クソワロタ」などといった意味です。

日本でも「w」を伸ばして「www」などとすることで、その面白さを強調する表現が見られます。

「lmao」や「lmfao」などと同様、あまり品が良い言葉ではありません。

ゲーム用語やネット用語などではよく使われますが、使う場面には注意した方が良いでしょう。

「lmfao」「lmaooo」の例文

「lmfao」や「lmaooo」の例文としては、以下のようなものが考えられるでしょう。

This comic was so funny. I’m lmfao !(この漫画、とても面白かったよ。大爆笑だ!)

上述のように、「名詞+be動詞+lmfao」の形で使われているのを見たことがあるかもしれません。

その際は「笑う」や「大爆笑する」といったニュアンスで形容詞のように用いられます。

LMAOOO ! This is so awesome !(大爆笑!これは最高だ!)

「lmaooo」や「lmao」、「lmfao」などのネットスラングに決まったルールはありません。

その為大文字のみ、小文字のみ、混在など様々な記載方法が見られますが、意味は同じです。

「笑い」「笑う」を意味するlmao以外のネットスラング

大雑把な性格の人ってどんな人?特徴とポイント 付き合い方の解説
「笑い」や「笑う」を意味する海外のネットスラングは、「lmao」以外にも複数存在します。

この項目では、その中でもよく見られるものを4つピックアップしました。

なお以下に取り上げたもの以外にも、「brb」や「omg」、「wtf」や「asap」など様々なスラングがあります。

どんな意味の言葉なのか、調べてみても面白いかもしれません。

「lol」

「lol」は「laughing out loud」の略で、笑いを表す最も一般的なものです。

そのまま「エルオーエル」、もしくは続けて「ロゥル」と発音します。

海外で使われる笑いのネットスラングの中では、最も有名なものの一つだといっても過言ではないでしょう。

「lul」

「lul」は先述の「lol」が変化した形で、意味に変わりはありません。

「lul」は小文字で書かれることが多く、嘲笑や皮肉を含んだ笑いを表現する時に使われます。

「lolz」

「lolz」は「lol」の複数形で、複数形「lols」が転化して「lolz」になりました。

「lol」の複数形なので、これも嘲笑や皮肉を含んだ笑いを表現する際に使われます。

「rofl」

「rofl」は「rolling on the floor laughing」の略で、直訳すると「床を転げながら笑う」です。

平たくいうと「大爆笑」を意味し、「lmao」と合体させた「roflmao」という派生語もあります。

まとめ この記事のおさらい

「lmao」は「laughing my ass off」の頭文字をとって作られた言葉で、「大笑いだ」や「大爆笑だ」のように、面白いことがあった際に使われる

・「lmao」は日本語だと「(笑)」や「ワロタ」、「w」や「草」に相応するもので、笑っていることを示すネットスラングの一つだとされている

・日本では「(笑)」や「ワロタ」、「w」や「草」などのネットスラングがよく使われる

・「lmao」から派生したネットスラングでは、「lmfao」や「lmaooo」などが挙げられる

・「lmfao」は「laughing my fucking ass off」の略、「lmaooo」は「lmao」の語尾を伸ばして強調している表現で、どちらも「大爆笑」や「クソワロタ」などという意味で用いられる

「lmao」や「lmfao」、「lmaooo」はいずれも品がない表現だとされており、フォーマルな場面では使わない方が良い

・ネットスラングに決まったルールはないので大文字のみ、小文字のみ、混在など様々な記載方法が見られるが、いずれの表現方法であっても意味はほとんど変わらない

・「笑い」や「笑う」を意味する「lmao」以外のネットスラングとしては「lol」や「lul」、「lolz」や「rofl」といったものが存在する