リクルートエージェントの面談で何を話すのかわからないと「面談を受けたくない」と思ってしまう人も多いでしょう。

さらに現在は新型コロナウイルスの影響もあり、対面面談が躊躇われているのも事実です。

そこで今回は、リクルートエージェントの面談について詳しくご紹介!
実際の口コミや面談方法・話す内容を徹底解説します。

また対面面談だけでなく、オンラインや面談についても言及。
リクルートエージェントの面談について悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

リクルートエージェントの評判や口コミについてはコチラをご参照ください。
リクルートエージェントは評判悪い?特徴を利用者の口コミから暴いてみた

 

リクルートエージェントの面談を受けた人の感想

以下では、実際にリクルートエージェントの面談を受けた方の口コミを紹介しています。

とても丁寧なサポート

最初の面談時に、エージェントの方が自分のことをしっかり理解してくださったので、自分の意図にあった企業だけを提示していただけました。

また実際に受けるとなった際には、面接サポートや企業情報をいただけたおかげで面接時に自分が伝えたいことを伝えることができました。

かばくん さん 28歳

信頼できたキャリアアドバイザー

在職しながら転職活動をしていて、主に夜や休日に面談や連絡をしていたのですが、しっかりと対応いただいて安心して転職活動ができました。

アシスタントの方とうまく引き継ぎ連携していらして、急な対応もしていただいたこともあります。

対応力でとてもカバーしていただき、今の仕事に就くことができたので、感謝しています。

ナイトウ さん 35歳

丁寧な対応と模擬面接が良かった

登録してすぐに1~2時間程度面談をしていただき、面接前後には定期的な求人の紹介の連絡を頂きました。

面接の前には別の担当者による本番を想定した模擬面接をしていただき、本番でも緊張せず望むことができました。

他のエージェントと比べても満足の行く対応でした。

kok さん 30代

口コミでは、面談で親切な対応を受けられたという声が多く挙がりました。
さらに大手なので、安心感を持って会話できるとの意見も。

転職エージェントの面談が初めてで不安がある方でも安心して受けられますよ。

リクルートエージェントの面談の流れは?

リクルートエージェントの面談の流れは以下。

  1. 予約や申し込みをする
  2. 事前に履歴書・職務経歴書を送る
  3. 面談をおこなう

面談に行くまでの流れとなりますので、流れに従って予約してみましょう。

また面談費用は無料ですので、安心して挑戦することが出来ます。

①事前予約や申し込みをする

まずはリクルートエージェントの公式HP内にある申請フォームから予約申し込みをしましょう。

トップページを下にスクロールすると、以下の画面が出てきます。

リクルートエージェント期待すること(引用:リクルートエージェント公式HP

入力フォームをクリックし、希望条件を選択
カテゴリー別に入力項目が出てくるため、わざわざ打ち込む必要はありません。

プロフィール画面(引用:リクルートエージェント公式HP

次はプロフィール入力画面に進み、氏名や生年月日など基本情報を記載して完了です。

入力後は転職エージェントから電話やで連絡が来るので、面談日の日程を決めてください。

その際に対面面談か電話面談かを決めていくことになります。
※対面や電話面談については後述で詳しく記載。

②履歴書・職務経歴書を送る

メール等で転職エージェントに履歴書や職務履歴書・希望職種などの情報を送りましょう。

面談前に送っておくことで、当日スムーズに進めることが出来ます。

また転職先についてまだ決まっていない場合は、軽くでも希望条件を挙げるとエージェント側が適した仕事をピックアップしてくれるでしょう。

事前に履歴書・職務経歴書を送ることで、効率よく面談を進めてください。

③面談をおこなう

リクナビエージェント面談の流れ当日は下記のような流れで面談をおこないます。

  1. 自己紹介
  2. 今までのキャリアを確認
  3. 今後のビジョンの確認
  4. 転職先の相談
  5. 求人の紹介

面談は平均的に1~1.5時間くらいが目安となっています。

相談内容や状況によって時間が前後する可能性もあるので、当日は時間に余裕をもって行きましょう。

その後のビジョンが決まったら、履歴書や職務経歴書の添削・模擬面談を受けることもできます。

また気が変わり途中で面談が不要だと感じたら、中断することも可能です。
自身にエージェントの利用が必要か判断するためにも、一度話を聞いてみましょう。

面談方法は「対面面談」と「電話面談」の2つ

対面面談と電話面談面談には以下2つの方法があります。

  • 対面面談:本社・支社で直接面談をおこなう
  • オンライン・電話面談:好きな時間・場所からオンライン・電話でおこなう

ただし現在は新型コロナウイルスの影響もあり、対面での面談は全面的に中止となっています。(2020年11月現在)

これから面談を受ける方は、電話やアプリ・メールを使用したオンライン面談が主流になるでしょう。
支店にもよりますが電話面談は土日祝日も対応してる場合があるので、都合に合わせて受けることが可能です。

「人見知りだから対面がイヤ」「支店が遠くて行くのが大変・・・」という方でも、ハードルが低く挑戦しやすいでしょう。

リクルートエージェントの面談前に確認すべきこと

リクルートエージェントの面談に行く前は、以下を確認しましょう。

  • はフォーマルな私服かスーツ
  • 面談に持っていくべき持ち物

上記を準備していけば、初めての面談でもつまずくことはありません。

安心して臨むためにも、しっかりと用意して向かいましょう。

服装はフォーマルな私服かスーツ

リクルートエージェント面談の準備面談時の服装は私服で構いませんが、なるべくフォーマル・オフィスカジュアルな服装が好ましいです。

もし悩んだら、実際の面接のようにスーツを着ていけば問題ないでしょう。

また面談中に資料を可能性があるので、大きめのカバンやファイルを持参しておくと安心です。
面談は第一印象が大切ですので、過度な露出や華美すぎる髪色はエージェントの印象を悪くしてしまいます。

今後の活動をスムーズに進めるためにも、服装や身だしなみは整えておきましょう。

面談に持っていくべき持ち物

面談の際には、以下3つを持参しましょう。

  • 履歴書・職務経歴書
  • 希望職種のメモ
  • メモ帳・筆記用具

リクルートエージェントの公式HPで特に指定はありませんが、エージェントによっては顔写真が分かるものを指定されることも。

事前に履歴書・職務経歴書を送っているものの、念のため手元に揃えておくと緊張せずに済みます。

また話が進めば履歴書や経歴書の添削・求人の紹介・応募にも繋がりますので、メモ帳や筆記用具は必ず持っていきましょう。

リクルートエージェントの面談場所は?

基本的には全国の支店で面談が可能なので、自宅付近に支店があれば直接面談に行くことができます。
※現在は感染で対面面談を実施していない場合がありますのでご注意ください。

全国に支店を持っているリクルートエージェントの支店は下記の通りです。

リクルートエージェント支店

もしお近くに支社がない場合でも、オンライン・電話面談で受けられるため安心してください。

事前に何時まで受付しているのか確認すると、よりスムーズに進められるでしょう。

リクルートエージェントの面談で注意するポイント4つ

転職エージェントと面談する際は以下の点に注意しましょう。

  • 経歴を素直に話す
  • 遅刻は基本NG
  • アピールをまとめる
  • 名刺交換はしない

上記を意識するだけで転職エージェントとの関係はもちろん、面談自体も効率よく進めることが出来ます。

経歴を素直に話す

転職エージェントには「なぜ転職したいのか」素直な理由を話しましょう。
前職・現職の退職理由は、面談に限らず企業の面接でも必ず聞かれることです。

中にはのトラブルや体調面・の問題など、ネガティブな理由なこともあるでしょう。

ただしエージェントはプロなので、上手く伝える方法や転職理由に配慮した案件を紹介してくれます。

もし嘘の経歴を話すとその後の伝達不足で求人紹介が上手くいかなくなる可能性もあるため、嘘の理由でごまかすのは絶対にやめましょう。

遅刻は基本NG

面談の注意点社会人の鉄則ではありますが、遅刻は厳禁です。
対面面談の場合、目安5~10分前には本社・支店に到着しているようにしましょう。

遅刻をすると社会人スキルがないと思われ、良い案件を回してもらえないことも。

とはいえ働きながら転職活動をしていると、どうしても間に合わないこともあります。
事前に遅れそうだと思った場合は、必ず転職エージェントに一言連絡しましょう。

またオンライン・電話面談では場所を選ばずに実施できるので、遅刻のリスクを減らせるメリットがあります。

どちらの方法にせよ、時間に余裕をもって行動することが大切です。

アピールポイントをまとめる

自身のセールスポイントをまとめておき、明確に話せるようにしておきましょう。

しっかり話せれば転職エージェントに熱意が伝わりやすく、印象も良くなるはずです。

また説明が難しい場合は、職務経歴書を見ながらスキルをまとめておくのも一つの手。

自分の売り出し方も、リクルートエージェントとの面談では重要なことです。

名刺交換はしない

名刺交換はマナー違反リクルートエージェントに限ったことではありませんが、エージェントに現職の名刺を渡す行為は避けましょう。

転職エージェントには個人として来ているので、会社を背負った名刺を渡すのは常識外れ。
転職エージェント側からすると、マナー違反の行動に当たります。

エージェントから名刺を受け取ることはあっても、自分の名刺を出す必要はありません。

リクルートエージェントの面談に関するQ&A

Q.面談をキャンセル・無視してもいいですか?

特別な事情があったり面談を不要だと感じたら、リクルートエージェントの面談を断っても構いません。

その際は電話やメールからその旨を伝えれば、キャンセルできます。

ただし止むを得ない理由がない限り、当日中のキャンセルや電話の無視は最低限のマナーとして避けるべきでしょう。

基本的に面談は日程変更できますので、都合が悪くなった際は相談してみてください。

Q.面談したら転職しないとダメ?相談だけでもいいですか?

リクルートエージェントの面談に行っても、必ず転職しないといけないわけではありません。

自身の転職について転職エージェントと相談するだけでも大丈夫です。

現在の経歴を洗いつつ、今後のビジョンを話していく中で転職すべきか判断しましょう。

Q.一度辞めても再登録・再面談できますか?

リクルートエージェントでは、再登録・再面談が可能です。

ただしその場合は面談を2回おこなうことになり、再度情報を伝える必要があるため少々手間がかかります。

再登録・再面談は大変さを理解した上で検討してください。

Q.登録しても面談なし・断られることはありますか?

リクルートエージェントの面談を断られる特徴正直に申し上げると、下記に当てはまる方は登録していても断られる可能性があります。

  • 年齢が高すぎる
  • 転職歴が多い
  • 前職を一年未満で辞めている
  • フリーターや非正規歴が長い

上記のような方は、エージェントから「転職先を紹介できない」「長続きしない」と判断されてしまうことも。

もし面談をしない・断られる場合は、他の転職エージェントか転職サイトを利用する必要があります。

大手の転職サイト・エージェントなら幅広い業界・多くの求人を持っているため、他に自分にあったところを探してみてください。

リクルートエージェント以外の転職エージェントは以下で紹介しています。
本当におすすめの転職エージェントランキングBEST7!年代別おすすめや転職成功のコツも

転職サイトについて気になる方は以下記事をご覧ください。
【2020年最新】転職サイトでおすすめはどれ?本当に選ぶべきところを年代・職業・特徴別で紹介します

事前に準備して円滑に面談を進めていこう

初めての面談には不安がありますが、事前に準備しておけば全く問題ありません。
現在は感染対策の問題で対面面談ができませんが、オンラインや電話面談なら可能です。

またリクルートエージェントのように大手のエージェントであれば、尚更安心して相談できるでしょう。

転職活動を進めるためにも、まずリクルートエージェントの面談で相談してみてください。

下記の記事では、全般的な転職エージェントの面談について詳しく解説しています。
転職エージェントとの面談で求人案件の質が決まる!?話す内容や準備しとくべき物を紹介