これから転職をお考えで、転職サイトの利用を決めている方は多いのではないでしょうか。

とは言え最近は様々な転職サイトが展開されているので、どれが自分に一番合っている転職サイトかわからないというお悩みもあるはず。

そこで本記事では数ある転職サイトを比較し、皆様の代わりに年代や職業ごとに転職サイトをまとめました。

前向きに転職を検討している方はもちろん、ゆくゆくは転職したいから求人を確認したいという方も必見です。

面接対策などのサポートがある転職エージェントをお探しの方は以下をご覧ください。
>>本当におすすめの転職エージェントランキングBEST7!年代別おすすめや転職成功のコツも

※本記事で紹介する転職サービスの中には、「エージェント型の転職サイト」も含まれています。

\イチオシサイトはこれ!/ 
【doda】

dodaのLP(引用:doda公式HP

dodaは登録者数約576万人と、大手の人気転職サイトです。※2020年9月末時点

およそ10万件以上の求人を保有しているので、希望の転職先に出会える可能性が高いでしょう。

また通常転職サイトは自分で転職活動を進めるものですが、dodaではエージェントサービスも展開。

希望すれば非公開求人の紹介や転職サポートを受けることも可能です。

全ての機能が無料で使えるので、転職を検討している方はぜひ利用してみてください。

\わずか4分で登録完了/
≫dodaに登録する≪

以下ではdodaの評判について詳しく解説しています。
>>dodaの評判は本当に最悪?利用者50人の口コミをもとに暴露と特徴を総まとめ

目次

合わせ使いが効果的!全員におすすめ転職サイト2選

年代や職業に限らず、転職活動を行うすべての人が使うべき転職サイトはリクナビネクストとdodaです。

幅広い職種と充実した求人数で、若い方からベテラン層まで全ての人のニーズを満たしています。

【リクナビネクスト・doda比較表】

リクナビネクスト・doda比較テーブル

どちらも大手で高評価の転職サイト。
しかし片方のみの登録だと、取扱い求人の違いから以下のような心配事が否めません。

  • 職種よって取扱い求人数にばらつきがある
  • 求人件数は時期や景気でも変動する
  • 独占・非公開の優良求人を逃してしまう

これらの不安要素の解消には、リクナビネクストとdodaの同時登録がおすすめです。

2サイト登録すれば求人の選択肢が一気に増え、時期や職種による求人数の不安が解消されるでしょう。

以下では優良企業の限定求人が豊富なリクナビネクストと、充実の求人数が魅力のdodaの特徴を詳しくご紹介。

それぞれの特色を理解して、賢く活用して下さい。

1.限定求人が豊富なリクナビネクスト


リクナビNEXTのLP(引用:リクナビNEXT公式HP

1つ目は株式会社リクルートキャリアが運営する「リクナビネクスト」です。

【リクナビネクストの基本情報】

  • 求人数:44,000件以上
  • 利用者層:20代〜35歳
  • 拠点:東京
  • 主な職種:(デザイナー、エンジニア、営業、事務、公務員)

【リクナビネクストのおすすめポイント】

  • 優良企業が多数
  • スカウト機能が利用可能
  • 転職バレが防げる
  • アプリの使い勝手がいい
  • グッドポイント診断で強みがわかる
  • ずっと無料で利用可能

他の転職サイトよりも特に優れている点は「優良企業が多い」こと。

リクナビネクスト独自の観点から、労基法をはじめとした数々の基準を満たしている求人しか掲載していません。

「ブラック企業は絶対避けたい」という方でも安心して求人を探せるでしょう。

また転職活動を行っていることがバレない機能「レジュメ公開ブロック」があり、自分の勤務先に隠せるのも大きな利点。

30分で行える「グッドポイント診断」という本格診断で、企業にアピールできる強みを把握できるのもリクナビネクストの強みです。

【リクナビネクストを最もおすすめしたい人の特徴】

  • 自分の強みを知りたい
  • 転職活動がバレたくない
  • 転職サイトを無料で利用したい
  • ブラック企業を避けたい

>>リクナビネクストで転職活動を始める!

リクナビネクストの評判や口コミが気になる方は以下ページもチェックしてみてください。
>>リクナビネクスト(リクナビNEXT)の評判が気になる人必見!口コミや特徴をまるっと解説

リクナビネクストを利用した人の口コミ

限定求人が豊富

皆さん、複数の転職サイトを併用していると思いますが、リクナビネクストはメインとなる素晴らしいサイトです。
いろいろと理由はありますが、なんといっても、外のサイトには掲載されていない、リクナビネクスト限定の求人が多数を占めているということが挙げられます。
ここでしかお目にかかれない求人が多くあるので、利用しない手はありません。

スッチー 31歳

転職サイトはまずリクナビNEXTから

私も転職経験があり、特に最初の新卒のときにリクナビを利用していたこともあり、当たり前のように使えます。
やはりリクルートは大手の実績がある企業で、とにかく求人数や情報量が多く、他社とはまるで違います。
転職するにあたって、様々なワードやマッチの可能性を提案してくれるので、自分の要望や武器になる経歴なども明確にできます。
漠然とした転職のイメージから、はっかりと自分がどんな会社に転職したいのかが、よくわかります。
転職する際に必要なな情報や知識なども豊富で、新卒とは異なることを広く深く理解できます。
転職するなら、とりあえずリクナビNEXTと言っても過言ではないと思うクオリティの高さです。

すてっぷ 31歳

求人が多く、安心して利用できる転職サイト

2回転職を経験しましたが、どちらもリクナビNEXTを利用しました。
求人数が多く、掲載されている企業は大企業も多いため、自分の希望の求人を見つけやすく、「リクナビに載っている企業なら!」という安心感があります。

なつみ 30歳

信頼して利用できました

長年の運営実績がある大手の会社さんが運営するサービスなので信頼して利用できるのは何よりの頼もしいポイントでした。担当者さんも親身な方ですし、求人の勤務体制など詳細に紹介されているので、しっかりと見極めることができました。

いいだ 29歳

プロフィール履歴書管理が便利だった

転職は3回目でした。2回目と3回目の転職でリクナビnextを利用しました。7年間が空いていたのですが、アカウントがそのまま残っていて2回目に書いた履歴書も残っていました。

過去の自分を振り返って、7年間の棚卸しができた瞬間でした。

2019年の転職者 35歳

2.充実の求人数が魅力的なdoda

dodaのLP(引用:doda公式HP

2つ目に紹介するのはパーソナルキャリアが運営する「doda」です。

【dodaの基本情報】

  • 求人数:10万件以上
  • 利用者層:利用している人の80%が40歳未満(10代も可)
  • 拠点数:全国に12社
  • 主な職種:(IT系、メーカー、サービス、金融、メディカル)

【dodaのおすすめポイント】

  • 転職フェアなどのイベントが充実
  • 求人数が多い
  • アプリが使いやすい
  • 無料のエージェントサービスがある
  • クリエイターやエンジニアの転職に強い

「doda」の強みは、ズバリ「転職フェア」などのイベントが充実していることです。

転職フェアは転職希望者のために開催される「合同説明会」のことで、3日間で300社以上の企業が出典するイベント。※東京開催の場合

採用担当者と直接話せる機会ができるので、より転職先の雰囲気が掴みやすいです。

求人数も10万件以上と十分で、特にIT系やクリエイター向けの求人が多いのも特徴。

またdodaには転職サイトでありながら無料のエージェントサービスもあるので、履歴書の書き方や面接時の不安などを解消してくれます。

【dodaを最もおすすめしたい人の特徴】

  • 転職先がIT系やクリエイター向け
  • 豊富な求人の中から選びたい
  • エージェントによるサポートを受けたい
  • イベントを活用して効率よく転職活動を行いたい

>>dodaで転職活動を始める!

dodaを利用した人の口コミ

敷居が高くない

この手のほかのサービスの場合、自分には敷居の高い、要は大企業の求人が多く掲載されているものがあり、正直見ていて疲れます。
一方、dodaの場合は、中小企業の求人も多く掲載されているため、ストレスフリーで転職活動を続けていくことができました。

さとう 31歳

求人がたくさんあって便利!

転職を行うにあたってどのような方法で転職をしようか迷っていましたが、インターネットの広告と友人からの口コミからこちらの「doda」を利用することにしました。
ホームページの印象としてもとてもわかりやすく利用しやすいと思いましたし、また新着の求人が多く、求人を探している人にはもってこいの転職エージェントであると思います。
実際に利用した感想としても非常に利用しやすく、職種や勤務地、その他詳細条件などから事細かに自分に合った求人を探すことができることが便利でした。
複数の転職エージェントを使用する上での1つの候補として入れたら良いと思います。

ひとし 27歳

丁寧な転職サポートを実施してくれたので大満足

ネットワークエンジニアとして別の企業で仕事をしたいと思い、dodaを利用させていただきました。
dodaは大手IT企業だけではなく、中小IT企業の求人を多く取り扱っているので大変助かりました。
またエージェントサービスを利用したのですが対応してくれたコンサルタントがとても優秀で、スムーズな転職活動を実施できたのがよかったです。
東京の本社で非公開求人の紹介だけではなく、履歴書や職務経歴書のチェックや面接対策などを実施してくれたため、短期間で転職完了できました。
定期的にメールも送られてくるので、現状どのような状況なのか伝えていき、コミュニケーションを取りやすかったです。

りーざ 36歳

サイトがわかりやすい

求人の多さ、検索のしやすさなど大手のサイトなだけあって、満足できるものです。サイト内の「転職ノウハウ」や「転職Q&A」といったコーナーは、特に初めて転職する人は見ておいた方が良いような情報が親切に記載されてあり、便利です。

sh 35歳

求人数が豊富

IT系の専門的な求人など求人数も多いのでよく吟味した上で自分にあった求人を見つけやすいのは嬉しいポイントでした。転職セミナーなど色々なイベントが定期的に開催されているのも無知な自分にはありがたかったです。

はらたに 30代

年代別おすすめ転職サイト

ここからさらに細かく分けていき、年代別におすすめできる転職サイトを紹介します。

  • 20代なら有名でかつ求人数の多い転職サイト
  • 30代ならスキルや資格が必要な専門職重視
  • 40代以上なら年収・経験の豊富さを重視

それぞれの特徴を把握しつつ、年代に会った転職サイトを選びましょう。

20代・30代におすすめ転職サイト3選

20代・30代におすすめ転職サイトの選び方

20代・30代の年齢層の人は以下の3つがおすすめ。

  • リクナビネクスト:初めての転職ならまず登録
  • doda:優れたバランスの転職サイト
  • マイナビジョブ20’s:20代をはじめとした若年層の転職に強い

どれも求人数が多く、専門職に対する求人も豊富に扱っています。

また転職条件が「フリーターから正社員を目指す」など他の転職サイトよりもゆるいので、業種未経験やフリーターの方にもおすすめです。

リクナビネクスト【初めてならとりあえずこれ】

リクナビNEXTのLP
(引用:リクナビNEXT公式HP

リクナビネクストは優良企業が多いため、初めて転職活動を始める方やブラック企業を絶対避けたい人におすすめです。

特に20代の方はどれが良い企業かの判断が難しいと思うので、初めから優良企業の多い転職サイトを選ぶと転職活動に失敗するリスクを減らせるでしょう。

また上述しましたが、転職条件がゆるいのも社会人経験の浅い20代の方に向いている理由の一つです。

>>リクナビネクストで転職活動を始める!

doda【バランスの優れた転職サイト】

dodaのLP
(引用:doda公式HP

dodaは求人数が多くIT系やクリエイター系の職種も豊富なので、ある程度スキルを備えた30代の方にピッタリです。

転職フェアなどのイベントで企業の雰囲気を掴むことができますし、2回目以降もう失敗したくない方にもおすすめできます。

もちろん専門的なスキルのない20代前半の方でも、エージェントのサポートは充実しているので登録して損はありません。

>>dodaで転職活動を始める!

マイナビジョブ20’s【20代に特化した転職サイト】

マイナビジョブ20LP(引用:マイナビジョブ20’s公式HP

マイナビジョブ20’sはその名の通り20代に特化した転職サイトです。
(※20代以外は利用できません。)

求人数は1,500以上と先に紹介した2つの転職サイトには劣りますが、転職先定着率96.8%(*1)を記録したことも。※1・2018年10月〜2019年9月末まで

「転職活動はこれっきりにしたい」「次の職場では長く続けたい」方におすすめです。

また募集条件はほぼ「未経験OK」なので、既卒や第二新卒・フリーターの方でも問題なく利用できるでしょう。

>>マイナビジョブ20’sで転職活動を始める!

転職活動をおこなう30代の方は以下記事も要チェックです。
>>30代におすすめの転職エージェントを徹底比較!女性・未経験向けなど特徴別にも紹介

40代・50代におすすめ転職サイト3選

40代・50代におすすめ転職サイトの特徴解説

40〜50代の方は以下をはじめとした自分のキャリアに合った転職先を用意している転職サイトを選びましょう。

  • キャリアがあるから高年収求人を取れる
  • マネジメント能力を買われ上の役職へ転職
  • すでに持っている資格やスキルを使える

当サイトでのおすすめは以下の2つで、いずれも経歴を重視した求人が数多くあります。

  • doda:高年収な管理職の求人も豊富
  • キャリアカーバー:ハイキャリアを狙う40代・50代向け
  • FROM40:40代以上に特化した転職サイト

それぞれ40代・50代におすすめの理由があるので、以下で詳しく解説します。

doda【高年収な管理職の求人が豊富】

dodaのLP
(引用:doda公式HP

dodaは10万件以上の求人のうち、管理職向けの求人が7,000件前後とかなり豊富。

管理職の年収は600万円前後と一般社員よりも高年収なので、ある程度の経験を積んできた40代以上の方で年収アップを目指す方におすすめです。

もちろん40代以上で未経験OKの求人もあるので、ミドル世代からの新しい職種への挑戦にも応えてくれます。

>>dodaで転職活動を始める!

キャリアカーバー【ハイキャリアを狙うならここ】


キャリアカーバーLP
(引用:キャリアカーバー公式HP

キャリアカーバーは年収800万円以上の求人を多く扱うハイキャリア向けの転職サイトです。

最初から役職が高い案件も豊富にあるので、40代~50代の転職にはピッタリでしょう。

またキャリアカーバーでは、経歴をみたヘッドハンターからスカウトを受けて転職を進めます。

在職中で忙しい場合も気軽に利用できるので、高収入を狙う40~50代の方は注目すべき転職サイトです。

>>キャリアカーバーに登録してみる!

キャリアカーバーについて更に詳しく知りたい方は以下記事も併せてご覧ください。
>>キャリアカーバーの評判は悪い?口コミからおすすめのポイントと注意点を解説!

FROM40【40代以上に特化した転職サイト】

FROM40 LP(引用:FROM40公式HP

FROM40は、その名の通り40代以上の方に特化した転職サイトです。

「40代以上応援」と記載されている求人が多いので、年齢を気にすることなく転職活動を進められます。

またスカウトサービスを利用すれば、年収600万円以上の高年収向け求人を紹介してもらえる可能性も。

「そうだんドットミー」という転職やキャリア全般に関する悩み祖談ができるサービスもあるので、40代以上で転職が初めての方でも安心して利用できるでしょう。

>>FROM40で転職活動を始める!

40代向けの転職サービスをもっと知りたい方は以下も併せてご覧ください。
40代におすすめの転職エージェントをランキング形式で紹介!選ぶポイントや成功のコツも解説

特徴・ニーズ別おすすめ転職サイト

「女性ならではの悩み」「第二新卒ならではの悩み」
転職活動を行うにあたって、さまざまな悩みを持った方も多いはずです。

ここでは以上5つの特徴を持った転職サイトをそれぞれ紹介していきます。

女性におすすめの転職サイト2選

女性の転職では抱えるニーズを満たし、プライベートと仕事を両立できるような求人がある転職サイトを選ぶのが鉄則です。

  • リクナビネクスト:女性のキャリアアップを支援
  • 女の転職type:女性のための転職サイト

上記2つの転職サイトについて解説していきます。

リクナビネクスト【女性の転職特集がある】

リクナビNEXTのLP
(引用:リクナビNEXT公式HP

リクナビネクストには「女性の転職特集」のページがあり、女性のキャリアアップに力を入れています。

「育産休取得実績あり」など、結婚している女性の転職活動にも積極的です。

また扱っている求人も豊富なため、登録しておけば情報を多く仕入れられ転職活動を有利に運べます。

子育て中だけど転職しないといけない方への配慮や、残業少なめの求人など体への負担を減らせるのも嬉しいポイントです。

>>リクナビネクストで転職活動を始める!

女の転職type【女性の転職活動の定番】

女の転職type LP(引用:女の転職type

女性が転職活動行うときの定番と言っても過言ではない「女の転職type」。

女性の好きなアパレルやコスメの求人が多く、2020年オリコン顧客満足度では「転職サイト女性の部」で第一位を獲得しました。

またこれまでの経験が活かせる職場を探せる「いい仕事ミイつけよう診断」もあり、より自分に合ったお仕事と出会いやすくなります。

「育児と両立」「女性管理職有」など、女性に特化した検索条件も見逃せません。

>>女の転職typeで転職活動を始める!

女性におすすめ転職エージェントをもっと知りたい方は以下記事も要チェックです!

>>【2020年最新】女性におすすめの転職エージェントは?年代別での紹介や上手に使うコツも解説 

フリーター・未経験・ニートにおすすめ転職サイト2選

フリーターやニートの方は「社会人経験無し」や「未経験OK」の求人が多い転職サイトを選ぶべきです。

また履歴書の書き方や面接でのアピールが苦手な人も多いので、サポートがしっかりしているサイトを選びましょう。

  • doda:質の高いサポートでアシスト
  • リクナビネクスト:自分の強みを見つけられる

これからキャリアを積み上げる人は、まず上記2つの転職サイトを両方登録しておくのがおすすめです。

doda【サポートの質が高く安心できる】

dodaのLP
(引用:doda公式HP

dodaは無料のエージェントサービスが優秀で、転職活動において必要な履歴書や職務経歴書の添削・面接のサポートを行ってくれます。

また求人数は10万人を超えており、未経験可能な求人でも多くの選択肢から選べるのが魅力の一つ。

総合的に見ても社会人経験のない方にもってこいなので、転職したいと思ったらまず登録してみましょう。

>>dodaで転職活動を始める!

リクナビネクスト【自分の強みに気づかせてくれる】

リクナビNEXTのLP
(引用:リクナビNEXT公式HP

無料で履歴書・職務経歴書のダウンロードができるリクナビネクスト。
「履歴書をどういう風に書くのかわからない・・・」という方もこれなら一安心です。

またグッドポイント診断自分でも気づけなかった強みを見つけられるため、企業に堂々とアピールすることも可能。

「正社員になりたいけど何が向いているかわからない」なんて方は積極的に利用し、求人探しや自己PRに活かしてみてください。

>>リクナビネクストで転職活動を始める!

第二新卒におすすめ転職サイト2選

第二新卒は企業から「社会人を経験している」「マナーがある」と好印象を持たれやすいので、上を目指しつつサポートもある転職サイトを選びましょう。

  • Re就活:キャリアを見直したい方向け
  • リクナビネクスト:第二新卒向け求人が揃う

どちらも第二新卒に強い転職サイトなので、ぜひチェックしてみてください。

Re就活【20代向け転職サイト】

(引用:Re就活

20代・第二新卒向けの転職サイト「Re就活」。

webエンジニアや営業といった未経験歓迎の求人が多いので、新しい分野へ挑戦することが可能です。

また経歴や学歴により、欲しい人材だと思われたら企業から直接スカウトが届くことも。

早く転職をしたい方は、他の転職サイトと併用しながら効率良く転職活動を行いましょう。

>>Re就活で転職活動を始める!

リクナビネクスト【第二新卒専用ページ完備】

リクナビNEXTのLP
(引用:リクナビNEXT公式HP

リクナビネクストは幅広い職種をカバーしており、第二新卒専用の求人ページもあるのが特徴です。

「ワークライフバランス」か「スキル・キャリアアップ」のどちらを重視するかによって、自分に合った求人を絞り込むことができます。

「新しいことにチャレンジしたい」「次の仕事はプライベートとも両立させたい」という希望がはっきりとわかっている方向けです。

>>リクナビネクストで転職活動を始める!

第二新卒向けの転職エージェントを探してる方は以下記事も要チェックです!

>>第二新卒におすすめの転職エージェント・サイトを紹介!適切な選び方や利用するコツも解説

高収入向けの転職サイト3選

専門的なスキルやこれまでの経験・資格を生かし、高収入な就職先を探せる転職サイト。

  • doda:年収800万以上欲しい方向け
  • キャリアカーバー:年収アップの期待大
  • type転職:高みを目指せる転職サービス

今何か武器になるものを持っているなら、上記3つの転職サイトに登録してみましょう。

doda【年収800万以上を狙うなら】

dodaのLP
(引用:doda公式HP

dodaにも高年収求人が存在し、未経験やフリーターからでも年収800万円以上を狙える求人が多数あります。

具体的には「営業職」や「人事」などの職種です。

また「ヤフー株式会社」や「楽天株式会社」など誰もが知る企業の求人も保有。
大手企業でのキャリアアップを狙う方には、もってこいの転職サイトでしょう。

>>dodaで転職活動を始める!

キャリアカーバー【年収アップの期待大】

キャリアカーバーLP(引用:キャリアカーバー公式HP

キャリアカーバーでは大手有名企業の案件を豊富に保有しており、年収800万円以上の求人も多数あります。

年収アップを望む方やキャリアが豊富な方にはピッタリの転職サイトです。

またハイクラス向けの転職サービスは一部有料コンテンツになるサイトもある中、キャリアカーバーは全て無料で受けることができます。

ハイクラスに特化しているため、大手企業に勤めたいなら登録すべき転職サイトでしょう。

>>キャリアカーバーに登録する

type【高みを目指せる転職サービス】

type転職エージェントLP(引用:type転職エージェント公式HP

typeはエンジニアの転職に優れた転職サイトです。

掲載中の求人のうち半分以上が年収650万円以上の案件なので、エンジニアのスキルを持っていて高年収を狙う方なら登録して損はないでしょう。

また求人募集企業から直接連絡が来る「スカウト機能」もあるため、自分の適性にあった転職先を見つけるのも簡単です。

さらに「NTTドコモ」や「東レ」など、エンジニアを募集している大手企業が多いのも利点の一つです。

>>type転職エージェントで転職活動を始める!

type転職エージェントに関しては以下の記事でも詳しく解説しています。
>>type転職エージェントの評判が気になる人必見!口コミから特徴を一挙紹介

以下ではハイクラス向けの転職エージェントについてまとめています。
>>ハイクラス(エグゼクティブ)向けおすすめ転職エージェントベスト3!特徴別にも分けて解説

海外転職向けの転職サイト2選

海外への転職は国内で企業を探すより困難なため、一層転職サイトの利用が役に立ちます。

  • doda:海外特化の特集あり
  • カモメアジア転職:海外・アジアの求人豊富

自分に合った転職サイトを選び、理想の海外転職を叶えましょう。

doda【海外特化の特集あり】

dodaのLP(引用:doda公式HP)

dodaでは公開求人だけでも250件以上の海外求人を保有しています。

また求人紹介だけでなく、海外就職を叶えるための情報をまとめた特集も準備。

海外転職に特化したコンテンツは、英語力を生かせる・中国力を生かせるなど細かくわかれています。

海外転職に興味がある方はdodaの利用を検討してみてください。

>>dodaに登録してみる

カモメアジア転職【海外・アジアの求人豊富】

(引用:カモメアジア転職公式HP

カモメアジア転職は、リクルートが母体の海外・アジア向けの転職サイトです。
日本から応募できる企業を揃えており、2021年1月時点で1065件の求人を持っています。

またスカウトサービスが利用できるので、会社側からスカウトを受けることも可能です。
自ら応募するより合格率が上がるため、利用しない手はありません。

さらに中には求人探しを含め、アジア企業の動向や需要の調査として使う人も。

海外、特にアジアで働きたい方は利用すべき転職サイトと言えるでしょう。

>>カモメアジアを利用してみる

職業別おすすめ転職サイト

最後に職業別のおすすめ転職サイトの紹介です。

1つの職業に特化した転職サイトだとより高年収の求人や、待遇の良い求人を見つけることができます。

それぞれの特徴をしっかり把握し自分の目指すべき転職サイトを見極めましょう。

WEB・IT系職種におすすめ転職サイト2選

WEBやITの仕事を続けていると、残業・給与や新プロジェクトに参加したいなど明確な条件が見えてくるもの。

  • IT転職ナビ:国内トップクラスのIT系求人数
  • Green:マインドの合う会社が見つかる転職サイト

業界特化型の転職サイトなら、実務経験や実績で正当に評価してくれる企業を探しやすいでしょう。

IT転職ナビ【国内トップクラスのIT系求人数】

IT転職ナビトップページ

(引用:IT転職ナビ)

IT転職ナビは求人数約3万件の日本最大級IT・WEB業界転職サイト

大手企業からメガベンチャーと幅広く保有し、seやwebデザイナー・マーケティングなど豊富な職種から選べます。

またITやWEBと親和性の高いゲーム業界の求人が揃っているのも特徴のひとつ。

選考が上手くいかない時は、無料の転職支援を受けることも可能です。

キャリアを活かせるフィールドのため、満足のいく転職活動をおこなえるでしょう。

>>IT転職ナビで優良企業を探す!

Green(グリーン)【マインドの合う会社が見つかる】

IT/Web業界の求人・採用情報に強い転職サイトGreen

(引用:Green)

厳選された常時1万5千件前後の求人が揃う、IT・WEB業界特化型の転職サイト「Green(グリーン)」。

エンジニアや企画・WEBディレクターの職種は当然のこと、大手やベンチャー以外にもスタートアップ企業の求人が選べます。

またGreenの特徴は、書類選考なしで受けられるカジュアル面談歓迎の企業が多いこと。

写真では分からない会社の雰囲気も掴めるので、安心して面接に臨めるでしょう。

>>Greenで希望にぴったりの転職先を見つける!

IT業界への転職を目指す方は以下記事も併せてご覧ください。
>>利用すべきIT特化の転職エージェントはここ!おすすめ9選を職種別で紹介

アパレル職におすすめの転職サイト3選

ファッションが好きで始めた仕事でも、お休みの取りづらさや給与など待遇面でお悩みの方も多いでしょう。

アパレル関係の転職先をお探しの方には、以下の転職サイトがおすすめ。

  • クリーデンス:希望の求人に出会える
  • Fashion HR:キャリアアップを目指せる転職サイト
  • TWC:おしゃれな職場で働きたい人におすすめ

業界特化型の転職サイトなので、生産管理や本社勤務の求人もチェックできます。

クリーデンス【希望の求人に出会える】

(引用:クリーデンス公式HP

クリーデンスはアパレル・ファッション業界に特化した転職サイトです。

求人案件はカジュアルブランドからラグジュアリーブランド、国内から外資系までと豊富に扱っています。

また全体の70~75%は非公開求人のため、他の求人サイトではみつからなかった好条件の求人に出会える可能性も。

さらにクリーデンスのエージェントは企業との交渉力に長けているので、年収なども希望に近い内容で契約できるでしょう。

>>クリーデンスに登録してみる

以下ではクリーデンスのメリットやデメリットについて詳しく解説しています。
>>クリーデンスでの転職解説 メリット・デメリットをご紹介

Fashion HR【経験を活すステージを探せる】

Fashion HR(引用:Fashion HR)

Fashion HRはファッション業界限定の転職サイトで、バイヤーから商社の求人と幅広く扱っている特徴があります。

国内ブランドや外資系ハイブランドメーカーまで多数の求人を保有。
仲介アドバイザーを挟まないので、有名企業の担当者と直接やりとりができます。

またアパレル業界の転職コンテンツ「HR TALKS」も展開しており、役立つ転職知識がチェック可能です。

>>Fashion HRで転職活動を始める!

TWC【おしゃれな職場が見つかる】

転職サイトTWC(引用:TWC)

アパレル関連求人専門のTWCは、東京だけでなく全国の求人を広く扱う転職サイトです。
ショップを商業施設から絞り込めるので、求人情報を検索しやすいとの好評があります。

またスカウト機能が備わっており、200社以上の企業から直接オファーが届くことも。

ブロック機能を使えば特定の企業をブロックできるので、会社にバレたくない方でも安心して利用できます。

>>TWCで求人をチェックする!

介護職におすすめの転職サイト2選

介護施設の中には未だにブラックな職場も残っているので、介護業界への転職活動で転職サイトの利用は必須です。

  • クリックジョブ介護:利用者満足度一位
  • マイナビ介護職:充実したサービスあり

上記の転職サイトではホワイトな企業のみを扱っているので、利用することで満足のいく転職をしましょう。

クリックジョブ介護【利用者満足度一位】

クリックジョブ介護LP(引用:クリックジョブ介護公式HP)

クリックジョブ介護は、利用者満足度№1の介護業界に特化した転職サイトです。
正社員に限らず、未経験・無資格OKの求人も多数取り扱っています。

また社会福祉士や作業療法士、理学療法士(リハビリ職)の求人が多いのも特徴の一つです。

面接時には交通費として1回毎に1,000円支給してくれるのも嬉しいポイント。

介護職への転職を検討している人はぜひ登録してみてください。

>>クリックジョブ介護に登録してみる

マイナビ介護職【充実したサポート付き】

マイナビ介護職LP(引用:マイナビ介護職公式HP

マイナビ介護職はキャリアアドバイザーの質に好評のある転職サイトです。

各職場に強いパイプを持っており、求人票ではわからない職場の内部情報を事前に知ることができます。

また不定期開催ではあるものの出張転職相談会を実施しているため、地方在住の方でも実際に面談が可能です。
※現在はコロナウイルスの影響で一時中止している可能性があります。

介護業界への転職活動で充実したサービスを受けたい方にピッタリの転職サイトでしょう。

>>マイナビ介護職で転職活動を始める

下記の記事では、介護業界への転職に役立つ転職サイト/エージェントをご紹介。
介護業界への転職におすすめの転職サイト/エージェント7選!うまく利用するコツも解説

看護師におすすめ転職サイト2選

看護師は人間関係や夜勤など大変なポイントが多いので、今在職している所よりも待遇の良い転職先を選びたいはずです。

  • 看護roo!:ナース利用者数No.1
  • 看護のお仕事:看護師の定番転職サイト

上記はサポート面が手厚く、看護師の転職に特化したサイトなので確認してみましょう。

看護roo!【ナースの味方】

看護roo!LP(引用:看護roo!

転職を検討している看護師の方に最もおすすめなのが「看護roo!」。

公開求人5万件に加えて非公開求人も豊富で、助産師・保健師などの業種も保有しています。

また看護技術動画の配信・看護に役立つ情報の提供など、看護師のナースライフをまるごと応援。

サイト内では他の看護師の年収を公開しているので、自分の年収と比べ適正価格を確認した上で求人を探すことも可能です。
※2020年8月現在8,129人

>>看護roo!で転職活動を始める!

看護roo!について、以下の記事で詳しく解説しています。
看護roo!(カンゴルー)は使うべき?口コミ・評判から見えたメリットとデメリットを紹介

看護のお仕事【看護師の転職サイトといえば】

看護のお仕事(引用:看護のお仕事

「看護のお仕事」は友達に勧めたいサービスNo.1を獲得するなど、看護師の間でも人気の高い転職サイトです。(GMOリサーチ株式会社提供)

サイト内のアンケートに答えるだけで理想の転職先を紹介してくれるサービスもあるので、気になる求人が多くて選べないという方にもおすすめ。

アドバイザーは現場のメリットだけでなくデメリットも教えてくれるため、転職後にギャップを感じる失敗も防げるでしょう。

>>看護のお仕事で転職活動を始める!

看護のお仕事に関する評判など詳しくは、以下の記事をご覧ください。
看護のお仕事は評判悪いってホント?利用者の口コミからメリット・デメリットを紐解く

薬剤師におすすめ転職サイト2選

薬剤師など特殊なスキルを持っている人は、一般的な転職サイトよりもより専門的な転職サイトがおすすめ。

  • 薬キャリ:ライフスタイル重視で探せる転職サイト
  • ファルマスタッフ:薬剤師さんに選ばれてNo.1

どちらも「薬剤師と言えば」の転職サイトなので、迷わず両方とも登録しておくのが良いでしょう。

薬キャリ【自分にピッタリの求人を探せる】

薬キャリのLP(引用:薬キャリ

全国に約5万件もの薬剤師向け求人を保有する「薬キャリ」。

求人検索では薬局・病院・製薬会社など、希望の職種から選択できます。
またパート・正社員といった雇用形態をピンポイントで絞り込むことも可能です。

保有する求人の80%が非公開求人であり、スタッフが自分に合った求人を共有してくれるという仕組み。

効率よく転職活動を進められるので、登録しておいて損はないでしょう。

>>薬キャリで転職活動を始める!

薬キャリについての詳しい情報は、以下の記事をご覧ください。
薬キャリの評判ってどうなの?特徴をメリット・デメリットに分けて徹底解説します!

ファルマスタッフ【転職相談満足度96.5%】

ファルマスタッフLP(引用:ファルマスタッフ

ファルマスタッフは薬剤師転職支援20年を超え、「転職相談満足度96.5%(*2)」を獲得。
さらに「薬剤師に選ばれる転職サイト(*3)」でもNo.1に輝きました。
(*2お客様満足度アンケート2018年7月25日〜2018年8月22日)
(*3日本マーケティングリサーチ機関2019年7月)

アドバイザーが高年収や土日祝休みなど、希望の条件に合った薬剤師の求人を提案してくれます。

また大手薬局チェーン「日本調剤株式会社」の教育ノウハウを活かしたサポートもあるので、転職後に薬剤師としてのキャリアアップも目指せるでしょう。

>>ファルマスタッフで転職活動を始める!

ファルマスタッフについての詳しい情報は、以下の記事をご覧ください。
薬剤師の転職サイト「ファルマスタッフ」の評判ってどうなの?口コミやメリット・デメリットを解説

薬剤師におすすめな転職サイトについて詳しくは以下の記事をご覧ください。
薬剤師向けの転職サイト8選を徹底比較!失敗しない選び方も解説

転職エージェントとの併用で転職成功へ近づける

転職成功へ近づくための、転職サイトと転職エージェントの使い分け解説

転職サイトだけでなく転職エージェントも併用すれば、転職活動が効率よく進められ転職成功にぐっと近づけるでしょう。

転職エージェントでは転職サイトと異なり、担当者制のプロキャリアアドバイザーによるサポートが付きます。

アドバイザーの総合的な転職活動支援があれば、万全の状態で選考に臨めるはずです。

具体的なサポートの内容は以下の通り。

  • 応募する企業を選んでくれる
  • アドバイザーが相談にのってくれる
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 応募企業に合わせた面接対策
  • 年収などの待遇条件の代行交渉

アピールポイントが分からない人は、アドバイザーとキャリアの棚卸しをおこない自分の武器を探しましょう。

自分で探せない優良求人は転職エージェントに紹介を受け、気になる企業は転職サイトで応募してみてください。

併用するなら「リクルートエージェント」がおすすめ

リクルートエージェントLP(引用:リクルートエージェント公式HP

リクルートエージェントは、業界最大手の転職エージェントです。

公開・非公開あわせて約30万件以上もの求人を扱っているため、より多くの企業から転職先を選ぶことができます。

保育士・管理栄養士・調理師・会計士といった専門的な業種の求人も保有。

またリクルートエージェントの社員は営業力が高く年収交渉が得意です。
必ず理想通りにいくと断定はできませんが、限りなく希望に近い転職が望めるでしょう。

転職エージェントならではの無料サポートも充実しているため、ぜひ転職サイトと併用して利用してみてください。

\簡単登録!相談だけもOK/
≫リクルートエージェントに登録してみる≪

リクルートエージェントの詳細情報や口コミについては以下記事をご覧ください。
>>【2021年最新】リクルートエージェントは評判ひどいって本当?50人の口コミから見た実態・特徴を解説

他にも転職エージェントの種類をみてみたい方は以下をご覧ください。
>>本当におすすめの転職エージェントランキングBEST7!年代別おすすめや転職成功のコツも

失敗しない転職サイトの選び方3つ

転職サイトを選ぶ際は、以下のポイントを重要視してください。

  • 求人数の多さ
  • サイトの使いやすさ
  • 特徴・職種に特化しているかどうか

自分に合った転職サイトを見極め、効率的に転職活動を進めましょう。

①求人数の多さ

求人数の多さは、そのまま転職活動のしやすさに繋がります。

職種に特化していない総合型の転職サイトなら、求人数5万件程度はほしいところ。

また求人の質がどれほど高くても、「自分の希望する転職先」がないと意味がありません。
転職サイトごとに力を入れている職種や業種は異なるので、事前に確認してみましょう。

特に転職先を決めていない人は求人数の多い転職サイトに登録し、自分の可能性を広げていくのがおすすめです。

②サイトの使いやすさ

転職サイトの使いやすさは重要なポイント

転職サイトを選ぶ時は、自分が使いやすいと思うかどうかもポイントになります。

  • トップ画面の情報が混雑していない
  • 職種・年収・勤務地それぞれで絞り込める
  • 色の使い方が見やすい
  • 自分のお気に入りの転職先を保存できる

転職サイトでは基本的に自分で求人を探し、応募しなくてはいけません。

万が一サイト自体が使いにくいと、転職活動を行っている最中にストレスを感じてしまう原因になります。

人によって求める機能は違いますが、「これだ!」と直感で感じるものがあれば登録しておいて損はないでしょう。

またアプリをリリースしている転職サイトもあるので、使いやすさ重視で選ぶならアプリをインストールしてみるのもおすすめです。

③自分の地域・職種に特化しているかどうか

自分がすんでいる地域や、希望職種に特化しているかどうかも見定めるべき要素です。

職業別おすすめ転職サイトでも紹介しましたが、それぞれの職業に特化した転職サイトが存在します。

専門職種に特化した転職サイトは企業とのパイプも強いため、より条件の良い求人を選ぶことも可能です。

特に「転職先の希望職種が決まっている」方や地方住みの方は、必ず念頭に置いた上で転職サイトを見定めてください。

以下では地方別におすすめの”転職エージェント”をまとめています。
>>【47都道府県別】地方でおすすめの転職エージェントは?パターン別で紹介

転職サイト登録から転職成功までの流れ

転職サイト登録から転職成功までの流れを解説

転職活動期間は3ヶ月を目安期間として、以下の工程を意識して進めましょう。

  • 転職サイトへの登録
  • 自分のプロフィールや希望条件を記載
  • 募集求人から自分の行きたい転職先にエントリー
  • 書類選考通過後は企業と面接
  • 内定
  • 転職先へ入社

円満退社をするなら、退職申し出のタイミングが重要です。
在職中の場合は、転職活動をはじめる前に”就業規則”を確認しましょう。

また登録した転職サイトによっては、職歴や条件に合う企業からスカウトメールが届くことも。

スカウトは面接確約の場合が多いため、有利に転職活動を進められるでしょう。

転職サイトを使いこなすコツ

実際に使いこなすためにはこれから紹介する4つのコツを覚えておくことが肝心です。

  1. 複数の転職サイトに登録する
  2. 転職サイト以外でも情報を確かめる
  3. スカウト機能を上手く使う
  4. プライベート用のアドレスと分ける

①複数の転職サイトに登録する

転職サイトはいくつか併用して登録しましょう。
複数の転職サイトに登録することで、以下のような利点を得ることができます。

  • より多くの求人を確認できる
  • 独占求人の数が増える
  • より条件の良い転職先を探せる

希望分野が決まっているなら、「doda」のように網羅性の高い転職サイトと「薬キャリ」など専門性の高い転職サイトを掛け合わせるのもおすすめ。

そうすることで転職先の可能性を潰さず、より好条件の求人と出会いやすくなるでしょう。

転職エージェントを登録する場合も、複数利用は大きな利点となります。
以下では転職エージェントを併用するメリットとデメリットをまとめました。
>>転職エージェントは複数登録した方がいい?併用するメリット・デメリットや注意点を解説

②転職サイト以外でも情報を確かめる

転職サイト以外(ハローワーク・説明会やセミナー・企業の口コミサイト)でも情報を確かめる

転職サイト以外のイベントや直接企業への問い合わせなど、自分で情報収集することも必要です。

  • 転職サイトの合同説明会
  • dodaの転職フェアのようなイベント
  • ハローワーク
  • 企業への問い合わせ

転職サイトの求人情報は詳細な業務内容を記載していることが少なく、多くが年収やざっくりとした業務内容だけです。

サイト以外の情報も仕入れることで、実際の業務内容とのギャップを減らせるでしょう。

③スカウト機能を上手く使う

利用するサイトにスカウト機能がある場合は、是非利用しましょう。

スカウト機能とは、企業が転職者のプロフィールを見て声をかけてくれる機能のこと。

もちろん必ず受かるということはないので面接対策は必要ですが、普通に応募するよりも面接に通りやすくなります。

スカウト機能については以下記事で詳しく解説しています。
>>転職サイト・エージェントによるスカウト機能の仕組みとは?おすすめの転職サイトを紹介

④プライベート用のアドレスと分ける

転職サイトを登録する際、メールアドレスはプライベート用と分けるのがおすすめです。

転職サイトに登録すると、求人に関してのメールが大量に届きます

わけることで情報の見落としを防ぐのはもちろん、転職に関する情報を全て一箇所で見ることができわかりやすいです。

特にGmailを使うと無料で新しいアドレスを作成できるのでおすすめですが、無理に作る必要はありません。

転職サイトに関するQ&A

以下では、一般的な転職サイトに共通する疑問をまとめました。

  • 転職サイトは登録だけでも大丈夫?
  • 転職サイトの更新日っていつ?
  • 転職サイトはすぐに退会できる?
  • 転職サイト・ハローワーク・転職エージェントの違いは?

悩みを解決して、転職サイトを上手に使いこなしましょう

Q.転職サイトは登録だけでも大丈夫?

結論から言って、転職サイトは登録だけでも問題ありません。

無料で登録しておくだけでも、数多くの求人を確認することができます。

「すぐに転職するつもりはないけどゆくゆくは・・・」なんて人も、気になる転職サイトに登録して求人情報をのぞいてみましょう。

Q.転職サイトの更新日っていつ?

転職サイトの更新日は、サイトによって異なります。
今回紹介しているオススメ転職サイトの更新日は以下です。

  • doda:毎週月曜日、木曜日
  • マイナビネクスト:毎週水曜日、金曜日

また自分が登録している転職サイトの更新日は覚えておいた方が良いでしょう。

更新まもなくは応募者も少なく競争率が下がるため、結果的に転職の成功率が上がりやすくなります。

Q.転職サイトはすぐに退会できる?

転職サイトはいつでも自分のタイミングで退会できます。

どこも設定画面から退会手続きをおこなえるため、合わないと思ったら退会しましょう。

ただ一度解約すると登録した個人情報はすべて削除されます。
再登録も可能ですが、最初から設定し直す必要があるため注意してください。

転職サイトは無料で利用できますので、念のため残しておくのも一つの手です。

Q.転職サイト・ハローワーク・転職エージェントの違いは?

転職サイト・エージェント・ハローワークの違いは以下の表の通りです。

【ハローワーク・転職サイト・エージェント比較表】

ハローワーク・転職サイト・エージェント比較表

求人を用意しているという意味では共通していますが、細かい特徴がそれぞれ違います。

いずれも無料である場合が基本なので、自分のニーズを埋めてくれるものを上手く使いこなしましょう。

年代・職業ごとにおすすめの転職サイトは違う!

転職サイトの数は多いため、どのサイトが自分に合っているか決めるのは難しいでしょう。

また転職活動を成功に導くには、年代や職業ごとに特化した転職サイトへ登録することも必須です。

今回ご紹介した「doda」と「マイナビネクスト」はどちらも評判がよく、求人数も多いので登録しておいて損はありません。

上手く転職サイトを利用し、転職成功を目指しましょう。