この記事では「コピーライター」について解説いたします。

言葉自体は見聞きしたことはあっても、その仕事内容やどんな人がいるか等の詳細についてはよく分からないという人もいるかもしれません。

そこで今回は「コピーライター」と「ライター」の違いや「コピーライター」のなり方、年収や勤務体系といった内容を取り上げました。

それでは一つずつ確認していきましょう。

コピーライターとは

「コピーライター」とは「商品や企業を宣伝する為に新聞・雑誌・ポスターなどのグラフィック広告やテレビCM、ラジオCMやウェブサイトなどに使用する文言(コピー)を書くことを職業とする人のこと」です。

近年ではキャッチフレーズを書くだけではなく商品のネーミングや商品開発やコンセプト策定などにも携わるコピーライターが多く登場し、その仕事の幅は広がり続けているとされています。

また単にうまい表現をするだけでなく、効果的な表現に到達するまでのロジックを構築することが「コピーライター」の重要なスキルです。

その為「コピーライター」にはセンスや閃きよりも、コピーライティングにおける原理原則に基づいた思考ができることが求められるといえるでしょう。

コピーライターの仕事内容

「コピーライター」の仕事内容は、先述の通り「商品や企業を宣伝する為に使用する文言(コピー)を書くこと」です。

その「コピーライター」の仕事は、クライアントからのオリエンテーションを受けて広告企画のコンセプトを把握するところから始まります。

広告したい商品の特徴や抱える課題、広告の目的や予算などについて説明を受ける為に、クリエイティブディレクターやアートディレクターらに同行してクライアントのもとへ赴くのです。

広告企画のコンセプトを把握した後は市場を見極め、ターゲット層の嗜好や流行などをリサーチします。

この際に商品に関する資料を読んだり、実際に商品が販売されている店頭に出向いたりして調査を行うことも仕事の一環です。

そしてリサーチ結果をもとに、広告を見た消費者が思わず商品を手に取りたくなるようなコピーを考えていきます。

何百本以上ものコピー案を考え、その中から最も優れた1本のコピーが採用されるのです。

またコピーを考えることだけが「コピーライター」の仕事ではありません。

「コピーライター」はポスターやCMなどの広告に使われる写真や動画の撮影にも立ち会うこともあります。

「コピーライター」がこうした広告のビジュアル面にも関わることで、ビジュアルとコピーとの間にズレが生じるのを防ぐことができるというわけです。

日本の有名なコピーライター

この項目では、日本の有名な「コピーライター」を2人ご紹介します。

まずは「糸井重里さん」です。

彼は大手企業など数多くの大型案件を担当するなどで仲畑貴志さんや川崎徹さんらと共に注目を集め、「コピーライター・ブーム」を呼んだ第一人者の一人だとされています。

代表作は日産自動車セフィーロの「くう ねる あそぶ」や西武セゾングループの「サラリーマンという仕事はありません」等が挙げられるでしょう。

もう一人は「太田 恵美さん」です。

彼女は京都府の出身で、東京コピーライタークラブに所属しています。

作品の中でもJR東海の「そうだ、京都行こう。」はあまりにも有名です。

日本には他にも有名な「コピーライター」が多いので、調べてみても面白いかもしれません。

「コピーライター」と「ライター」の違い

「コピーライター」と「ライター」は言葉を扱うプロという共通点がありますが、別の職業です。

例えば「コピーライター」は広告業界で主に働いていますが、「ライター」は出版業界に勤めているケースが多いという違いがあります。

また「コピーライター」が広告に載せる文字を作成するのに対し、「ライター」は記事を執筆するというのも異なる点です。

コピーライターになるには

この項目では、「コピーライター」になる為の方法について取り上げました。

今回は2つの方法と、「コピーライター」になる上での資格についてご紹介します。

方法①:広告代理店や制作会社に就職する

「コピーライター」になる為の方法としてまず考えられるのは、広告代理店や制作プロダクション、メーカーの宣伝部などに入社した後に希望や適性などに応じて仕事を任されるパターンです。

「コピーライター」を育成する為の講座も数多くあるので、もし新卒から「コピーライター」として働きたい場合は学生のうちに活用しておくと有利になるといえるでしょう。

社会人の場合は働きながら仕事終わりや休日などに活用するという手段もあります。

また中にはフリーで活躍している「コピーライター」に弟子入りをして修行を積む人もいるようです。

他にはコンペに応募すればトレーニングになるだけでなく、入賞できれば就職・転職の際に大きなアピールにもなるでしょう。

なお未経験者の転職は少ない傾向にありますが、例えば広報職など日常的に文章に携わっていたキャリアがあれば採用される可能性が高まるかもしれません。

方法②:フリーランスのコピーライターとして活動する

「コピーライター」になる為の方法の二つ目は、「フリーランスのコピーライターとして活動する」というものです。

大企業や大手広告会社に採用されるのは極めて狭き門ですが、フリーランスであれば未経験でも自分の実力次第で生計を立てることができます。

ただし会社のネームバリューを使うことはできませんし、会社勤めと違って毎月の給料が保証されているわけでもありません。

またどれだけ実力があっても、実績やコネクションがなければ自分の作品を見てもらえないといったこともあり得ます。

その為フリーランスの場合は、「どうしてもコピーライターとしてやっていきたい」という強い意志が必要だといえるでしょう。

コピーライターになるうえで必須の資格はない

「コピーライター」になるうえで必須の資格は特にありません。

資格関連の勉強がいらない分、「コピーライター」になるチャンスは誰にでも開けているといえるでしょう。

第一線の「コピーライター」として活躍しているたち人も、一般公募でコピーライティングの賞を受けたのがきっかけだったという例が少なからず見受けられます。

また雑誌の編集の仕事から転身していたりと、その経歴は様々です。

逆を言うと「これを勉強すればコピーライターになれる」という絶対的なものがない為、何をすればいいのかよく分からないと感じる人も多いかもしれません。

コピーライターの年収

「コピーライター」の年収は会社勤めかフリーランスか、また会社勤めの場合でも大企業か中小企業かによってで様々です。

例えば大手広告代理店では、30代で年収が1000万円を超えることもあるそうですが、中小企業の場合は平均年収500~600万円程度だとされています。

基本給に別途残業代や休日出勤代、ボーナスが加算される企業が多いです。

ただし欧米からの影響か賃金の額を年単位で決める「年俸制」を採用し、その金額を12ヵ月に分けて支払う企業も決して少数ではありません。

また一般的なフリーランスの「コピーライター」の場合、A4のサイズの印刷物でページ単価3万円~が相場とされています。

しかし実際には文字量やその人の実力、代理店やプロダクションとの関係性、掲載媒体や納期、仕事の込み具合なども加味して臨機応変に報酬が決定されるのです。

コピーライターの勤務体系と休日

「コピーライター」の勤務体系と休日も、年収同様に会社勤めかフリーランスか等によって変わってきます。

広告代理店など企業に所属して働く場合は、各企業が定める勤務時間で仕事をすることになるでしょう。

基本的に「コピーライター」は一般的なオフィスワークの仕事と同じように日勤となっており、夜勤が入ることはまずありません。

ただし仕事量や仕事の状況によっては、決められた時間を超えて働かなければならないこともあるでしょう。

またフリーランスの「コピーライター」として活動する場合は、企業勤めのように決められた勤務時間がありません。

深夜でも早朝でも好きなときに仕事をすることができるので、勤務体系や休日も自分次第だということです。

コピーライターの将来性

「コピーライター」は「様々な切り口でモノを見る」癖を身につけることが重要です。

例えば誰もが分かりきっていることをストレートにいうだけでは、なかなか多くの人の心には響きません。

そこで大切なのは、みんながどこかで気付いていながらも言葉にしていないことを、「コピーライター」が見つけて言葉にすることです。

それには多様な視点で物事を考えられることが重要になり、それができる「コピーライター」はこれからも求められていくでしょう。

コピーライターがおもに勤める場所

「コピーライター」がおもに勤める場所は、会社勤めの場合は基本的に自社になるでしょう。

またフリーランスは場所の縛りがないので、自宅や近隣のカフェなどで仕事をすることも可能です。

ただし市場調査やクライアントとの打ち合わせも仕事の一環なので、時には街を調査して歩いたり、先方の会社でヒアリングをするといったこともあり得ます。

まとめ この記事のおさらい

・「コピーライター」は「商品や企業を宣伝する為に新聞・雑誌・ポスターなどのグラフィック広告やテレビCM、ラジオCMやウェブサイトなどに使用する文言(コピー)を書くことを職業とする人のこと」

・「コピーライター」が広告に載せる文字を作成するのに対し、「ライター」は記事を執筆する等の点で違いがある為、両者は別の職業だといえる

・「コピーライター」になる方法として、広告代理店や制作会社に就職するかフリーランスの「コピーライター」として活動することが考えられる

・「コピーライター」になるうえで必須の資格はない

・「コピーライター」の年収や勤務体系は、会社勤めかフリーランスか、会社勤めの場合は大企業か中小企業かによって大きく異なる

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda