高齢化社会になっている日本では、中高年になってからの転職も目立つようになってきました。中高年の人数の割合が増えてきていることから、中高年の転職は狭き門になっているようなイメージをお持ちの人も多いでしょう。

この記事では、中高年の定義から中高年が転職をする時に企業から求められることまで解説していきます。

中高年は何歳くらいか

10人の方に「中高年は何歳から何歳までだと思いますか?」と聞くと答えはきっとバラバラになります。

中高年の定義は曖昧であり、正しく認識している人が少ないのが現状です。

以下の項目で、様々な角度から中高年の定義についてご説明します。

厚生労働省の中高年者縦断調査の対象

厚生労働省で行ってる「中高年者縦断調査で」は、厚生労働省が全国にいる中高年者の就業状況だけでなく、健康状態や社会活動までを調査します。
調査した結果を基に、厚生労働省が実施する施策に活かしていこうというものです。

中高年向けの政策を立てるためには、まず実態の調査が必要であるということです。

実は、中高年者縦断調査の対象となっている年齢は、その年によって微妙に変化しています。
50歳から65歳までの時もあれば、55歳から65歳までの時もあります。

中高年者縦断調査から分かる中高年は、おおよそ50歳から70歳までの間を指していますが正確な定義があるわけではありません。

参考:厚生労働省「中高年者縦断調査」

NHK放送文化研究所のアンケートより

中高年の年齢を知るために、NHK放送文化研究所もアンケートをとっています。

中高年の定義にはなりませんが、1000名を超える方からのアンケートは非常に参考になります。

ただ、NHK放送文化研究所のアンケートでは、中高年ではなく「中年」でアンケートを取っている点に注意しましょう。

アンケート結果からは、40歳~55.6歳が中年という結果になっています。
つまり、「中高年」とは中年の中でも上の年齢をさしているので、だいたい50代になれば中高年ということになります。

NHKK放送文化研究所のアンケートで出た「中年」

中高年・シニア層の転職サイトについて

転職や再就職の業界では、中高年という言葉と同じように「シニア」という言葉が使われています。

シニア転職といったように、シニアのキーワードの方がしっくりと来る人も多いはずです。

若い方はあまり目にしたことがないかもしれませんが、中高年・シニア層向けの転職サイトは年々増えています。
そのどれもが、ハイクラスのビジネスマンを求めているサイトです。

マネジメントを強化したい企業が、前職で多くの部下を取りまとめていた人材を必要としていたり、即戦力を求めている企業が経験豊富なシニア層人材を求めていたりします。

一般的な転職サイトへの登録も可能ですが、キャリアアップを望みたいのであれば中高年向けの転職サイトへの登録から始めてみるのといいでしょう。

中高年に求められること

一般的な転職とは違い、中高年の方が求められているスキルはかなり高くなっています。
企業側から見れば、特別スキルが高くない人を採用するのであれば、同じ費用で活きの良い若手を複数名採用した方が効果的です。

中高年で転職をする時には、それだけの覚悟と、最初から高く設定されているハードルを飛び越えるだけのスキルや自信が必要なのです。

転職において、企業は以下のような人材を中高年に求めています。

「マネジメント力がある人材」
まず、中高年に求められているスキルとして一番多いのがマネジメント力です。
何十人という社員をまとめ上げるだけの人材を企業が育てるのにはかなりの時間と労力がかかります。

マネジメント力には経験とセンスが必要で、人をまとめ上げる立場になってから経験を積んでいき、何年か経って一人前のマネジメントができるようになります。急成長を続ける会社では、年月をかけて社員のマネジメント力を育て上げるよりも、即戦力として活躍できる人材を外部から呼んでくる方が効果的な場合があるということがあります。

「新戦略を考えて実行に移すことができる人材」
新しいフィールドに企業がチャレンジする場合、その道のプロが上に立って進めたほうがうまくいきます。

例えば、服飾関係の店舗を展開している企業が雑貨業界にも展開をしていこうと考えた場合、雑貨事業の運営を経験している人材を求めます。
また、書籍一本でやってきた企業がレンタル業界にチャレンジする場合、レンタル業界で経験豊富な方が指揮をとった方が円滑に事業をスタートできます。

自分が経験してきた業界と同じ業界への転職も効果的です。しかし、これから新たにチャレンジしようとしている企業への転職は、これまでの自分の個性を存分に活かすことができるようになります。

どのような業界においても、転職してくる中高年の人にはこれまでに無い考え方を求めています。

中高年になってから転職しようと思っている人は、前職と全く同じような業種・職種だけでなく、180度違う環境へのチャレンジを検討してみるといいでしょう。

自分の可能性を試すいい機会です。転職することによって新しく覚える事も増え、刺激的な毎日を送ることができるようになるでしょう。

中高年での転職のまとめ

中高年という定義はありませんが、40歳を超えたら中高年と考えるのが一般的です。
これまでに経験してきたことは、無駄になることはありませんし、中高年になったからといってチャレンジをするのが遅いわけでもありません。新しいフィールドでまた違った自分を見つけてみるのも、新しい人生のスタートとして楽しむことができます。

中高年での転職も可能な時代になりました。転職活動には転職エージェントを利用するのもおすすめです。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda