仕事には、激務といわれるものもあれば、楽な仕事、暇な仕事といわれるものもあります。仕事はできるだけ負担の軽いものにしてプライベートに力を注ぎたい人もいるでしょうし、仕事とプライベートをあえて区別せず、双方が関わり合うで自分が成長していくという考えの人もいます。

仕事への向き合い方は人それぞれで、一概にどちらが良いといえるものではありませんが、この記事では暇な仕事に焦点をあてて、暇な仕事といわれるものにはどんな特徴があるのか、どんな種類の仕事があるのかを解説します。

暇な仕事の特徴

「暇」というのは主観なので、何をもって暇な仕事というのかは人それぞれです。労働時間が短いのが暇と感じる人もいれば、労働時間は長くても仕事の密度が薄ければ暇だと感じる人もいるでしょう。同じ仕事をしても、慣れている人がやればあっという間に終わる暇な仕事になりますし、その仕事を初めてやる人なら、大変な仕事だと感じるかもしれません。
このように「暇な仕事」の定義は人それぞれですが、ここでは一般的に暇な仕事といわれるものの特徴について説明します。

基本的にルーティンワーク

暇な仕事といわれるものは、基本的にルーティンワークです。やることや手順が決まっていてその通りに作業すればよく、不測の事態や仕事の波が少ないものが多いといえます。それでも仕事に慣れるまでは覚えることもありますし、新鮮味もあるでしょう。しかし何か月、何年と続けていると次第に暇な仕事だなあと感じるようになります。

手順がマニュアル化されているので、空き時間に新たに勉強しなくてはならないことも少なく、暇な時間を持て余すこともあるでしょう。

体を酷使せず、肉体的疲労が少ない

ルーティンワークの単純作業でも、肉体を酷使するものである場合は、暇な仕事だと感じる人は少ないでしょう。デスクワークや軽作業などの体力を消耗しない仕事は、暇な仕事だと感じることが多くなります。

精神的ストレスが少ない

体力を使う仕事ではなくても、精神的に追い込まれたりストレスを感じる仕事は暇だと思う暇もありません。営業職でノルマがあったり、1時間に〇人の髪を切ることを強いられている美容師、クレーム対応の仕事などは、精神が消耗します。ノルマがない仕事、人との関りが少ない仕事は自分のペースで働けるので気持ちにゆとりを持つことができ、楽だな、暇だな、と感じる人が多いようです。

残業が少なく、定時で帰れる

ルーチンワークでも、業務量が多く連日残業になれば、体力も使いますし、自分の時間がなくなることがストレスになります。毎日決まった時間に退社できる仕事なら、体力も精神力も消耗が少なく気持ちにゆとりを持つことができます。

暇な仕事を苦痛に感じる人もいる

暇な仕事が全ての人に向いているかというとそうではありません。できるだけ暇で楽な仕事をしたいと考える人もいれば、仕事が暇なことにストレスを感じる人もいます。暇な仕事が苦手な人はどんな理由でそう感じるのでしょうか。

理由①:暇な時間を長時間過ごすのが苦痛

仕事が忙しいと体力も精神力も消耗しますが、集中して仕事をしていると、「もうお昼か」「気がついたらもう外が暗くなっているな」というように、あっという間に時間が過ぎていきます。不思議なもので、ただ待っているだけの時間、何もすることがない時間は、果てしもなく長く感じるものです。

常に何かをしていないと落ち着かない、やることがないと不安になる、というタイプの人は、仕事が暇なことがストレスになるでしょう。

理由②:仕事にやりがいを感じられない

仕事で目標をクリアしたときの達成感はなんともいえないものがあるでしょう。営業職なら売上〇万円のノルマをクリアすることだったり、事務職なら今日中にデータ整理をすべて終えることだったり、どんな職種でも忙しさの先には達成感ややりがいがあります。

時間にゆとりのあるルーティンワークは忙しさでストレスを感じることが少ない反面、やりがいを感じることも難しいかも知れません。仕事にやりがいや生きがいを求めている人は、暇な仕事は物足りなく感じるでしょう。

理由③:自分に存在価値を感じられない

暇な仕事はだいたいが誰でもすぐに覚えられる業務や、突発的な判断を必要としない業務です。「この職場は自分がいなくてもなんの問題もないんじゃないか」「なんのために自分はここにいるんだろう」と、存在価値を自分で否定してしまうこともあるかもしれません。仕事で認めてもらいたい、自分ならではの仕事を見つけたいという人は、暇な仕事を苦痛に感じるでしょう。

暇な仕事10選【ランキング形式で紹介】

同じ仕事でも勤務先の状況や担当する業務によって仕事内容はさまざまですので、一様にこの仕事が暇だということはできませんが、一般的に暇だといわれている仕事にはどんなものがあるのかを紹介します。

10位:地方公務員・団体職員

地方公務員は自治体の役所などで働く職員、団体職員は非営利団体で働く職員のことです。ひとくくりに「地方公務員」「団体職員」といってもさまざまな職種があるので、すべての仕事が楽で暇かというとそうではないでしょう。

しかし、公務員は勤務先が倒産する心配がなく、解雇や減給の心配もほぼありません。また、遠方への転勤もなく、安定して働くことができます。比較的精神的なストレスがなく働ける仕事でしょう。

9位:工場作業員

工場作業員はライン作業やピッキングなどを行う仕事です。自分のペースで休憩したりすることはできませんが、基本的に手順が決められた作業を繰り返し行う仕事です。電話応対や接客がないので社外の人と関わることはほほどありませんし、職場によっては社内の人との交流もほとんどないこともあるでしょう。

人と関わるのがストレスになる人、黙々と一人で作業するのが得意な人には向いている仕事といえます。

8位:社内SE(システムエンジニア)

社内SEは社内システムの管理や保守、トラブル対応などを行う仕事です。SEというと、納期近くには深夜まで作業するなどハードワークのイメージがあるかもしれません。確かにシステム会社のSEはクライアントの要望や納期が厳しく労働時間も長い傾向があります。

社内SEは自社のシステムの管理や保守が仕事なので、精神的にも時間的にも比較的楽に仕事をすることができます。

7位:図書館職員

図書館で本や資料の整理、貸出業務、利用者からの問い合わせ対応などを行う仕事です。仕事量は図書館の規模にもよりますが、人口が少ない地域の図書館では一日の来館者が数人ということもあります。図書館は利用者も私語厳禁な静かな環境なので、職員同士が仕事に関係のない話をしたりすることはできませんが、静かな環境でゆったりと仕事ができる職業といえます。

6位:コールセンタースタッフ

コールセンタースタッフは、ユーザーからの問合せに応える受信専門のスタッフと、電話をかけてセールスや市場調査を行う発信専門のスタッフに分かれているのが一般的です。

どちらもマニュアルが整備されているので、慣れれば座って電話応対をするだけの楽な仕事ともいえます。受信ではクレームを受けたり、発信では話を聞いてもらえず一蹴されたりと大変なこともあり、向き不向きがはっきりしていますが、仕事と割り切って対応できる人なら楽な仕事といえるでしょう。

5位:清掃作業員

ビルや商業施設、ホテルなどの建物の清掃や、公園など屋外施設の清掃を行う仕事です。仕事に慣れれば毎日同じことの繰り返しなので難しいことはありません。お店が閉店した後の深夜の店内清掃の仕事もあり、人とのかかわりが苦手な人にはストレスなく働ける職場といえます。

4位:受付

企業の受付やショッピングモール、百貨店などで案内をする仕事です。企業や施設の規模にもよりますが、ひっきりなしにお客様が訪れててんてこまいというケースは少ないでしょう。基本的にお客様からの声掛けを待つことになりますので、来訪者がいない時間は暇です。受付時間が決められているので残業もありません。
暇だからといってスタッフ同士で世間話をしたりスマホをいじったりはできませんから、ただじっと待っているのが苦手な人には辛く感じる仕事かもしれません。

3位:施設警備員

ビルや施設で警備を行う仕事です。特に夜間勤務の警備員は楽と言われています。夜間の警備は、時間ごとに施設を見回るのが主な仕事で、見回り以外の時間は警備室で防犯カメラをチェックしたり、座って過ごせます。

2位:データ入力

パソコンで文字や数字のデータを入力する仕事です。基本的に決まったフォーマットに打ち込んでいくだけなので、頭を使うこともなく、デスクワークなので体力的にも楽な仕事です。

1位:大家

大家はマンションやアパートなどの不動産を所有し、家賃収入を得る仕事です。入居者の募集や建物の管理を管理会社に委託すれば、自分はほとんど労働することなく生活していくことができます。もちろん不動産を所有するまでは大変ですが、いったん軌道に乗ってしまえば苦労なく収入を得ることができます。

暇な仕事についてのまとめ

  • 暇な仕事の特徴としては、「基本的にルーティンワーク」「肉体的疲労が少ない」「精神的ストレスが少ない」「残業が少ない」などがあります。
  • 「暇な時間が苦痛」「やりがいを感じられない」「存在価値を感じられない」などの理由で、暇な仕事に苦痛を感じる人もいます。
  • 暇な仕事といわれている職業ベスト3は「大家」「データ入力」「施設警備員」です。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda