この記事では、「転職の挨拶」のポイント、挨拶例、メールでの挨拶などについて考察します。

転職の初日にすることと言えば、新しい職場のひとへの「挨拶」です。「挨拶はどうも苦手」と思っても、「転職の挨拶」を避けることはできません。

「転職の挨拶」はどうすれば良いのでしょうか?この記事を通して、「転職の挨拶」のポイントや挨拶の例を参考にして、いざという時のためにお役立てください。

転職初日の挨拶のポイント

期待と不安で緊張する転職の初日。「どんな人だろう」と興味津々の目線の中で挨拶するのはかなりプレッシャーがかかりますね。しかし、何事も第一印象が大切。ここでは、良い印象を与える挨拶のポイントをいくつか紹介します。

はっきりした口調で、明るく話す

小さな声でぼそぼそ話すのは、「暗い性格の人」というマイナスのイメージを与えてしまいます。挨拶は、はっきりとして声で明るく話すことが基本です。
しかし、無理して笑顔を作る必要はありません。「明るい人」を思われるのも、後で苦労しまうので、自分らしく相手に聞きやすいようにゆっくりと話すようにしましょう。

服装や身だしなみをしっかり整えておく

服装や身だしなみは、第一印象を左右する大きな要素です。服のシワや靴の汚れなどに注意して、「清潔感」を与えることが大切です。

服装は、会社によって制服やスーツ、カジュアルなど様々ですが、制服でもシャツなどはクリーリングした清潔なものを着用しましょう。
また、カジュアルな服装でも派手なものは控えて、化粧もナチュラルなものがベストです。

服装や身だしなみに関しては、面接時などで雰囲気はわかりますし、入社前に確認することも必要ですね。

個別の挨拶も行うと好印象

入社初日に挨拶前まで社内で待つことはよくあることです。その時、出社している人がいるのにモジモジしていては悪い印象を与えてしまいます。
出社している人には、「本日からお世話になります。○○と申します。よろしくお願いいたします」と短く挨拶しましょう。
個別に挨拶するだけでも、好印象を与えるものです。

転職初日の挨拶では何を伝えるべきか?

転職初日の挨拶では、どんなことを言ったらよいのか迷いますね。まずは、事前に挨拶文を書いておきましょう。挨拶文を作る際には、以下のようなポイントに注意してください。

名前

まずは、自分の名前です。特に、難しい名前や読み間違えしやすい名前は、簡単に説明することも大切です。

・高田順平(タカタジュンペイ)と申します。タカダではなくタカタで濁りません。

前職の業種・職種・仕事内容など
一緒に働く人にとって、転職者がどんな会社でどんな仕事をしていたのかがもっとも気になる点です。前職の業種や職種、仕事内容はわかりやすく簡潔に伝えましょう。

・私は、○○社の営業部で法人営業を担当しておりました。

そのほか、出身地や趣味など

出身地や趣味などをいうのも、親近感を与える効果は期待できますが、絶対に必要な要素ではありません。逆に反感を買うような場合もあるので、地域性や会社の雰囲気から判断してください。
また、仕事の実績や特技などは「自慢話」と誤解されやすいものです。聞く人の気持ちをよく考えてから挨拶文を作成しましょう。

挨拶が長くなりすぎないように注意する

転職の挨拶は、朝礼などの仕事前にするのが一般的ですから、長々と話さないことがポイントです。簡潔な内容で1分以内におさめるようにしましょう。

転職初日の挨拶例

では、具体的に転職初日の挨拶例を紹介します。

社内の人への挨拶例

転勤初日、朝礼などで挨拶する場合は、これまで紹介したポイントを踏まえて、簡潔にはっきりとした声で話しましょう。

・おはようございます。本日からお世話になります、○○○○と申します。
前職では○○業界で、営業を担当しておりました。即戦力として皆様をサポートできる
よう頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。
・はじめまして、本日より人事部に入社いたしました○○○○と申します。
5年間人材派遣会社でコンサルタントの仕事を担当しておりました。
鹿児島県出身の30歳独身、趣味は海釣りです。前職の経験を活か、即戦力になれるよう
頑張りますで、よろしくお願いいたします。

・本日より皆様と一緒に働かせていただくことになりました○○○○と申します。以前は
アパレル業界でデザインの仕事を担当していました。
広報の仕事は初めてなので、皆様にご迷惑をお掛けすることもあるかと思いますが、
精一杯頑張りますので、ご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

社外・取引先への挨拶例

ある程度の期間仕事をしていれば、いろいろな取引先とも付き合いはできるはずです。人脈は、ビジネスパーソンにとって大切な要素ですから、転職先の仕事にも活かせる可能性はあります。挨拶のため訪問する場合は、事前にアポイントメントを取ることが大切です。

・○○社では大変お世話になりました。○○社でも前職の経験を活かし努力してまいりますのでよろしくお願いいたします。

人間関係が築かれた関係であれば、堅苦しい挨拶は簡潔で良いでしょう。雑談の中でいろいろ話すことがかるかもしれませんが、特にクライアントだった人にはあまり強引な営業は控えましょう。

転職の挨拶をメールで行う場合

今や社内コミュニケショーンの手段としてメールは一般的ですが、転職の場合、メールでの挨拶はどうすれば良いのでしょうか?

特別な事情がない限りは、社内の人へのメールは不要

転職の挨拶は、初日に配属先でおこなうのが一般的ですから、基本的には社内の人へのメールは必要ありません。但し、関連部署などがある場合には、メールで簡単に挨拶メールを送るのも必要になります。

社内の人へのメールでの挨拶例

社内の人にメールで挨拶文を送る場合、出身地や趣味などを入れずに簡潔な文にしましょう。あくまでも「お知らせ」的なものと考えてください。タイトルは「入社のご挨拶」の簡単なものがベストです。

例文
件名:入社のご挨拶はじめまして、本日営業部に配属されました○○○○と申します。
以前は、8年間不動産業界の営業を担当しておりました。1日も早く戦力となるよう頑張りますのでよろしくお願いいたします。
メールでの挨拶となりますが、ご容赦ください。

社外・取引先へのメールでの挨拶例
以前の取引先に転職の挨拶をおこなうことは、新しい職場で働く場合にも必要なことです。
なにかしら仕事につながる可能性があるからです。

例文
件名:転職のご挨拶株式会社○○
販売部 ○○ 様

いつもお世話になっております。
○○の○○です。

突然ですが、この度株式会社○○を〇月〇日に退職いたしました。
現在は、株式会社○○の営業部に勤務しております。

前職の経験を活かし努力していく所存でございますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

お忙しいこととは存じますが、一度ご挨拶にお伺いと思いますので、ご都合の良い日を教えていただければ幸いです。

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

転職の挨拶メールへ返信する時の注意点と例文

社内外の人から転職の挨拶メールが来ることはよくありますが、この場合、返信はどのようにしたら良いのでしょうか?
全てのメールに返信する必要はありませんが、「個人宛」になっている場合や取引先などには返信すべきです。また、親しかった人や返信したいと思う人には遠慮せずに返信しましょう。

社内向けの挨拶メールが一斉送信されている場合、返信しなくてもよい

一斉送信されている転職の挨拶メールは、「業務連絡」と同じで、特に返信する必要はありません。個人的に返信したいと思う場合は、返信してください。

社外・取引先からの挨拶メールの場合は、なるべく当日中に返信する

取引先の担当者から転職の挨拶メールが来た場合は、なるべく当日中に返信しましょう。
退職後も新しい転職先で関係が続く可能性もありますから、迅速な対応が大切です。

社内の人からのメール返信例

親しかった社内の人から退職の挨拶メールに返信する場合は、「寂しい」や「残念」というマイナスな言葉を使っても大丈夫です。素直な気持ちを表現した方が、相手に伝わります。

例文
件名re:退職のご挨拶○○さんには、公私ともに本当にお世話になりました。○○さんが退職されることは残念ですが、○○さんが決めたことですから応援することにします。
どうか新しい職場でも○○さんらしく頑張ってください。ご活躍をお祈りしています。

社外・取引先からのメール返信例

取引先からメールには、お世話になった感謝、これまでの労い(なぎらい)などの言葉を入れることがポイントです。

例文
件名:Re:お世話になりました。〇〇株式会社 総務部 ○○様

○○の○○です。
この度は、転職のお知らせをいただきありがとうございます。
○○様には、新人の頃からご指導いただき心より感謝しております。
なにごとにも精力的な○○様ですから、きっと新しい職場でもご活躍されることでしょう。

〇年間、お疲れ様でした。今後もお目にかかれる機会がありましたら、よろしくお願いいたします。

まとめ この記事のおさらい

  • 転職初日の挨拶は、「はっきりした口調で、明るく話す」「服装や身だしなみをしっかり整えておく」ことが大切です。
  • 挨拶では、難しい名前や読み方がある場合はきちんと伝え、前職の業種・職種・仕事内容などを挨拶が長くなりすぎないように、簡潔に1分以内で話すようにしましょう。
  • 転職の挨拶メールは基本的には必要ありませんが、社内に送る場合は、趣味や出身地などの情報は入れずに、簡潔な挨拶文にします。
  • 前職の取引先へ転職の挨拶メールを送る場合は、お世話になった感謝の気持ちと今後もお付き合いしたい旨を伝え、訪問のきっかけにすることが大切です。
  • 社内の転職する人から挨拶メールが来た場合は、親しかった人や返信したい人にだけ返信するのが良いでしょう。
  • 取引先の人から転職の挨拶メールには、なるべく同日中に返信しましょう。労いの言葉とともに、感謝の気持ちを伝えましょう。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda