ここでは、「性善説」の意味や使い方について解説しています。

またこの記事を通して、「性善説」と「性悪説」の違い、「性善説」のビジネス上での使い方などについても学ぶことができます。

性善説の読み方・意味・使い方

「性善説」は、「せいぜんせつ」と読みます。

「性善説」とは、「人の本性は「善」である」と言う説のことを示します。
「性善説」では、「人の本性は本来「善」であるため、努力を惜しまなければ立派な人間になることが出来る」と説いており、努力を怠れば「悪」にもなり得るという戒めの意味も込めています。

「性善説」では、人は下記に挙げる4つの心(四端の心)を本来的に備わっているとし、これら4つ道徳感情を努力して拡充することによって、それぞれが“仁・義・礼・智”という4つの徳へと育てることを目標としています。

惻隠

人の不幸を放っておけない心

羞悪

自分のした悪い行動を恥じる心

辞譲

お互いに譲り合える心

是非

善悪を見分けることが出来る心

性善説の語源

「性善説」の「性」とは、「人の本性や物の本質」を示します。
また「善」とは、「良いこと。道理にかなっている事」を表します。

「性善説」の語源は、中国の儒家・孟子の言葉とされています。
孟子は「人々が善を思うのは、誰にも先天的に道徳的本性があるからであり、これを拡大しさえさえすれば、誰でも善人・聖人になれる」と説き、これを「性善説」と呼んでいます。

性善説の間違われやすい解釈

「性善説」とは、前述の通り「人の本性は善である」という説です。

しかし、孟子が説く「性善説」の中には、
“其の性も亦猶ほ是くのごとければなり”
(人の本性は善である。しかし時に「不善」になるのは、必ず下に流れるはずの水が人為的な力で上に昇ることがあるのと同様に、人為的な外からの力の結果である。)
とあり、人の本性は善ではあるが、努力を怠れば「悪」にもなり得ると説かれています。

そのため「性善説」を「人の本性は善だから信じてよい」と楽観的にとらえることがありますが、これは間違った解釈となります。

性善説と性悪説の違い

「性悪説」とは、「人の本性は悪である」とする説のことを言います。

「性悪説」は中国の儒家・荀子が唱えた説です。
荀子の説く「性悪説」の中には、
“人之性悪、其善者偽也“
(人間の本来の性質は悪であり、それが善であるということは人為によるものである。)とあり、
人の本性は悪ではあるが、後天的努力によって「善」へ向かうべきだと説かれています。

「性善説」と「性悪説」は、人の本性を「善」とするか「悪」とするかという点では、正反対の説ではありますが、その後の努力によって「善」を目指すという点では、求めるところは同じくしています。