目立ちたがりと聞くとネガティブな印象を受ける人もいますが、実際には目立ちたがりの方がプラスになることもあります。
自己主張が苦手な人は目立ちがりな人がうらやましく見えることがあるかもしれません。
ここでは目立ちたがりの人の特徴やビジネスに生かすポイントを紹介します。

目立ちたがりの意味とは

目立ちたがりは何かにつけ注目を浴びようとする人を指します。

必要以上に目立とうとすることから煙たがられるケースも多く、団体行動の輪を乱しがちなのが特徴です。
一方でムードメーカーになるケースもあり、良い意味で目立つ人がいるため良いイメージと悪いイメージの両方を持っている人もいます。

実際に目立とうとして許せるかどうかはその人の人柄に依存するケースが多く、悪目立ちのように悪い面で目立つかどうか、良い面で目立つかどうかは人それぞれになります。
ポイントになるのが目立つということは成果を主張する面でプラスになるものの、敵に狙われたり味方から嫉妬されることが増えてしまうということです。
目立たずにすごすよりもリスクが高くなるため、実際にそのリスクをコントロールがか鍵になるのです。

たとえばリーダーになるのであれば目立たなければ他の意見や人材に埋もれてしまい、リターン以前にチャンスを逃す可能性もでてきます。
必要以上に目立つことが悪いことであっても、実際に目立つリスクを背負ってでも行動しなければプラスにならないことが多いのです。

一般的な会社員などとして働く分場合は目立ちたがりであることがマイナスになることがありますが、起業や独立を考えた場合や、営業職になった場合など、目立ちたがりがプラスになる場面も存在するのです。

目立ちたがりの英語表現

目立ちたがりの英語表現は””show-off””が一般的に使われます。

見せる、展示するなどの意味がある””show””に””off””を組み合わせ、目立つことから外れ、必要以上に目立つといった皮肉が込められたような表現になっています。

また “”likes to be the center of attention””真ん中に行くのが好きという表現で、話題の中心、物理的な中心にいくことで目立ちたがりと表現するケースもあります。

目立ちたがりの類語・似た性格

目立ちたがりの類義語には、でしゃばり、 自己顕示欲の強い、 自意識過剰、自己主張が激しいなど、意見の面などで目だというとするものが含まれています。

余り良い意味で使われるケースがなくマイナスのイメージに結びつくことが多いのがポイントです。

悪目立ちという言葉があるように、目立つ行動をしてもプラスの結果に結びつかなければマイナスの評価になってしまうのです。
行動には結果や根拠が求められるため、根拠が少なければ「お調子者」など別なマイナス表現になってくる可能性もでてきます。

自己顕示欲の強さや自己主張の強さはマイナスなのか

目立ちたがりの類義語として使われる自己顕示欲や自己主張は必ずしもマイナスの意味を含まないのがポイントです。
自己顕示欲や自己主張が弱すぎれば、目立つのが難しくなるだけでなく意見自体が採用されないことも増えてしまいます。

強すぎれば悪い面が目立つものの、場面に応じてある程度の水準が求められてしまうのです。

実力をアピールしたい場合はある程度強くするか、場面を読みながらしっかりと判断する必要があるのです。

自意識過剰の問題点は

目立ちたがりと類似する言葉の一つとして、自意識過剰があげられることがあります。

これは自分が周囲よりもできる人間として思い込んでいるケースが多く、実力がないのにアピールが激しいと認識される場合があるためです。
必要以上に空気を呼んでしまって場を凍らせた経験がある人は珍しくなく、頻度が多いほど自意識過剰を疑う必要があります。

目立ちたがりと同じく、場面に応じた能力や実力がない状態で反応してもマイナスになるケースが多いのです。

必要なことをしている結果目立つのは目立ちたがりではない

注意したいのは、仕事にせよ私生活にせよ必要ことをしている人はそれだけで目立つことがあるということです。

重要な仕事をしていれば必然と目立つケースがあり、本人が目立つ意思がなくても目立ってしまう場合があります。
この場合は目立ちたがりというのは周囲のやっかみが中心になるため気にする必要はなくなります。

目立ちたがりの特徴1:自分を一番だと思っている

自信過剰、自意識過剰と重なる部分です。

常に自分のことを一番だと思っており、意見を譲るということが難しくなります。
自分が一番だからこそ目立つのが当然だと考えているため、目立ちたがりと認識される理由にもなるのです。

自分が一番だと考えているため、実力がある場合は仕事もうまくいくことがあります。
ただし、それを認めて協力してくれる人がいるかは重要で、連携が求められる仕事の場合はマイナスになりやすいのがポイントです。

実力がない場合は以下に自分のプライドと折り合いをつけるかが大切です。

自分のアイディアを生かすために他人を利用するくらいの気持ち出なければ主張だけがぶつかって問題が置きやすいのです。

目立ちたがりがネガティブに捉えられやすい理由でもあります。
また、他人を利用しようとする気持ちがみすかされてしまい、信頼を失ってしまうケースもあります。

周囲も巻き込んで出世していく人は、成果が出た瞬間に目立つなど工夫をすることも珍しく無いのです。

目立ちたがりの特徴2:空気を読まない

目立ちたがりの大きな特徴となっているのが空気を読まないことです。
空気を読まないことは場の雰囲気を壊してしまうという意味で大きなマイナスです。一方で場が沈んだときに空気を壊せる人間はムードメーカーになり、評価が大きく変わることがあるのです。

目立ちたがりの場合はそもそもどのような空気がながれているかを読めないことが大半です。自分が目立てばいいと思っているため何も考えずに行動してしまい、不評をカウことが多いのがポイントです。

悪目立ちの典型は目立った後のことを考えていないことや、目立てば必ず好意的に受け取られると考えてしまう場合が大半です。

ただし、良い意味で空気を壊して目立つ場は限定される点には注意が必要です。普段から目立たない人が目立つことでギャップによってプラスになるケースがあるため、やはりコントロールが必要になります。

常に目立っても印象が薄れるケースがあるため、空気を壊すにしても出るタイミングが大切になるのです。

目立ちたがりの特徴3:代表になるのが好き

目立ちたがりは集団や団体の代表になるのが好きです。代表になることができれば目立つことができると考え、努力を惜しまない人もいます。
責任感などから押し潰されそうになる人もいる中、進んで代表になろうと行動できるのは貴重な才能になることが多いのです。

重要なのは支えてくれる人がいるかどうかです。代表になったとしても、実際に何をするかを決めることや、人に指示を出すことは代表者の仕事になります。
ただ代表になっても組織運営のための知識やサポートしてくれる人材がいなければ結果を残せずに終わることがあるのです。
実際に自分が何ができるかを考え必要に応じてサポートを頼むことも大切になってきます。

起業や独立を行い、自分一人で活動する場合は目立ちがりな性格が大きなプラスになることがあります。
特に営業面で目立てるかは大きく、目立とうと行動するほど人目に触れる確立があがるからです。
顧客の確保や宣伝に生かしやすい性格であり、自分自身が広告塔になれる場合もあります。

目立ちたがりの特徴4:印象に残りやすい

目立ちたがりの大きなメリットは目立つ分印象に残りやすいということです。悪い印象が残るケースもありますが、プラスの印象が残るかどうかは重要になります。
営業ではまず印象に残ることが求められる場合もあるため、目立たなければ勝負にすらならない場合があるのです。
営業職で目立ちたがりな性格がプラスになるケースは珍しくないため、職業の選択にも関わる場合があります。

大切なのは全体のバランスをどこでとるかです。
常に目立とうととしても、営業の場合は数字をださなければ目立つことができないのがポイントです。
数字以外の要素で社内で目立っても仕方がなく、営業先でいかに目だつかを考える必要があります。
売り込みのための数字を目立たせるなど、資料の作りこみで手腕を発揮するケースもあります。

また、失敗をしてもめげないことも大切です。営業の場合は何割失敗しても最終的にプラスになれば成果が認められます。
ただ目立つだけでなくめげずに続けることも大切な資質になのです。

目立ちたがりの特徴4:自分に甘いケースがある

目立ちたがりは自分に甘いケースが多く、目立ちたがり=悪いイメージに繋がりやすくなっています。
自分に甘いのは自意識過剰や自信過剰とつながりやすい面です。

根拠なく自分ができると思ってさまざまな案件を引きうけてしまったり、後先考えずに行動して事後処理に困るケースも多いのです。
自分に厳しい人は後先についてもしっかりと考えることが多く、目立ちたがりやなどと指摘された場合は見直したいポイントにもなってきます。

目立ちたいと思った場合は目立ちたいという欲に見合うメリットがあるかを考えることが大切です。
ビジネスがうまくいかない場合は目立とうという欲が先に来てしまい、実益を逃している可能性が高くなります。
目立つのにもタイミングが重要で、自分の仕事のバランスなどと兼ね合いを考えながら動いた方が効率よいのです。

失敗したことを素直に受け止めて見直すことも大切です。
失敗した原因をチェックしながら行動すれば欠点を補いつつ自分の主張がしっかりとできるようになるのです。

目立ちたがりとの付き合い方

目立ちたがりとうまく付き合うためには何を譲るかが大切になります。これは主張をぶつけすぎても人材を生かせなくなるからです。
徹底的に論破しようとすると喧嘩になるか、距離を置かれて関係の修復自体が難しくなりかねないのです。

目立ちたがりやは自己肯定感が強い傾向があるため、褒めながら交渉をするとコントロールがしやすくなります。
また、手柄を譲るなどの形で花を持たせると積極的に動いてくれるため非常に付き合いやすい人間にかわります。

手柄を譲るつもりで目立ちたがりにうまく動いてもらい、実益を確保する人間もい珍しくないのです。

失敗を負わせるために目立ちたがりを利用する人もいますが、関係が切れる可能性にも注意が必要です。
また、目立ちたがりなだけで実力がある人間も存在するため、ただ利用するつもりが逆に利用されるようなケースもあります。
信頼関係を築きたいのであればギブアンドテイクの関係を作るなど、一方的な関係にならないように工夫するのがおすすめです。