この記事では、媚びない性格の人についての特徴や性質などを解説します。

媚びない人とはどんな意味か

媚びないとは、人に気に入られようという下心を持たないことや、権力などに屈しないことなどという意味がある言葉です。

媚びている人というと、いつも人のご機嫌ばかりうかがって小賢しいとか、小手先のことばかり気にしている女々しい人というような印象です。

媚びない人は周りのひとにとって、上の人にでもしっかりと発言をする潔い人や、正々堂々としている人という印象で、尊敬の念を持たれることが多いでしょう。

媚びないの英語表現

媚びないを英語で言う場合、「flatter」「blandish」などという単語があります。

女性が異性にアピールするようなという意味の媚びるだと、「flirt with.」や「play the coquette with.」といような表現もあり、上司に媚びることを「play up to the boss.」、女性が男性に媚びることを 「She was all over him.」 などと表現します。

ご機嫌を取るだと「curry favour.」「butter up.」「fawn over.」などの表現も一般的です。

媚びないの類語表現

媚びないの類義語には、以下のようなものがあります。

媚びないとゴマをすらないの違い

一つ目は、「ゴマをする」という表現があります。「媚びる」とほぼ同じ意味で、相手に気に入られようと必死でなにかをする行為をさします

丁寧に丁寧にごまをするという仕草が、江戸時代の商人がお客さんに手をすってご機嫌をうかがっているさまに似ていることから生まれました。

上記の事から「媚びない人」というと、「ゴマをすらない人」ということが出来ます。

媚びないとへつらうの違い

二つ目は、「へつらう」という言葉があります。人の気に入るようにふるまい、過度なお世辞を言う、おもねる、追従する。という意味があります。

へつらうというと、現代ではあまり使いませんが、頭が低くて人の機嫌ばかりとっている自信のない人という印象で、人間的に器の小さい人という意味もあります。

媚びないと弱みを見せないの違い

三つ目には、「弱みを見せない」という言葉があります。相手に弱みを見られると付け込まれるため、「出来るだけ弱みを見せないようにしている。」などという形で使います。

媚びないと孤立しているの違い

四つ目には、「孤立している」という言葉があります。孤立しているというと、一人でいる人や、群れないという意味が強いですが、媚をうらない=人に依存しないという意味もあるため、孤立しているというところで二つは通じる意味を持ちます。

媚びない人の特徴①:悪口を言わない

媚びない人の特徴には、以下のような点があげられます。

媚びない人の特徴の一つ目には、人の悪口を言わない点があげられます。媚びない人は、決して人にへつらったり、必要以上のお世辞も言わないため、あまり人に興味がないというような特性があります。

あえて人の噂話をしたり、悪口をいうようなことも少ないです。人のことに関心がない分、人との交わりが少ないため、悪口を言ったり言われたりすることが少ないでしょう。

媚びない人が職場にいると、波風が立たず、あらぬ噂を流されたり、由縁のないことで噂の的になることもありません。人をさげすんだり、バカにしたりしないため、よい人であることが多いでしょう。

悪口を言わない事で、人にも信用されやすく、上司や取引の相手からも信用されることが多いです。仕事でも多くの人に信頼されているため上手くいくことが多いのがよいところでしょう。