現在は、連絡手段がメール中心の企業も増え、選考等に関する重要な案内なども、メールでやりとりをおこなう場面が多々あります。

そのため、採用担当がいつでも自身のメールアドレスを確認することができるように、履歴書にメールアドレスを記入しておきましょう。

今回は、履歴書に書く・就職や転職でそのまま使用できるメールアドレスについてのポイントや注意点を解説します。

履歴書に書くアドレスは自分の名前のものがよい

就職や転職の際に、プライベートを垣間見るメールアドレスを企業に送ってはいけません。

以下のようなアドレスは注意が必要です。

  • あだ名や恋人の名前など、私生活を連想させるアドレス
  • ゲームキャラクターやアニメキャラクターが反映されたアドレス
  • 怠惰な性格が露呈するものや、「comeーonーnaitei@」などふざけているアドレス
  • 現職の会社で使用しているメールアドレス

企業へ送る上で一番おすすめのアドレスは、自分の名前を入れたものです。

なぜなら、採用担当者に真面目な印象を与えられるだけでなく、誰のアドレスかがわかりやすいため、やりとりがスムーズにおこなえます。

携帯のメールアドレスは適さない

履歴書に書く際には、携帯のアドレスは適していません。

なぜなら、キャリアメールは迷惑メール対策として、初期設定でPCからの受信をOFFにしている場合もあります。

万が一、その設定がなされていると、PCから送られる企業からメールも届かず、大切な情報が受け取れない事態になりかねません。

また、企業から送られてき添付ファイル(PDFやエクセル)が開けない可能性があるのも理由のひとつです。

就活に使うアドレスは大学のアドレスかフリーメール

履歴書に書くメールアドレスとしておすすめしたいのが、フリーメールです。無料で発行できるので、わざわざ新しくアドレスを作り直す必要もありません。

特にGmailやyahoo!のアドレスは、広く認知されているため、企業側が悪い印象を受けることはありません。

「manalabo-taro0101」など、自分の名前+誕生日のような無難なアドレスを作り、就活もしくは転職用のアドレスとして使用しましょう。

注意点として、新規作成の際、誰かが先に使っていると同じアドレス名は発行できません。その結果、こだわりすぎて、アドレスが長文にならないように注意が必要です。なるべくシンプルで覚えやすいものにしましょう。

同様に大学ドメインのアドレスも就活用に適してます。大学アドレスの場合、企業側の立場ではどこの学生かひと目でわかるため、重宝されています。

履歴書や職務履歴書の書き方に不安がある方は転職エージェントに履歴書の添削をお願いしてみましょう。

履歴書の添削をしてくれる転職エージェントの中でもマイナビAGENT・リクルートエージェントがおすすめです。
マイナビAGENT 履歴書の書き方

また、現在フリーターで就職、転職活動中の方はハタラクティブで添削をしてもらうことをおすすめします。

フリーターの正社員就職支援

IT業界を目指している方が添削をお願いする場合はワークポートがおすすめです。IT業界に特化した添削やアドバイスをしてくれます。

初めて転職エージェントに履歴書・経歴書添削をお願いするとき、他社の転職サイトでつかったものだからと気にすることなく、とにかく持っていきましょう。

なぜならば、全てではありませんが多くの転職エージェントは転職者自身に履歴書をなおさせるのではなく、「よろしければこちらで訂正してもよろしいでしょうか?」とエージェントの手でブラッシュアップをします。

そのため、マナラボでも履歴書の書き方を解説していますが、まずは転職エージェントにもっていくのが、書類選考対策での一番の近道です。

送信・受信設定に気をつける

携帯のメールアドレスと同様、受信設定で迷惑メールに分類されないように注意が必要です。

また、送信する時にも注意が必要です。Gmailの場合、「プレーンテキストメール」「リッチテキストメール(HTMLメール)」があります。

・プレーンテキストメール
PCのアプリケーションでたとえると「メモ帳」のようなもの。文字の装飾がおこなうことができない。
・リッチテキストメール
太字や赤字など文字の装飾をおこなうことができる。

企業とのやりとりでは一般的に文字の装飾をおこなわないので「プレーンテキストメール」を使用しましょう。

企業に対する返信メールについては以下の記事も参考にしてみてください。
企業に対するメール返信について 返信がない場合の対処法など

Gmailでのプレーンテキストメールのやり方は、新規メール作成の画面で、右下のチェックボックスをクリックします。

その後「プレーンテキストメール」をクリックしチェックマーク「✓」をつけましょう。

画像のようにチェックマークがついてない状態は、「リッチテキストメール」になっています。
gmailの説明

履歴書に書くメールアドレスのおさらい

履歴書に書くメールアドレスのおさらいは以下の通りとなります。

  • 携帯のメールアドレスや現職のアドレスは使わない方が無難
  • プライベートが特定できるようなアドレスは使用しない
  • 自分の名前などを入れた就職活動用のフリーメールアドレスを新規作成するか、大学のアドレスを使用する
  • PCから受け取れるように受信設定、送信の際はプレーンテキストメールで行う

この記事を参考に履歴書に書くメールアドレスを決めましょう。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda