備えあれば憂いなしの意味

「備えあれば憂いなし」とは、平生からことに備えて準備しておけば、何の心配もなくなるという意味です。

「憂い」を「患い」と書くこともあります。

類似語は、「転ばぬ先の杖」や「遠慮なければ近憂あり」「後悔先に立たず」「事を事とすればすなわちそれ備えあり」「念には念を入れよ」「用心に怪我なし」「用心は前にあり」などがあります。

類語のことわざに関する記事はこちら
後悔先に立たず(こうかいさきにたたず)とは

備えあれば憂いなしのビジネスシーンでの意味

備えあれば憂いなしという言葉はビジネス用語ではありません。しかし、ビジネスにおいてもこの心構えはとても大切です。

なぜなら、大切なプレゼンテーションをする時や、イベントなどを催すとき、出張や外出する時などのように、何かの準備をする時に「備えあれば憂いなし」の心構えで準備しておくことが大切だからです。

当日何か予定外のことが起こっても、事前に用意してあれば、パニックになることはなく冷静に対応できます。

ここでは、予定・計画されていたこと以外のことや、必要になるかもしれないと思うようなことは、「備えあれば憂いなし」の心構えで準備しておいた方が賢明であるということです。

備えあれば憂いなしの例文

備えあれば憂いなしだ、防災グッズをそろえておいたほうがいい。
出典:明鏡こどわざ成句使い方辞典
むだになるかも知れないが出来るだけの準備をしておこう。備えあれば憂いなしだ。
出典:明鏡こどわざ成句使い方辞典