後悔先に立たずの意味

後悔先に立たずは、すでに終わってしまったことをいくら悔やんでも、取り返しがつかないことを意味することわざです。

同義語には、「提灯持ち後に立たず」「先立たぬ悔い」「転ばぬ先の杖」「死んでからの医者話」「濡れぬ先の傘」「はまった後で井戸の蓋」をするなどがあります。

後悔先に立たずのビジネスシーンでの意味

後悔先に立たずという言葉はビジネス用語ではありません。しかし、ビジネスを成功させるにおいて必ず失敗はつきものです。

ビジネスにおいて大切なことは果敢に挑戦をしていくことですが、なんの準備もせず、ただ無謀に目標を追っていると大きな失敗を起こしてしまいます。

事前に注意を払っていれば失敗しないで済むこともあるため、後悔先に立たずは警句として使うことが出来ます。

後悔先に立たずの使い方と例文

受験勉強に失敗したのはあなたが勉強もせずに遊んでいたからだ。まったく後悔先に立たずだよ。
デートの日に遅刻してしまった。後悔先に立たずだが、ちゃんと目覚ましを掛けるべきだった。