天罰覿面(てんばつてきめん)の意味とは

天罰覿面(てんばつてきめん)とは天罰とは神様が下す罰のことをさし、「覿面」はすぐに効果などがあらわれることをさします。

つまり天罰覿面とは、悪いことなどをした報いがすぐに罰としてあらわれるという意味になります。

同義語としては、因果応報、悪因悪果、自業自得、罰則、鉄槌、報い、しっぺ返しなどがあります。

天罰覿面のビジネスシーンでの意味

天罰覿面という言葉をビジネスシーンで使用することは多くありません。天罰覿面が想定される場面はあらかじめ予測しておくことは難しく、どちらかといえば因果応報などと同じく「まわりまわって自分に返って来るため悪いことをしないようにしよう。」という風習や考え方のようなニュアンスがあります。

ただビジネスシーンにおいては顧客や取引先など他の人や会社とのつながりは避けては通れないこともあり、他者との関係は重要なポイントです。

よい行ないを重ねて社会全体をよくしていくような、持ちつ持たれつのような考え方をすることで人脈が広がり、まわりに与える印象をよくすることもできます。

逆に相手を出し抜くことや悪事を働くことは、会社など組織でやってしまうと、天罰覿面になって現れることもあります。

天罰覿面の使い方と例文

こっそり働いた悪事でも天罰覿面となって返ってくることを教えた。
仕事をサボった報いはさっそく天罰覿面な形で自分の前に現れた。
夜中にこっそり食べたラーメンが天罰覿面となり体重を増やした。