キュレーションの一般的な意味とは

もともとの意味は、美術館や博物館などでの展示を意味するとされています。
博物館や美術館での展示のために、たくさんある作品の中から取捨選択して展示する職種をキュレーターというように、多くの情報をまとめる意味を表しています。

キュレーションのビジネスシーンの意味

ビジネスシーンにおけるキュレーションとは、おもにIT用語として用いられることが多く、膨大に散らばるインターネット上の情報をそれぞれの分野別に選び整理して、編集しまとめる事などに用いられてきました。また無数の情報を集めて編集し紹介するということから、最近では人材派遣の業界や、企業内の開発部などでも用いられる機会も増えてきている
ようです。
またあふれる情報などを独自の基準で集め、編集してプレゼンするそういったサービスを行うことを、キュレーションサービスとよびます。

キュレーションの使い方と例文

近年SNSなどインターネットの世界でのまとめサイトが増えてきました。
このまとめサイトは、情報を集め編集して紹介するというまさに
キュレーションサイトといえます。