イニシアチブの一般的な意味とは

イニシアチブは英語では「initiative」と書きます。

率先、独創力、主導権、発議権などと訳され、根本として率先して物事をコントロールし、アイディアを出す、議題を提出する権利を持つなど主導権を握っているということがあります。

 

日本語でも主導権を握っている、先導するという意味でビジネス以外にも一般的に使われています。

イニシアチブのビジネスシーンの意味

ビジネスでも特に特殊な使い方はされていません。

「主導権を握っている」という意味で使われます。
「先導する」「リーダーシップを取る」というような意味で使われることもありますが、全て「主導権を握っている」ということと意味合いは変わりません。

イニシアチブの使い方と例文

「業界のイニシアチブを競合他社から奪い取ろう」
「交渉のイニシアチブは我々が握っている」
「常にイニシアチブを取るつもりで臨んでいこう」

 

 

プランナーへの転職も、ブライダルから異業種への転職も、求人案件多数
「ブライダル特化の転職サービス 」リクシィキャリア