バリューチェーンの一般的な意味とは

「バリューチェーン」とは、日本語では「価値連鎖」と訳されます。

一般的な意味は、事業を主活動と支援活動に分類して、主活動のそれぞれのプロセスで価値をつけていくことです。事業の主活動には、原料を仕入れる物流、製造、出荷物流、販売、アフターケアなどがあるでしょう。

「バリューチェーン」という言葉は、ハーバード・ビジネス・スクール教授、マイケル・ポーターが1985年出版の『競争優位の戦略』で用いた比較的新しい言葉です。

バリューチェーンのビジネスシーンでの意味

ビジネスシーンで使われる時には、バリューチェーン分析として、企業の経営や事業戦略の策定の際に用いられる手法を意味します。

一企業におけるバリューチェーン分析も有効ですが、今では情報システムなどの発達により、複数の企業をまたいでの価値の連鎖を分析するのも有効とされています。

バリューチェーン分析で価値を生み出していないプロセスは、外部に委託することで事業を効率化できることがあります。委託や外注などを決める形成戦略を「コアコンピタンス戦略」といいます。

たとえば、アメリカのアップル社は、自社では一切の製造はしないで、製品の開発設計、販売戦略のみに集中する、コアコンピタンス戦略をとっています。

また、企業で活躍する人材が、最終的なバリューをもたらし市場での優位性をもたらすとする「人材マネジメントバリューチェーン」という考え方もあります。

バリューチェーンの使い方と例文

「バリューチェーン」は、「価値連鎖でつくる優位性」の意味で使われると理解しておきましょう。

「バリューチェーンでの援助活動は、経理や技術開発、研究などの事業があたる。」
「事業を成功させるために、バリューチェーン分析が行われる」