ロイヤリティの一般的な意味とは

特定の権利を有している利用者が権利を持つ者に対して支払う対価のことをさします。具体的には特許権、商標権、著作権などの知的財産権の利用に対する対価を指すのがそもそもの意味です。

ロイヤリティのビジネスシーンの意味

ビジネス用語としての「ロイヤリティ」は企業や商品、ビジネスモデルの価値の高さをさすことになっています。結果的にロイヤリティが高いと企業に利益をもたらすことにつながります。具体的にこの企業にとってのロイヤリティの高め方は「ロイヤリティマーケティング」という分野で研究されています。
言い換えれば、顧客ロイヤリティを高める、要するに顧客に対するブランド価値を高めることがロイヤリティを高めることと同義であり、顧客にも企業にもプラスになります。さらにこの関係が発展することで企業に対して愛着がわくことになって、企業に働きたいということになります。これが組織の結束力をたかめ、さらいは企業の組織力を高め、さらに企業のロイヤリティを高めるという好循環になります。

また、前述した、特許などの権利のロイヤルティは「royalty」で、企業の価値を高める意味の場合は「loyalty」となります。英語での表記が違うので注意が必要です。

ロイヤリティの使い方と例文

この商品のロイヤリティを高めることで顧客をつかもう。企業価値を高めることにつながるはずだ。
顧客ロイヤリティを高めるための販促策を見出そう。数字に見えない顧客ファン化につながっていくことが大事だ。
ロイヤリティマーケティングを実践することで、顧客のファン化をいかにはかるか調査しよう。