ペンディングの一般的な意味とは

ペンディングは保留という意味で使われています。延期や先延ばし、再検討という形でもつかわれ、英語のもともとの意味ではぶら下がっている状態で中途半端な状態です。サスペンドやペンダントというのもペンドの派生語で固定された決まった状態ではないものです。テニスの試合でサスペンディドという言葉で雨で中断して延期したり、ペンダントは首からぶら下がったぶらぶらして定まらない決まらないというイメージです。

ペンディングのビジネスシーンの意味

ビジネスでは納期やスケジュールの話題のときに使われることが多いのでほぼ「保留」という意味で使われます。物理的にぶら下がったものをさすよりも時期的に保留するときにこの言葉を使うことが多くあります。決めきれない案件などをそのまま放置して様子をみるような意味だと考えていいでしょう。

ペンディングの例文

「A案とB案とメリット、デメリットが議論されました。しかし甲乙つけがたいのでどちらかの決定は次回の会議で多数決で決めたいと思うのでそのときまでは取引先には回答をペンディングしておいてください。」

だれでもできる節税施策!会社員こそやるべき、ふるさと納税

ふるさと納税

名前は知っていても使ったことがない方が多いと思われます。カイシャドコイクでは、企業に勤めているからこそ、ふるさと納税をやるべきと強くおすすめします。

だれでもできる節税方法、しかも、返礼品によってはおいしいお肉や家電を手に入れることができます。ご興味がある方は下記リンクをご覧ください。

ふるさと納税とはなにか、仕組みやメリットについての解説

また、すでにふるさと納税に関して知識がある方は、ふるなびさとふるをおすすめいたします。

ふるなびへのリンクはこちら
さとふるはこちら