ノウハウの一般的な意味とは

よく仕事をしていると聞くことも多く、自分でも何気なく使っているノウハウという言葉。
この言葉は、一般的には、専門的な知識や経験という意味があります。

ノウハウのビジネスシーンの意味

仕事で使う場面としては、自分の経験してきた体験や勉強してきた知識を活かして、仕事を効率よく、かつ効果的に進める時に使われることがあります。
企業の中でも、新しい事業を創ろうとする時に、過去の経験や実績がなく、白紙の状態からスタートさせなければならないことも少なくありません。
この時に経験豊富なを人材を登用して、スタートすることがあります。
この時も、「ノウハウを有している人募集」として、中途入社を募るのですが、典型的な使われ方の1つです。

ノウハウの使い方

ノウハウという言葉が経験や知識を意味することから、できるだけ多くの実践経験を積んで、自分の担当する事業を拡大させることや、新規事業を立ち上げることがあります。
そのためには、「ノウハウを蓄積する。」ということを使います。
また、経験を新たな環境や職場で使うことが、本来の目的なので、「ノウハウを最大限に活かす。」という表現もよくある使われ方です。
しかし、ノウハウは必ずしも個人に帰属するわけではなく、会社・組織としてノウハウの蓄積と活用が求められます。
知識習得も重要なことですが、実践で活用できる即戦力をアピールするには、現場経験として、キャリアも欠かすことのできない大事な要素です。