ディテールの一般的な意味とは

ディテールは「詳細、細部、細目」を意味する言葉です。
英語では「in detail(詳しく、詳細に)」というフレーズでよく使われますが、単に小さい部分、細かい部分を指すのではなく、全体を構成する一部分、全体に対しての細かい要素を意味しています。

ディテールのビジネスシーンの意味

ディテールは、物作りに関してよく使われる言葉です。最もよく使われる業界はファッション関連です。服や靴、バッグなどの細かい部分のデザインのことをディテール・デザインと言いますが、略してディテールと表現されています。細部のデザインなので、製品全体の印象に大きく影響するものではありませんが、ディテールが凝っている商品は、その些細な違いがセールスポイントにもなるので、ファッションにおいては重要視される部分でもあります。
小説や映画などでも、ディテールが凝っているという表現は、細部まで行き届いた完成度が高い作品を指す場合によく使われます。

一般的なビジネスシーンでは、計画の詳細、スケジュールの詳細等を指す時に、ディテールと言う場合があります。頻繁に使われる言葉ではありませんが、英単語の知識としても覚えておいた方がいい言葉です。

ディテールの使い方と例文

新作の展示会で
「このバッグは、使いやすさだけではなく、ディテールにまでこだわったデザインでも目を引くようになっています」
会議の席で
「今後のスケジュールのディテールを説明します」
取引先から戻った部下に
「(商談の)ディテールまで詰めてきたんだろうね?」