ビジネスには様々な用語があります。ビジネスでしか使わない用語もありますが、一般的に使われている言葉でも、ビジネスでは少し異なる意味になる用語があります。その代表的なのが、「インプット」と「アウトプット」です。今回は、ビジネスにおける「インプット」と「アウトプット」について考えてみます。

インプットとはいれること

一般的には、インプットは「入れる」もしくは「入力」の意味です。元々はコンピューターに情報を入力する意味で使われた言葉です。現在では、「情報をインプットする」などのように、人間の記憶に残す場合などにも使われています。

ビジネスで使用する場合は、より具体的な意味になり、「知識を得る」や「体験する」というニュアンスが強くなります。

セミナーを受講したり、ビジネスに関する本を読んだりして知識を得るだけでなく、プロジェクトの企画立案などを体験することも「インプット」になります。さらに、映画鑑賞やスポーツ観戦、旅行などもビジネスには無関係ではありません。あらゆる知識や体験が貴重なインプットの材料になり、自分が興味があることはより深い情報が欲しくなります。中身の濃いインプットがより価値あるものになることは間違いありません。

アウトプットとはだすこと

アウトプットは、「出力」の意味で、インプットと同様にコンピュターに記憶された情報を取り出すことに使われた言葉です。つまり、「インプット」と「アウトプット」は表裏一体の言葉と言えます。

ビジネスでは、学習した知識や体験を成果や結果につなげることを意味します。インプットで得た知識や経験を活かして、仕事の結果を出すことがアウトプットです。

アウトプットでは、インプットした知識や経験を仕事に活かすために整理することが不可欠です。きちんと整理されていれば理解力も深まり、より良い結果が導き出されます。

アウトプットの方法は、人それぞれです。しかし、どんなにインプットをしてもきちんとアウトプットできなければビジネスの成功にはつながりません。知識は豊富でも仕事にできないビジネスマンも少なくありませんね。

また、アウトプットを繰り返すことで、周りから新しい情報がインプットされて、より良い結果を導くこともあります。当然質の良いインプットがあれば、アウトプットの質も高くなります。そのためにも常にインプットとアウトプットを繰り返すことも重要です。

インプットに適した時間とは

一般的に朝は集中力が高まる時間帯と言われています。この集中力が高まる時間帯にインプットをおこなうのが効率的です。特に難しいビジネス書や経済新聞などを読むのは絶対的に朝の方が頭に入りやすいでしょう。

朝にインプットをおこなうためには、前夜までに翌日何をすべきかのTo doリストを作成しておくと良いでしょう。原稿などを書くのであれば、前夜に資料などを準備しておき、朝から書くことに集中できるようにします。

自宅で難しければ、早めに出社してデスクで作業するのも静かな環境で適しています。

人によっては夜の方が集中力が高まるタイプもいます。まずは、自分の集中力が高まる時間帯を把握することです。そして、集中力が高い時間帯に意識してインプット・アウトプットをして下さい。

まとめ

ビジネスで使われる言葉には、仕事の結果につながるものが少なくありません。「入力」「出力」の意味の「インプット」「アウトプット」もビジネスではより深い意味の言葉になります。
・インプット=「知識を得る」「経験する」
・アウトプット=学習した知識や体験を成果や結果につなげる

このインプットとアウトプットをビジネスに活かすためには、それぞれの質も重要です。より中身の濃いインプットとインプットを的確に整理したアウトプットこそが、ビジネスの成功を導きます。そのためにもきちんとスケジュール管理をおこない、自分が集中できる時間帯にインプット・アウトプットをおこなうようにしましょう。