誰しもが一度は考えたことがあるであろう転職ですが、転職をすれば必ずしも全てがうまくいくという保証はありません。

将来が見えない不安があるのは仕方のないことなのかもしれませんが、転職をする上で覚えておきたいこともいくつかあります。

こちらの記事では転職を考える時に覚えておきたいことや、決断する前に知っておくべきことを解説します。

転職の決断ができない時

「転職をしたいけど、決断には踏み切れない」という人も多いでしょう。

それはなぜかというと、「今の仕事を辞めて本当に生活できるのか」という不安や「つらくてもがんばっている人が周囲にいる」という理由によるものかもしれません。

不安があるのに無理をして転職をすれば、下手をすれば今より待遇や条件が悪くなってしまうこともあります。そうなってしまってはせっかく転職をした意味がなくなってしまうので、転職は慎重に行わなければいけません。

社内のものが社外でも価値があるとは限らない

入社してすぐの段階でも自分に仕事をこなすスキルがあるかどうかはなんとなくわかるものです。

上司から責任のある仕事を任されれば「自分は仕事ができる人間で、上司からの評価も高い」と感じることもあるかもしれません。ただし注意しなければならないのは「社内での価値が必ずしも社外で認められるとは限らない」という点です。

最近では転職を行う人も増え、持っているスキルが社外で認められないケースも多くなっています。そのため転職を考えるなら自分自身の市場価値をしっかりと見極める必要があります。

今の仕事が高度な専門職の場合は会社を辞めてみたもののこれまでの経験と知識を活かせる場所が思った以上に少ないということもあります。

辞めてから後悔してしまう前に、一般社会での相場を把握して自分のスキルを的確に知る必要があります。

転職活動をする=転職するではない

覚えておきたいのは、「転職活動をすること」と「転職すること」は同じではないということです。

転職活動をしていることはわざわざ会社へ伝えなくてはいけないというものではないため、転職活動をした結果思うような転職ができなさそうな場合は転職をやめるという選択肢もあります。

そのため転職活動は会社へ通いながら行うのが最もリスクが低いです。間違っても「つらいから先に会社を辞めてから転職活動を行おう」という選択はしないようにしましょう。

また転職活動を行うのは自分の市場価値を知るいい機会なのです。もし転職エージェントを利用して転職活動をする場合は面談の後に担当者が利用者の市場価値にあった仕事を紹介してくれます。

この時に紹介される仕事というのは一人一人の市場価値を非常にシビアに反映しているもので、必ずしも納得のいく案件を紹介してもらえるとは限りません。

自分の市場価値を知っておくことは今後のスキル向上へのモチベーションとなり、より自分の市場価値を高められるきっかけになるでしょう。

一般的に多い転職の理由

転職活動の結果いざ転職をすることになれば今の会社を退社することになります。転職をする人の退職理由はあくまで建前で本当は別の理由があることがほとんどです。

色々な理由から転職を希望する人、実際に転職を決意した人がいるのです。

人間関係

転職をしたいという人の理由として最も多いのが人間関係によるものです。

上司と折り合いが悪かったり同僚と喧嘩ばかりしてしまったり、うまくいかないことは沢山あります。社内恋愛が破局してなんとなく気まずい、ということもあるかもしれません。

確かに人間関係が良好でないまま今の会社で働き続けるのはつらいものですが、こればかりは転職すれば必ずしも改善できるとは限りません。

次の会社でもまた上司とうまくいかない可能性はありますし、会社の社風と自分の考え方が合わなければ社内の多くの人と良好な関係を築けないもしれません。

「今の職場は人間関係がうまくいかないから、転職すればきっとうまくいくだろう」など安易な考えで会社を辞めてしまうのは危険ですので注意しましょう。

仕事内容

「仕事内容が自分に合わない」というのも転職を希望する理由として多いものです。スキルアップが望めない内容であったり、そもそも自分の性格に合っていない仕事内容であったり、仕事が自分に合わない理由は様々です。

「入社当初は嫌いな仕事だったけど続けるうちに今の仕事が好きになってきた」というケースもありますが、続けていてもどうしても好きになれないという場合もあるでしょう。

もし他業種へ転職することによりその悩みが解決できるのであれば、転職してみる価値は大いにあります。

待遇や条件

待遇や条件の面で納得できず、転職を希望する人もいます。毎日長時間の残業があったり休日出勤が多かったりする割に給料はあまりもらえない、では生活にも支障が出てしまいますよね。

もし生活が立ち行かないほどに待遇が悪いのであれば一刻も早く転職活動を行うか、自身のスキルアップを図るしかありません。

また待遇や条件の面に不満がある人の中には「こんなにがんばって働いているのに自分が評価されていないのはおかしい」と感じている人もいます。

会社環境の変化

M&Aなどにより会社環境が変わってしまったことが理由で転職したいと考えている人もいます。

元々の会社の待遇や環境には満足していたものの、新しい社風に馴染めず会社を変えたいと考えることもあるでしょう。

M&Aは一人の社員の力ではどうにもならないものですし、それにより自分を取り巻く環境が変わってしまうのも仕方のないことです。会社環境が変わってどうしても自分に合わない場合は転職を考えてみてもいいかもしれません。

本当に転職が解決するのか考える

転職を決意する前に重要なのは、本当に転職すれば問題が解決するのか考えることです。もし時間をかけて問題と向き合えば今の会社でも解決できる場合、安易に転職を行うのはおすすめできません。

今の仕事がうまくいかない時にはなるべく転職はせずに解決できる方法を模索し、試してみるのがよいでしょう。

「転職した結果新しい職場でも仕事が嫌になってしまいまた転職」これを繰り返していればいずれは年齢が上がってしまい、希望する会社へ転職することが難しくなってしまうかもしれません。

こうなってしまっては大変なので、転職は真剣に検討するべきです。

転職を本気で決断した際には転職エージェントに一度相談してみましょう。転職エージェントについては以下の記事を参考にしてみてください。
転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方
業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較

ある程度貯金をしておくことが大事

転職活動をしていても、「仕事を辞めてから生活ができるかどうか」など不安は尽きません。そんな時に心の支えとなるのは金銭的な余裕です。

転職先で思うような給料がもらえなかったとしてもある程度の貯金があればしばらくは生活することができるでしょう。「多少の貯金はあるため、転職して新しい会社に馴染めるまで問題なく生活できる」と考えれば心にも余裕が生まれ、前向きな気持ちになれます。

そのため転職をするためには入念な準備をしておくことが大事なのです。

転職の決断に関するおさらい

転職の決断に関するおさらいは以下の通りとなります。

  • 今の会社を辞めて不安が残る場合や周りにがんばっている人がいる場合には転職を決断できないもの
  • 社内で高い評価を受けていても社外では認められない場合もあるためしっかりと自分の市場価値を把握することが重要
  • 転職を希望する理由として多いものは「人間関係」や「待遇や条件」、「会社環境の変化」などがある
  • 会社を辞めてしまう前に本当に転職が必要なのか考え、慎重に検討することが重要

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda