光輝燦然(こうきさんぜん)の意味

「光輝」「燦然」共に、光り輝く様子をあらわす形容動詞です。

上記の言葉が組み合わさった光輝燦然とは、あざやかに光り輝くことを意味する四字熟語です。

光輝燦然は形容動詞であるため、「燦然と輝く南十字星」や「燦然たる太陽の光」などという形で用いることが出来ます。

光輝燦然のビジネスシーンでの使い方

光輝燦然はビジネス用語ではありませんが、業績や売上、成果などを褒め称える際に使うことができます。

「今年のA社は、光輝燦然たる業績を収めているね。」などといった形で使うことができるでしょう。

「光輝」をつけるのはやや古めかしく、堅苦しい印象になるため、単に「光輝」を取り「あの人の今月の売り上げは燦然たるものがあるね。」といった形にすることで自然に表現することも出来ます。

光輝燦然の例文

ことに岩でありますから、突兀としてその姿の鋭いところはその美と相映じて余程面白く見える(光輝燦然たる奇巌)です。
出典:河口慧海『チベット旅行記』
光輝燦然たる太陽のうち、または木や草や、一本の苔にまでも宿っている彼女の守霊は、あらゆる時と場所との規則を超脱して、泣いて行く彼女を愛撫し、激昂に震える彼女を静かに、なだめるのである。
出典:宮本百合子『地は饒なり』