年末年始やお盆など規制する人が多い時期には、同窓会が行われることがよくあります。何をしているか知らなかった同級生に会って、驚くこともあるでしょう。

ここでは、同窓会が社会の縮図といわれる所以、大手企業に転職してから行った同窓会でよかったこと、よかったことがあった時こそ気をつけるべき点、同窓会の後に転職をしてよかったと思った転職についても解説します。

動機は別としても、転職活動へのモチベーションになります。

同窓会は社会の縮図

公立の小学校や中学校の同窓会は、「社会の縮図」といわれるのを聞いたことがあるでしょうか。

久しぶりに再会した同級生との会話のきっかけは、「仕事、なにしてるの?」ということが多いのです。そこから、「社会の縮図」といわれる所以がみえてきます。

一般的に私立の小学校や中学校は、比較的裕福な家庭で受験を経験していることもあり、同じくらいのレベルの子供が揃っています。そのため、社会人になってからの同窓会でも、就職先は同じようなレベルのところであることが多いでしょう。

それに比べて公立の学校は、近所に住む子供がなんの基準もなく集まるので、本当にいろいろな人がいます。在学中にも、それぞれの成績や個性に開きがあるのは、何となくわかっているでしょう。

その後10年、20年後に社会人になったときに、一番わかりやすくて話しやすい話題は仕事のことです。

就職先を聞いてしまうと、どうしても他の人と比べてしまうでしょう。卒業後の人生をどう送ったかという細かな話よりも、まずは就職先でなんとなく違いを感じてしまうものです。

同窓会に来ている人には、勤め先が大企業の人もいれば、地元の有力企業の人もいるし、中小企業や零細企業、公務員もいれば医者、弁護士などの士業の人もいたりします。

また、同窓会の後日にわかることですが、はっきり仕事を言わない人の中には、失業中やなんらかの理由でクビになった人もいたりします。逮捕歴がある人がいることも考えられます。

そんな社会の縮図である公立学校の同窓会で、「仕事、何してるの?」の質問の答え方には差が出ます。

普通の人は仕事内容を答えるのに対して、医者や大企業などで、自分自身でも仕事を自慢に思っている人は、会社名で答える傾向があります。

大手企業に転職した後に同窓会に行ってよかったこと

大手企業に転職してから同窓会に行くと、就職以前の同窓会とは違うでしょう。

大手企業に転職をしてからの同窓会では、よかったと思えることがいくつかあります。

みんなから注目される

大手企業というだけで一目置かれたり、当時と大手企業勤めのギャップに興味を持たれたりすることもあるでしょう。

中には、計算高い女の子もいて、お金を持っていそうと目をつめられることもあります。合コンで大手企業の人のほうがモテるのと同じように、同窓会でも注目されてモテることもあるでしょう。

大手企業勤務といえば、安定性が高い、社会的ステータスが高い、高収入というイメージがあり、モテる条件を満たしているのが、注目される理由でもあります。

また、これらは同性から羨望を通り越して、嫉妬されることもあるため、覚悟しておきましょう。

自分を見下していた友人の態度が変わった

大手企業に転職すると、社会人としての勢力図が変わります。

学生の時にはいじめっ子だっった友人の態度も、あからさまにころっと変わるものです。

社会人としてのステータスの高さからか、転職を成功させたところに感心しているのか、理由は相手の価値観によるのではっきりとはしないですが、悪い気はしないでしょう。

同窓会の後、憧れの女性から連絡が来た

男性の場合には、当時はあまり仲良くなかった憧れの女性でも、同窓会の後から連絡をもらうことがあります。

大手企業に就職すると、女性からもモテます。

お世話になった先生に恩返しできた

同窓会には、お世話になった先生もきているでしょう。大手企業に就職できたことを報告すると、先生も安心してくれます。

特に、当時は受験に失敗した、昔はヤンチャだったなど、先生に心配や迷惑をかけたことがあるなら、なおさら喜んでくれるに違いありません。卒業してから時間が経過したとしても、先生にとって、教え子の活躍は嬉しいでしょう。

大手企業への転職は、わかりやすい活躍の現れでしょう。

学生時代に親しくなかった友人とも会話の幅が広がって仲良くなれた

当時は、あまり親しくなかった友人でも、社会人で境遇が似ていると、仲良くなれることがあります。

同窓会といえども、同じくらいのレベルで様々な話をできなければ、楽しい時間を過ごせません。元々、自分よりも優秀であまり話したことがなかった人とも、大手企業に就職するくらいの社会常識を持っていれば、会話はそれなりに弾むでしょう。

また、同窓会では意外な友人がエリートになっている場合もあり、共通の話題が見つかることで、仲良くなることもよくあります。

同窓会では集まる人数が多くても、いくつかのグループに別れる傾向があり、それぞれ雰囲気や社会的なステータスが似ている人が不思議と集まるものです。

結婚できた

同窓会では、出会いに期待している人もゼロではありません。久しぶりに会う友人は、一緒に学校に通っていた時とは、別人に見えることがあります。

しかも、大手企業で働いているとわかれば、それなりのステータスで信用度もアップ、恋愛から結婚に至ることもあります。また、当時の恋愛相手と再び縁があることもあるでしょう。

同窓会でモテる職業は、大手企業をはじめ、公務員、医者や経営者、商社マン、IT系企業などがあります。

よいことがあった時に注意すべき点

先のように大手企業に転職してからの同窓会は、それまでとは一味違う、いいことがあるでしょう。

しかし、いいことがあれば悪いこともあるのが一般的です。

悪いことをひきつけないために、いくつかのことに注意しましょう。

同性に嫉妬される可能性がある

公立学校の同窓会では、大手企業に就職したかったのに失敗した人や、そもそも大手企業に就職できるようなレベルでない人もいます。

特に相手に対して何もしていなくても、大手企業に転職したというだけで、嫉妬する同性もいるでしょう。地方の学校に通い、帰省先で同窓会に出席する場合には、ますます嫉妬される可能性が高くなります。

大企業に転職したとしても、周りには配慮した控えめの自己紹介や発言をするように心がけましょう。

また、異性がお金目的で近づいてくるのはわかりやすいですが、同性でお金目当ての人もいるので、注意しましょう。

自分の地位を自慢するような態度はとらない

大手企業に転職したからといって、自分のことを自慢するのは禁物です。

自慢しているつもりはなくても、「仕事はなに?」という質問に、会社名で答えだけでも嫌悪感を抱く人もいます。また、あまりにも積極的な名刺交換も、自慢ととられることが多いでしょう。

異性からも同性からも、大手企業への転職を成功させたことに対しての羨望もあるでしょう。しかし、態度によっては、その羨望が一瞬にして嫌悪や嫉妬に変わってしまうこともあります。

社会の縮図である同窓会なので、自慢げに企業名をいったら、隣に座っている人のほうが同じ業界のランク上の企業で働いていたということも、なきにしもあらずです。

同窓会も会の途中や2,3次会になると、なんとなく社会的なステータス別に集団ができていることも多くあるので、大手企業勤務といっても、周りの人が思った以上にハイレベルなこともあります。

あまりにも自慢げな態度や上から目線の態度などは、頭が悪くみえてしまうこともあるので気をつけましょう。

転職のすすめ

大手企業への転職の成功で、同窓会でのいいことがあるのが転職の動機にはならなくても、モチベーションにはなるのではないでしょうか?無理だと初めから諦めていた大手企業への転職に、チャレンジしてみるいい機会になります。

当時いじめられた経験があったり、周りに劣等感を抱いていたりしたなら、見返すチャンスになることもあります。

大手企業への転職には自信がないという人も、まずは転職エージェントに登録してみましょう。

働きながらでも、効率よく転職活動ができますし、モチベーションも保ちやすいです。転職エージェントは、それぞれ非公開の求人も持っています。期待以上の求人に出会えることもあるでしょう。

それぞれの転職エージェントは、得意な業界を持っています。自分にあった転職エージェントに会えることが、成功のカギでもあるので、いくつかの転職エージェントに登録するのもおすすめです。

また、第二新卒、中高年、ハイキャリアに特化した転職エージェントもあります。

転職の意外な成功の方法には、友人や知人の紹介もあります。転職先を探していることを大手企業と関係のありそうな周りの人に知らせることも、大手企業への転職を成功させる方法のひとつです。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda