竜吟虎嘯(りゅうぎんこしょう)の意味

「吟」は、うめき鳴く様子をあらわした漢字で、「竜吟」は竜が鳴くことをあらわしています。
「虎嘯」は、虎が吠えている様子をあらわしています。

したがって「竜吟虎嘯」とは、竜が鳴き、虎が吠えることで雲や風を発生させるといわれていることから、同類の考えや気持ちが通じ合っていることを意味しています。

また、歌声や楽器の音色などが空に響き渡る様をそのように表現することもあります。

同義語としては「阿吽」「以心伝心」「共鳴」などがあります。

竜吟虎嘯のビジネスシーンでの使い方

竜吟虎嘯という言葉は、ビジネスシーンにおいてそれほど使用される言葉ではありません。しかし、仕事をするうえで働く人との関係は重要な要素のひとつでもあります。

多くの人が集まる職場では人それぞれ性格や価値観が異なるため、気の合う人もいればそうでない人もいるでしょう。
竜吟虎嘯が意味する通り、気持ちが通じ合える同僚とともに仕事ができる環境は、ビジネスをするうえで理想といえるのです。

竜吟虎嘯はビジネスにおいて、働く環境やパートナーとの相性をあらわす言葉といえます。

竜吟虎嘯の使い方と例文

普段は仲が悪そうな先輩たちも、いざ仕事になると竜吟虎嘯のごとき活躍をみせる。
あの人と長きにわたって竜吟虎嘯のような関係になれるとは、出会った頃には思いもよらなかった。
相手との関係性を表す場合などに多く用いられます。