純真無垢(じゅんしんむく)の

純真無垢とは、素のまま、野や自然にある状態のままで、素朴な美しさがあるものや内面的な飾らない清潔さをさしています。

「純情無垢」などの似ているもありますが、この語句を用いる場合はよりクリーンで清潔なイメージを強調することが多いでしょう。

純真無垢のシーンでの

基本的に精神的に嫌味なところがなく、なおかつ人を疑うことを知らないような人への褒め言葉として用いられることがあります。

しかし、ビジネスシーンにおいてはどうしても使いにくい言葉だといえるかも知れません。

あまりに純粋過ぎるという評価は、ビジネスマンとして世慣れしていないイメージにもつながってきます。

よって、直接的に同僚を示す時に使うのではなく、白いドレスや透明度の高い宝石など、物品を褒める際に用いるといいかも知れません。特に宝石など、高価なものの方がイメージが近いのではないかと思います。

「このユニフォームは白を基調をしているため、我が社の純真無垢な印象をいっそう高めることができます。」
といったように、プレゼンの最中にさり気なく使ってみるのもいいかも知れません。

純真無垢の例文

この宝石は確かに特価品ではありませんが、何といっても清潔感が違います。この透明感のある純真無垢な輝きは、他ではなかなか味わえないものでしょう。
色々と迷ったが、今年からのイメージキャラは彼にやってもらうことにした。純真無垢な社のイメージをイヤミなく向上させられるのは、彼をおいていないだろうからな。