光陰流転(こういんりゅうてん/こういんるてん)の意味とは

光陰流転はあっという間に月日が過ぎてしまうことです。

光陰は太陽と月を表し、昼夜の入れ替わりのことを念頭においており、流転は次から次へと絶え間なく入れ替わっていくことです。

光陰流転に似た言葉には、ことわざの「光陰矢の如し」という言葉があります。

英語だと「Time flies」(時間は飛ぶかのように過ぎ去っていく)と表現されますが、同じ意味を持つことわざ・名言はあらゆる言語で存在します。

光陰流転のビジネスシーンでの意味

ビジネスにおける特別な用法はないため、通常の用法と同様「時間の過ぎていく早さ」をあらわすことが大半です。

せわしなく働き続けているビジネスマンにとって、時間はまさに飛ぶように過ぎていくものでしょう。

いつの間にか友人の子供が小学校に上がっていたり、最近入ったばかりだと思っていた新人が中堅どころになっていたりと、使用するシーンは多いです。

特に「いつのまにこんなに時間が経ったんだろう」と過去に思いをはせるノスタルジックな気分をあらわすのに向いています。

光陰流転の意味

いつまでも新人だと思っていたあいつが、いつの間にか新人を教育する側になっている。光陰流転とはこのことだ。
20代、30代をがむしゃらに生きてきて、気が付いたらもう来年には40歳だ。光陰流転っていうのは本当だな。