一日三秋(いちじつさんしゅう)の意味とは

三秋とは秋が三回訪れるということから転じて三年という意味になります。

そのことから一日三秋「一日会わなかっただけで、三年間合わなかったような気がする」ということより、相手に会いたい気持ちが強いこと、会えることを待ち遠しいことをさします。

一日三秋(いちじつさんしゅう)のビジネスシーンでの意味

一日三秋は恋人や家族といった人に向ける言葉であり、本来ビジネスシーンで使用する言葉ではありません。

しかしビジネスの中では連絡を取りたい相手、連絡をとりたい案件等は必ずあると思います。

例えば、営業先の決裁権を持つキーパーソンとは何としてでも接触したいと考え、金額交渉をしている見積もりについての回答なども連絡が待ち遠しくなることは多いでしょう。そういう人や連絡というのは意識しなくても重要であるとは理解できると思います。

このような時に、自分にとってその案件は「一日三秋」であると意識するとします。すると、担当者にマメに連絡をして対象者を紹介してもらったり、進捗確認を行ったりと自分にできることを行おうと考え事態を好転させようとはたらきかけることができます。

ビジネスの場面では自ら動くことによって事案が動くという事が多くあり、自分にとって「一日三秋」であるということを意識することで、そのチャンスを逃さずに活かすことができるでしょう。

一日三秋の例文

一日三秋待ち続けた取引先の取締役と商談をすることができた。

取締役という決裁権者と直接商談を行うことは、取引成立に向けてかなりの近道だといえます。一日三秋待ち続けたという事はそれだけ会いたい気持ちが強かったという事です。その実現のために多くの努力を重ね、ようやく会えたという達成感を表現しています。
そこまで明確なターゲットがわかるとアプローチの方法も明確になり、効率的な戦略を立てることができるので一日三秋を意識をすることは重要でしょう。